Day97 イスラマバードはいつも通り

7時半に起床、今日は朝食の買置きがなかったのでコーヒーだけ飲んでイスラマバードへ出発。日本大使館へ行ってシリアビザ取得に必要なレターを申請するのだが、地震明けの月曜なので果たして受付してもらえるのか分からない。が、イスラマバードで地震の影響がどの程度あったのか見ておきたい気持ちもあったので無駄足覚悟で大使館まで行ってみることにした。

イスラマバード行の乗合ミニバスは普通に走っていた。意外と早く8時45分頃にはアプサラマーケットに到着。ここから日本大使館まではちょっと距離があるが歩いてみた。イスラマバードの町は全く平常通り。壊れた建物もなければ、崩れた塀もない。やはりあのビルだけが手抜き工事だったのだろうか???
9時過ぎ大使館が集まるDiplomat Enclaveに到着。地図で調べていたので日本大使館近くの入口から入るが、警官に「ここは従業員用の入口だから、あっちのゲートから入れ」と言われ追い返される。で、正式なゲートに行くと「日本大使館はあっちのゲートのすぐ隣だから向こうから入れ、でなければシャトルバスに乗って入れ」だと。アホらしかったが再び最初の入口でやりとりを説明、今回だけだと渋られながらも入れてもらう[:てれちゃう:]
日本大使館のチェックはなかなか厳しく、デジカメなどの電気製品は受付で預けなければならない。館内でローカルスタッフに訪問目的を告げ別室で待つよう言われる。しばらくして大使館員の女性が現れ、用件を告げるがやはり地震後の邦人安否確認で忙しくビザ発行など他の業務には手をつけられない状態なのでしばらく日にちをおいて出直してほしいと不機嫌そうに言われる。やっぱり…[:ポロリ:]
ただ、状況も考えずに来たアホパッカーと思われるのもイヤだったし、関心もあったので「新聞によると…」を強調しつつ邦人犠牲者が出ていると聞きましたが…、実際イスラマバードでの揺れはどんな感じでしたか?何か震災援助でお手伝いできることはありませんか?など質問をすると、普通に話をしてくれるようになり、地震対応が一通り終わったらレターを作っておくから2〜3日後連絡をしてくださいと言ってパスポートのコピーをとり、内線番号の入ったメモをくれた。これならもう1回足を運べば済むので無駄足でもなかったわけだ[:ラッキー:]
地震の状況も聞けたのでよかった。亡くなった方はJICAの関係者だったらしい。パキスタンは地震国というわけでもないらしく、その中で手抜き工事ビルにあたってしまったというのは本当に運が悪かったとしか言いようがない。ご冥福をお祈りします。

さて、こんな状況だと知ったからには日本でもけっこうな騒ぎになっているかもしれない。まずはメールで無事を知らせておいたほうがいいだろう。さっそく大使館を出てネット屋を探す。春にじょにぃさんと一緒に夕食をとったメロディーマーケットのフードコートもラマダンのため全て閉店だった。ここにネット屋が2軒あったが日本語NGだったので土地勘のあるピンディに帰って探すことにした。
ピンディに戻りCITYスーパーでジュース酒を作るため100%ジュースとドライイーストを購入。それからネット屋へ。思ったとおり日本等から心配メールがかなり来ていた。さっそく無事とこちらの様子を知らせるメールを書いて送信。日本ではイスラマバードの崩壊ビルの映像が繰り返し流れているらしく、イスラマバードが阪神淡路状態になっていると思われている模様。実際99%の建物は被害ないのに…メディアが「作っている」とまでは言わないが、一部だけを大きく引き伸ばして伝えているのは否定できないだろう。マスコミ的には「騒ぎは大きいほどいい」というスタンスなのだ。メール終了後はインスト−ルでつまずいているPCの復旧方法をweb上で探してみる。典型的なエラーではないらしくきっちりと対処方法が書いてあるサイトはなかった。
宿に戻ってジュースをイースト菌とともにペットボトルに移し酒の醸造を試みる。それから再びPCと格闘。Webから仕入れた情報をヒントにBIOSをいじってみるとSETUPが再開された[:拍手:]
それから先は順調にインストールも進み1時間ほどで英語版XP搭載のPCが誕生。ペシャワールで買ったソフトをいろいろ入れてみる。が、そこは格安海賊版。やはり不良品も多かった。一通りインストール関連作業を終えPCを持って近くのネット屋へ行き今回の旅で初めてノートPCとLANを直接つないでインターネットを楽しむ。これだと後でオフライン状態でもキャッシュに残ったwebページを見られるのでだいぶ時間と金が節約できる[:ラッキー:]
ネット屋を出て夕食をとり、部屋でたまった日記を入力。10時頃部屋をノックする人がいて出てみると日本人だった。友人を探していて宿の兄ちゃんにこの部屋ではないかと言われたらしい。人違いだったのだが、たまたま彼が「アジア横断」のガイドブックを持っていたのでコピーさせてほしいと頼む。すると「明朝バンコクへ飛ぶのでこの本あげますよ」との返事。超ラッキー[:グッド:]
だが、さすがにそれも悪いので読み終わった本と交換することにした。これで安心してイランへ行けるぞー[:プシュー:]

本日の1曲 宇多田ヒカル「Time Limit」

Comments