Day215 カイセン発生!

一昨日、全身に湿疹が発生した少年を病院に連れて行ったら、


カイセン

だという診断が出たため、今日からこのカイセン対策を始める。カイセンは微小なダニが皮膚角質内に卵を産みつけることで発生する病気なので当然次から次へとうつるし、ダニを撲滅しなければ症状の出た人を治療しても問題の解決にはならない[:ムニョムニョ:]

まずはスタッフが二手に分かれ、第1班はマーケットで子供の着替えを購入、第2班は住民に病気の内容を説明し、家財道具一式を天日にさらし、グランドシートをはいで地面に殺虫剤を散布。住民には毎日シャワーを浴びて、虫刺されの症状がある人は薬を塗るように指示。あわせて洗濯の際には消毒液に2時間漬け込んでおくなどいろいろ面倒な作業が必要になってくる。
まぁパキスタンではさほど珍しい病気でもないようで住民に不安、動揺はないようだ。僕自身についても皮膚病で死ぬことはないだろうしさほど心配もしていないというのが本音のところ。
一昨日やり残した野菜の配布をしたりとレギュラーな仕事をしつつまだよく知らない家族と少しコミュニケーションをとってみたりする。数年前足を火傷したうえに今回の地震でその上に怪我を負ったおばちゃんがいて、2日に一度傷口を洗って包帯を替えている。もう神経が麻痺しているらしく、ものすごく痛々しい傷口をしているのだがお湯で洗浄しても本人は全く平気な様子だ。ここに来た当初は患部にカビが生えているような状態で切断やむなしとまで言われていたが、連日の処置でだいぶ良くなってきたのだという。
午後、また新しい家族6人が入居。必要備品を渡し、規約の確認、登録といった一連の作業を行う。正月に起こった事件から何日間か続いていたギクシャクした雰囲気はすっかりなくなっていて、(その事件で村のリーダーが権威失墜したためか)以前より住民との距離も近くなったように思う。

本日の1曲 Antonio Carlos Jovin「Wave」

↓テント村のワンパク少女軍団

Comments