Apple WatchユーザーならMapはApple純正がオススメ

先日のiOSアップデートでApple純正マップが日本の交通機関に対応し、Google Mapに大きく水を空けられていた使い勝手の差が大幅に縮まりました。
僕自身、ずっとGoogle Mapを使っていたのですが、数日前、出張先でのジョギング時に、たまには純正Mapを使ってみようかとiPhoneで目的地をセットしてナビを開始したところ、交差点で腕にヴァイブレーションを感じました。そう、AppleWatchでも自動的にナビゲーションが行われるのですね。

img_6398

 

Apple Watch単体でSiriを使ってナビを試したことはあったのですが、iPhoneから純正Mapでナビを使うとペアリング中のWatchでも自動的にMapを起動しナビを開始して、進路変更ポイントの手前で教えてくれるとは知りませんでした。
WatchでSiriを使ってナビゲーションする場合、一発で伝わればよいのですが、うまく理解されなかった場合、修正しにくいこと、地図上で経路を視覚的に見ることができないといった難点があるので、スタート地点ではiPhoneからナビを開始する方がダンゼン便利です。

以下は、僕が自宅近くから職場までのナビをiPhoneのApple純正Mapでスタートしたところです。
iPhone上の画面はコチラ。

img_6399

同時に、Watchでは、以下のとおり次の目的地までの動きが1画面毎に表示されます。竜頭を回すと次の動き(交通機関など)へ変わっていきます。

img_6400

電車の候補も3つ表示されます。

img_6401

というわけで、WatchユーザーならGoogleMapより純正Mapの方がオススメです。

僕は、初めてのルートで自転車に乗るとき、交差点前で停車してiPhoneを確認する必要がないのでWatchのナビを重宝しています。ぜひお試しを!

Comments