Day82 カラポーチョ山

3日ぶりにスカルドゥのオフィスで起床。朝食はテステ村で買ってきた卵で作った目玉焼き。村の卵はとても美味しい。しばらくゆっくりしてから修理に持っていく車に便乗してスカルドゥのランドマークである巨大な岩山「カラポーチョ」の登山口(?)まで送ってもらう。前回滞在時、この山に登っていなかったので一応制覇しておこうと思ったわけだ[:モグモグ:]
カラポーチョは赤茶けたテーブルマウンテン型の岩山でスカルドゥのすぐ北にあり、ちょうどバザールに沿って東西に伸びている。木は全くなく、下から見るとかなりの崖。東の中腹にはフォート(砦)があり、町の見所の一つとなっている(入場料50Rs)。
登山口は西の端だが、登る人は少ないようで道は踏み跡程度しかないうえ、ほとんど直登に近い[:びっくり:]
登り始めるとすぐに汗ばんできたのでフリースを脱いでTシャツ1枚になる。傾斜はきついがその分高度はどんどん稼げる。15分ほどで下の町がだいぶ小さく見えるようになり、30分ちょっとでテーブルマウンテン頂上の一角に着いた。見た目はかなり高そうだが意外とあっけない登りだった[:グッド:]
ここから一番高いところへ緩やかに登っていく。南側は崖だがインダス川沿いになる反対側は比較的傾斜が緩やかだ。眼下にスカルドゥの町を眺めながら崖のふちを歩いていく。出発から1時間ほどで山頂着。高度計を見ると下から300mちょっと上がっていた。他に誰も登っている人はいないと思っていたが、よく見るとヤギを遊牧しているおじさんが南側の斜面にいた。ここからさらに砦のある東側へ歩いていく。古い城壁跡を越え、一番東端にある小高い丘まで到着。ここからフォートへ降りる道があるようだが、かなりの崖。道がちゃんと続いているのかどうか確認できない。30mほど降りてルートを見てみるがやはり不安[:冷や汗:]
あまり降りて二進も三進もいかなくなってしまうのも困るので引き返して、比較的道がはっきりしているインダス川方面へ降りることにした。下りは余裕かと思っていたが、こっちも途中からルートがはっきりせず、途中から砂がたまっている谷を直降することになった。ここへ来る人は本当に少ないようだ。
2時間半ほどかかってバザールまで降りてくる。車の修理はまだ終わってなかったのでスタッフと合流して昼食をとる。帰りにくるみのケーキを買ってコーヒーと一緒にいただく。これまた美味しかった[:ディナー:]

夜、ネットを見ていたらミスチルのアルバムが出ていることを知った。最近、Stones, Bon Jovi, Sheril Crowと好きなアーティストのアルバム発売が相次いでいたが、今度はミスチルか…何とかして聴きたいなぁ[:聞き耳を立てる:]

本日の1曲 Van Halen「Poundcake」

↓カラポーチョから眺めるスカルドゥの町

Comments