メキシコ戦

コンフェデ杯初戦の対メキシコ戦をテレビで観戦。
やっぱりキリンカップ〜W杯予選と続いた格下・同格の相手とは違い、ボールを支配され、自陣での苦しい試合になった[:ぶー:]
立ち上がりいきなり崩されたのでどうなることかと思ったが、徐々に修正し、何とワンチャンスで先制点を取ってしまった。日本らしくない(笑)コンパクト・スピーディーな攻撃での1点[:チョキ:]
その後しばらくいい感じだったが、またメキシコにペースを握られると失点。その後は、概ねゲームを支配されたまま終了。自陣でフリーを作ってしまうことも多く4−1でもおかしくないような試合だった。
1対1で勝てない相手なのに、ボールを持った後のサポートも向こうの方が早いのだからチャンスを作れないのは当然だろう。俊輔、サントスがいつもの試合ほど機能していなかったように見える。キープ力のある2人でも複数のDFから素早いチェックを受け、ボールをフィードする先を探すうちに奪われてしまう[:ショック:]
この後も強豪が続くので、なかなか自分達のサッカーをやらせてもらえない試合になるだろうが、なんとか頑張って欲しい。
しかし、W杯予選の2試合と比べるとセーフティー最優先ではなく、どうしたら点を取れるかを試しているような展開も多かったので、きっと勝負とは違うところで彼らなりの課題を持って戦っているのだと思う。特に中田は意識的に速いパスを出したり、ワンタッチではたいたりしていたようだ。結果、パスの精度が落ちて中盤でボールを奪われてしまうのだけど、うまくいくようになればもっと多くのチャンスを作れるようになるハズだ[:サッカーボール:]

Comments