Day63 アリ地獄

もうチベットで見るべきものもなくなったので新疆へ向けて移動したいところだが、バス会社のオフィスがどこなのかも分からない。とりあえず今日は情報集めをして、バスがあるようなら出発しよう。一応朝のうちにパッキングを済ませ町へ出る。
まずは一番情報がまともそうなバスターミナルへ行く。10時前に行ったらちょうど一人のおじさんが入口の戸を開けているところだった。イエチョン行の予定を聞くが今日、明日にはないらしい。次のバスがいつかということもはっきり分からないようだ。よくこれでバスターミナルをやっていられるもんだ[:ムニョムニョ:]
続いてウイグル食堂街をぶらぶらしてみるがそれらしいバスはなく、トラック停車場にいた兄ちゃんたちも知らんという。一応、明日のヒッチのことも考え、町外れの検問所まで見ておく。細かいヒッチを繰り返すと時間も金もかかるので、できれば一発でイエチョンまで行くバスかトラックを見つけたいところだ。この辺りで数人に情報を聞くが、バスはあるというものの、はっきりした日時を知っている人は誰もいないようだった。やはりヒッチは避けられないか…。もうこれ以上物価が高く、何の見所もないアリにはいたくないので明日はバスがなくてもヒッチで出発しようと決める。
しかし、西チベットは本当に交通が不便だ。これでも一昔前よりはよくなっているようだが、どこに行くにも数日の余裕を見ておかなければならない。来るのも出るのも一苦労、まさに「アリ」地獄だ(笑)。

宿に戻って今日は車がなかったので明日出発することを告げる。老板は車がなかったらあるまでいればいいみたいなことを言ってくれた。トータル1週間以上滞在したがずっと一人部屋にしてくれたし、荷物もちゃんと鍵のかかる部屋で保管してくれたとてもいい宿だった[:ラッキー:]
午後はいつものように日記を後追い入力して過ごし、5時過ぎにネット屋へ行き久々に近況報告一斉メールを送信した。それからCD-R複製ツールをいくつかDLし、昨日うまくいかなかったコピーを試すがやはりダメ。こんどはCD-ROMがいかれたのだろうか…ため息[:困惑:]

本日の1曲 David Bowie「Modern Love」

Comments