いつから…

この数日、久々に山へ行こうと思案していたが、夏休みなのでできるだけ人が多いところはイヤだなぁと探していたところ、ふと「熊野古道」に行き当たった。世界遺産に登録されたことは知っていたが、実際どんなコースかは知らなかったので色々調べてみると、伊勢神宮から熊野本宮を目指す「伊勢路」、吉野を起点とする「大峯路」、高野山を起点とする「小辺路」などいくつかのコースがあって数時間のハイキングコースから1週間以上かかる長距離コースまで様々なチョイスができるようだ[:ラッキー:]
で、3泊4日と距離も手ごろで静かそうな「小辺路」を選択、出発に向け準備を始める。改めて本屋に行ってガイドブックを読み、(10年ぶりに「青春18きっぷ」を使うことにしたので)時刻表で大ざっぱな連絡を確認。乗継情報サービスはwebでいくつかあるがみな長距離は勝手に特急利用にしてしまうので使えない[:ムニョムニョ:]
そこで、重大なことに気づく。

「大垣夜行」はなくなっていて全席指定の「ムーンライトながら」になっていたのだ。
おいおいいつからだよ…[:ぶー:]

ま、夏休みとはいえ、平日だから大丈夫だろうと買い出しをすませてから家へ戻り「えきねっと」で予約するが…

満席

しかも、20日くらいまで全く空いてない。臨時列車の「ムーンライトながら91号」も同様だ。しばらくいろんなパターンで空席照会をしていたら、ポコッと「残席わずか」の△マーク発見!すかさず予約。

成功[:グッド:]…しかし、冷静に考えると予約したのは大船−熱海間の指定券。いくつかのサイトで「ムーンライトながら」は途中から自由席に変わるから指定券は熱海まで買えばよいと書いてあったのだが、91号の方はどうなのだろう。

大垣まで全席指定[:ポロリ:]

ヤバイ。ということは熱海から後、誰かが大垣までの予約を入れている可能性があるわけだ。
あわてて区間変更を試みるがもう満席。熱海−大垣でチェックしても満席。こんな数分で熱海−大垣の予約が入るとは思えないのでシステムを疑う。きっとJRの端末をならタイムラグなく確認できるのだろうと思い、「えきねっと」のコールセンターにかけて事情を話す。
で、確認してもらうが結果は同じで熱海−大垣間も満席になっているので、この切符で乗車しても熱海で降りなければならなくなるだろうとのこと。
やむなく取消(払戻)し、念のためと思って再度大船−大垣で空席照会をするとまた「残席わずか」になってるじゃないか…ということはおそらくさっきの切符で熱海以降も席が確保されていたということだろう。面倒だが再度大垣までの切符を予約。

…この列車は満席になりました[:びっくり:]

マジ!?この30秒ほどの間に誰かがタイミングよく席を見つけて予約を入れてしまったということか。ショック[:悲しい:]
う〜ん、来週の山はどうしようか。行先を変えるか、朝から列車を乗り継いで行くか…迷う。

本日の1曲 The Police「Every Little Thing She Does Is Magic」

ブログランキング→よかったら1clickしてくださいブログランキング・にほんブログ村へ

Comments