Facebookページの「作成者」についての大きな誤解

昨年、職場の団体でFacebookページを作成してから、数十の投稿をしてきた中でずっと「なぜ団体のページ(アカウント)なのに投稿者が団体ではなく、作成者個人名が表示される仕様なのだろう」という疑問があって、事あるごとに作成者に個人名を表示させない設定があるのではないか、と調べていました。

そして、先ほどその疑問が完全にクリアになり、自分の大きな誤解であったことに気づきました。Facebookページの運用者の99%にとっては、「何を今さら…」という内容かと思われ晒すのは少々恥ずかしいですが、残り1%のユーザーのため記事にしてみました。

続きを読む

【読書メモ】幼児教育の経済学(ヘックマン著 東洋経済新報社)

わかったブログでかん吉さんが紹介されていたので、5歳の息子を持つ親として読んでみました。
先にお断りしておくと、本書は個々の家庭における幼児教育の方法についての書籍ではなく、ノーベル経済学賞受賞者である経済学者が、アメリカでの研究結果を基にして、教育を「投資」と考えた場合において、国家や地方自治体単位で未就学児に対して行う幼児教育がリターンが大きくかつ公平なものであると唱えた論文です。
僕自身、少しは自分の子育てに関するヒントでもあるのかな、と思って読んだのですがそうした意味では期待に応えてくれる本ではありませんでした。とはいえ、6歳までの幼児期に行う教育の重要性が様々な裏づけをもって書かれていますので、手法は示されていなくても、事実として知っておくことは有意義でした。

続きを読む

家族で過ごす鬼怒川年末休暇モデルプラン(その2)

前回に続いて、鬼怒川温泉への家族旅行からオススメを記事にします。2日目は日光江戸村、最終日は東武ワールドスクウェアという鬼怒川温泉の王道アミューズメントスポット2箇所に行ってきました。

PC290501

続きを読む

【読書メモ】Action Reading アクションリーディング(赤羽雄二著 ソフトバンククリエイティブ)

ゼロ秒思考」の著者が読書術について書いた一冊。読書術とは言っても、いかに読書のスピードを上げるかという速読術のようなテクニカルな内容ではなく、受け身の読書から「攻め」の読書スタイルへの転換、つまり、ビジネスマンの読書スタイルは、読書の時間を作り、必要な本を選び、読んだ内容を自分の血肉としていくことが必要ではないか、ということがメインテーマになっています。

続きを読む

家族で過ごす鬼怒川年末休暇モデルプラン(その1)

2016年の年末休暇は、家族で鬼怒川温泉に来ています。ここに来るのは3年ぶりです。前回は妻の両親と一緒に車で来たのですが、今回は往復東武スペーシアの電車+バス旅にしました。あまり移動せず、温泉中心にのんびり過ごす旅行なら昼から飲める電車がいいか、というわけです。家族連れのモデルプランとして旅行情報を書いてみました。

IMG_6702

続きを読む

JMBキッズクラブに入会して子ども限定「B787 JMBカード」をゲットしました

JALでは、12歳以下のJALマイレージバンク会員だけが参加できる「JMBキッズクラブ」というプログラムを始めています。このプログラムのメンバーになると、整備工場見学、Sky Museum見学や折り紙ヒコーキ教室などのイベントの案内がもらえるようです。入会無料ということもあり、5歳の息子を入会させてみました。

子ども限定で、↓のB787JMBカードがもらえます。しろたんカードも選べますが、男子はB787一択でしょう!

IMG_6880

続きを読む

櫛引八幡宮で親子鎧兜の武将体験

青森県八戸市に櫛引八幡宮という神社があります。ここは、旧南部藩の総鎮守で、赤糸威鎧「菊一文字」、白糸威褄取鎧という2つの国宝の鎧を所蔵していることで有名です。そして、この神社では、リーズナブルな費用で鎧の着用体験ができます。侍好きの僕ら親子もこの神社で武将になりきってきました。

DSCF0024

続きを読む

2017年国際線航空券を予約する前に

僕は、19歳以来息子が0歳だった年以外は毎年欠かさず海外に行ってます。家族ができるとその負担は独り者の時と比較にならないのですが、やっぱりそこでしか見られないものを見る経験は何事にも代えられないと思っています。
さて、今年は、燃油サーチャージの復活という悩ましい問題があり、例年より早めに予約、発券しなければ余分なコストが発生します。
具体的には、JAL、ANAとも2月以降の発券分には、ヨーロッパ便で片道3,500円のサーチャージがかかるようになります。わが家の場合3人分なので、往復21,000円のコスト増。数年前のサーチャージ額と比べればまだましですが、できれば回避したい金額です。

31714847585_f3939da93b
photo credit: ken1_japan UP3A9935 via photopin (license)
続きを読む