東行庵(高杉晋作墓所)に行ってきました

3月末から家族と山口県に3泊4日の旅行に行ってきました。山口といえば、幕末〜明治維新に日本を新時代へ動かした中心であったかつての長州藩です。高校の修学旅行以来の山口でしたが、歴史を学び、志士を描いた小説などを読み、それなりに年を重ねてからそうした歴史の場面に立つと、高校生の頃とは全く重みが違うものだと感じました。
じつは、JALの「どこかにマイル」の結果、偶然決まった山口行きだったのですが、大政奉還、そして高杉晋作没後150年にあたる今年行けてよかったです。
訪れたスポットごとに1記事書いていきますので、山口旅行の参考になれば幸いです。
P3290631 続きを読む

【読書メモ】マニャーナの法則完全版(マーク・フォスター著 )

タスク管理ではよく目にしていた本、「マニャーナの法則」が2016年に完全版として発行されたので、遅ればせながら読んでみました。話の肝は、新しくきたメールや仕事にいちいち反応して作業するのではなく、緊急でないものは明日着手することを原則とし、1日にすべき仕事の量を制限しきっちり片付けていくというものです。

マニャーナの法則
1. 今日新たに発生した仕事を集めておく
2. 仕事を類別する
3. 類別した方法に従って翌日まとめて処理する

本書を読んで早速試してみましたが、間違いなく効果アリです。集中してリストに書かれた仕事に取りかかり、終わったら消していきます。それによって、その日に予定していた業務はしっかり18時までに終えることができました。

今までも毎朝To Doリストを作成し、それを消し込むように作業をしていましたが、上司からの指示やメール、電話などの割り込み仕事に対応するために、日によってはリストの半分も手付かずで翌日に持ち越してしまうことが多々ありました。こういう状況になってしまっている人には、ぜひ「マニャーナの法則」を読んで実行されることをオススメします。

ただ、実際問題として、指示された仕事にその日は着手しないというのは、なかなか気まずいものがあります。「自分はこういう仕事のスタイルだから」という周囲からの理解を得るのは、ある程度のポジションの人なら許されるかもしれませんが、若いうちはちょっと難しいかもしれません。

続きを読む

【読書メモ】うまくはやく書ける文章術(山口拓朗著 日本実業出版社)

文章術の本をたくさん出している山口拓朗さんの新刊を読んでみました。「文章術」というと、修飾語は被修飾語の近くに置く、といったテクニックが満載かと言うイメージがありましたが、本書では、そうしたテクニックよりも「何を書けばいいかわからない」という書き始めるまでの大きな壁を超えるための手法が示されています。
著者が強調されているのは、「アンテナを張って情報収集をすること」と「読者への貢献を意識して文章を書く」という2点です。そして、本書の冒頭に示される「文章の目的」を意識することが、その前提になるものです。忘れないうちに本書のエッセンスをまとめておきます。

続きを読む

テーマは「笑顔でつながるカナダ」カナダ建国150年イベント

以前にも記事にしましたが、今年はカナダ建国150年です。3月8日にカナダ大使館で行われた建国150周年祝賀イベントにご招待いただき、参加してきました。行ってみて初めて気づいたのですが、今回のイベントは、いわゆるブロガーイベントではなく、カナダ政府の関係者やプレス各社を主な対象として行われたオフィシャルなものでした。

two02

そのため、スペシャルゲストとしてMosaic Canada主演の安田早紀さんに加え、なんとMonkey Majikからメイナード、ブレイズのプラント兄弟まで登壇し、ライブを披露してくれました。カナダ政府・観光局の本気度が伝わってくる熱いイベントに、僕のカナダ熱もさらに高まりました。
続きを読む

川崎 怪獣酒場は「怪獣愛」にあふれたお店でした

僕ら家族は、息子が生まれてから2歳の冬まで川崎市川崎区に住んでいたのですが、息子の喘息発作が続いたため、もう少し空気のよいところへ引っ越すことにして横浜市に転居をしました。
川崎にいた頃にオープンして、それ以来気になっていたお店が「怪獣酒場」です。いったんクローズしたのですが、2015年に「帰ってきた怪獣酒場」としてリニューアルオープンし、その後、再び「怪獣酒場」に名前が戻りました。
昨年のJRウルトラマンスタンプラリーとAmazonプライムビデオでウルトラシリーズが公開されたことで息子もすっかりウルトラマン好きになり、ついに家族と一緒に行く日がやってきました。
続きを読む

BenQ HT2150STで楽しむホームシアター(その2)

BenQアンバサダーモニタープログラムの一環で、2016年12月発売のプロジェクターHT2150STを1か月お借りすることができました。2月19日の記事に続いて、画像や使い勝手使用シーン、改善希望点について書いてみました。

続きを読む

成年後見制度説明会で学んだこと

近くの図書館で成年後見制度について司法書士による説明会があったので参加してみました。(財産はありませんが…)両親もけっこうな年齢になり、高齢者を狙った怪しいリフォームなどの営業を受けているようなので詐欺に引っかかる前に防衛策を取っておいたほうがいいかなという軽い動機で行ってみました。
僕は、一応、法学部を出ているので後見人という概念自体は理解していたのですが、実際にお話をうかがってみると、そうそう簡単に利用できるものでもないなと実感しました。僕が当初思っていたイメージとそのギャップについて書いてみました。

27571404903_76e5fc769b
photo credit: Visual Content Legal Real Estate Transactions – Banner via photopin (license)
続きを読む

BenQ HT2150STで楽しむホームシアター(その1)

BenQアンバサダーモニタープログラムの一環で、2016年12月発売のプロジェクターHT2150STを1か月お借りしています。わが家にはテレビを置いていないので、映像を見ること自体ほとんどなく、たまにPCでYoutubeかAmazon Primeビデオを楽しむ程度です。テレビをダラダラと見るのは嫌いなので今後も買うことはないと思いますが、映画などの作品を20インチ程度のPCモニターで見るのは味気なく、そんな時にプロジェクターを使ってみようかと思い申込んだところ、運良く当選しました。

まずは、HT2150STの特徴とファーストインプレッションを書いてみます。

続きを読む