STING 57th & 9th Tour に行ってきました(2017年6月7日)

2017年6月7日 日本武道館でのSTING に行ってきました。STINGの来日は6年ぶりで、前回2011年1月の Symphonicities Tour 以来です。振り返ってみると、僕にとっては2011年の5月に息子が誕生してから初めてのライブでした。
STINGのコンサートは1985年のNothing Like The Sun 発表後のツアー以来、来日のたびにほぼ毎回見てきましたが、(僕自身近いところですが)観客はアラフィフが多く、パフォーマーとともにオーディエンスも年を重ねているなぁと実感しました(笑)。

以下、簡単にライブレポートします。
li6xk+bmROysbkRdxtpJJA_thumb_82f3

セットリスト

本日演奏された曲は(たぶん)以下のとおりです。

  1. Synchronicity II ※
  2. Spirits in the Material World ※
  3. Englishman in New York
  4. I Can’t Stop Thinking About You
  5. Every Little Thing She Does Is Magic ※
  6. One Fine Day
  7. She’s Too Good for Me
  8. Mad About You
  9. Fields of Gold
  10. Petrol Head
  11. Down, Down, Down
  12. Shape of My Heart
  13. Message in a Bottle ※
  14. Ashes to Ashes(David Bowie)
  15. 50,000
  16. Walking on the Moon ※
  17. So Lonely ※
  18. Desert Rose
  19. Roxanne ※
  20. Ain’t No Sunshine
  21. Next to You ※
  22. Every Breath You Take ※
  23. Fragile

※は The Policeの曲 21,22はアンコール1、23はアンコール2

38lx0rSISKyZpyjjcJXEQw_thumb_82f8

ロック系の曲で押してくるのかと思いきや、Shape of My Heart や Fields of Goldなどしっとり聴かせる曲も多かったです。

来日のたびに見ているオッサンとしては、後半 So Lonely からアンコール Every Breath You Take あたりのセットリストは、もう10年以上にわたってほぼ固定化されてしまったのかなぁと、やや残念でした。定番の曲で盛り上がりはしますが、たまには、えーっ!ココでこの曲みたいなサプライズがほしかったなぁと…。

感想もろもろ

18:30開演と案内されていましたが、前座(息子のジョー・サムナーとThe Last Bandoleros)が40分ほど演奏し、それから20分の休憩が入ったためSTINGの開演は19:30となりました。今回のツアーでは、携帯電話での写真撮影はOKとなっていました(もちろん録画、録音はNGでした)。

STINGバンドで初のツインギター(ドミニク、ルーファスのミラー親子)構成でかなりアレンジの幅が広がったように感じました。特にポリスの曲はイントロ聴いただけでは、「ん、この曲なんだっけ?」と思わせる展開が目立ちました。

STINGのコンディションも良さそうで、全体的に楽しそうなパフォーマンスでした。個人的には、新しいことにチャレンジし、そこで緊張感を感じさせるくらいのSTINGが好きなので、The Dream Of The Blue Turtles でJAZZをミックスし、自身もベースでなくギターを持ったり、Symphonicities でクラシックのオーケストラと共演したりという場面の方が好みですが、今日のSTINGを見ていると東京ドームでのPOLICE再結成ライブの雰囲気を思い出しました。ロックチューンが多かったからでしょうか。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_82ef
観客の年齢層が高いと前述しましたが、初めてスティングを聴く人は少数派だったのではないでしょうか。いつものイオ~♫、ロクサーヌ〜♫のかけ合いなど、非常にスムーズでした。

Englishman in New Yorkの “Be Yourself No Matter What They Say”やNext to youの “All I Want Is To Be Next To You” の場面でも、オーディエンスが自然に歌っていて、一体感の感じられるライブでした。

息子ジョー・サムナーとThe Last Bandolerosは、前座を務めただけでなく、ずっとバックコーラスなどサポートメンバー的にSTINGのコンサートにも参加していました。特にジョーはデビッド・ボウイの Ashes To Ashes をソロで歌うなどかなり出番をもらっていました。親バカと言われるのかもしれませんが…息子を持つ身にはSTINGの気持ちは理解できます。

演奏された曲の中では、Desert Roseのウェスタン的なアレンジとツインギターソロは刺激的なライティングもあって印象的でした。Shape of My Heartも静かな曲ですが、観客の反応が非常に良かったです。ニューアルバムの曲では、One fine day が一番好きなのですが、ライブで見ると展開に起伏のあるDown,Down,Down などが映えますね。

まとめ

とにかくいい曲をたくさん持っているので、何を演奏してもヒット曲集で、期待を裏切られることはありません。ソロになって2枚目のNothing Like The Sun ツアーの頃は、POLICEの曲を演りたくないという意識がすごく感じられましたが、次の The Soul Cages ツアーでは封印していた Every Breath You Take も演奏し、POLICEの曲を演奏することへの抵抗もなくなったようです。今日のライブも、ツインギターを生かしたアレンジで、数々の名曲の少し違った側面を見せてくれました。

ロックを演っても、クラシックを演ってもSTINGはSTINGだ、という存在感と個性を確認した気がします。

Comments