Day291 イスラマ最終日

1週間ほど被災地バラコット近く山間部の村を訪問していました。
地震発生から半年経った状況をお伝えしたいのですが、メモをおこしてUPするのにちょっと時間がかかると思います。徐々に作業を進めていきますのでしばらくお待ちください。
なお、明後日にはパキスタンを出てインドに入る予定です。[:グッド:][:グッド:][:グッド:][:男:]



以下、追記分です。

さて、約5ヶ月携わってきた震災支援ボランティアも終わりにして今晩ラホール経由でインドへ向かうことにする。いざ出るとなると雑用がいろいろあるので忙しい。
まずは朝イチで借りていた服を洗濯。それから持っていくものと送るものを分け、小包を作る。靴や服が主だが相当な量だ。10kgくらいあるだろうか。続いて、訪問予定のスリランカガイドブックから行きそうなところをピックアップしコピー屋でばさっと50ぺージほどコピー。ついでにGPOで小包10kgを船便で日本へ送った場合の料金を確認。驚いたことに(ガイドブック取材時の)5年前と変っていなかった[:グッド:]
昼食をいただいてから小包を持ってGPOへ行く。インドやネパールと同様、この国でも段ボールの上から白い布で包まなければならず面倒。まず中身を確認してもらってから箱を閉じ、布を買って封をしてもらう。この作業はGPO内に専門のオヤジがいて、多少のチップで包装してくれる。それから再びカウンターへ持って行って送り状を書くのだが、ここでパスポートが必要だと言われる。パスポートは今インドビザを申請中なので手元にない、コピーでいいだろうと説明するも「なければ送れん」の一点張りで話にならない。だったらここに箱を置かせてくれというが、それもダメ、一度持って帰れと言う。持って帰ったら封を解いて違法なものを入れるかもしれないと思うのだが…そんなことは気にしないらしい[:たらーっ:]
仕方なく、11kgある箱をかついで再びオフィスに戻り、しばらくネットしてから3時過ぎにビザを受け取りにインド大使館へ向かう。前回は歩いて行けたのに、今日は「徒歩では行けない。専用の巡回バスに乗れ」と言われ、大回りしてバス乗場へ。この時間は大使館エリアへ行く人も少ないのでバスは少ない。間に合わないのではと不安になるが、4時半になんとかインド大使館着。受取なのに列ができていた。しかも外国人も関係なく同じ列に並ばされる。インド人のことだからきっと列が残っていても時間になったら窓口を閉めるだろう。列は全然進まないし、かなり焦る。見ていると半分くらいのパキスタン人が「まだできてない。明日また来い。」と言われているようだ。皆、気の毒に何も言えずに大人しく去っていく。本当にインド大使館はろくでなしだ。テロリストじゃなくてもぶっ壊してやりたくなる。4時50分、ようやく僕の番が来て無事ビザ取得。しかし、マルチで申請したのに出たのは3ヶ月シングル。まぁ、今回は再入国することはないからいいが、ビザ代は他国で取るよりずっと高いくせに期間は短くシングルしか出さない在パキスタンインド大使館は最悪。できれば使いたくないものだ[:ぶー:]
パスポートが戻ってきたので、再び小包をかついでGPOへ行く。夜間窓口になっていたが、普通に外国小包も扱ってくれ今度は無事に送ることができた。着くのは半年後と言われたが…無事に届くことを祈る。夕食をいただいてから、最終パッキング、挨拶を済ませて9時頃ファイザバードのバス会社オフィスへ向かう。荷物が大きいのでタクシーを使ったが、50Rsで行くことができた。ラホール行のエアコンバスは数社から深夜までほぼ30分おきに出ているので、12時発のチケットを買って待合室で日記を書いて出発を待つ。5時間後にはラホール到着だ。

本日の1曲 U2「who’s gonna RIDE your WILD HORSES」

↓(本文と関係ないが)カエルのマネ?

Comments