木曽駒byロープウェー

この土日、家族(母&妹)で中央アルプスへ行くことになった。僕自身は下から登って木曽駒〜空木岳まで行きたかったのだが、連れは土日の2日間しか時間がないので簡単にロープウェーを使っての木曽駒&宝剣岳往復となった[:ノーノー:]
3時に起きて4時頃出発。僕にとっては約10年ぶりのロングドライブで山より運転が心配…保土ヶ谷バイパスから八王子へ出て中央道に乗る。途中、[:雨:]が降ったりやんだりの嫌な天気だったが、7時頃駒ヶ根に着いたときにはまずまずの青空になっていた[:ラッキー:]
菅の台の駐車場に車を停めてバス&ロープウェーで標高2612mの千畳敷まで上がってしまう。夏休み最後の土日なので人は多く、バス、ロープウェーともフル稼働の様子だ。なお、ここのクーポンを使うと割引になるのでお得(9/30まで有効)。
予想通り山はガスっており、千畳敷カールの眺めはイマイチだがしかたない[:ふぅ〜ん:]
朝食をとってから8:40に木曽駒ケ岳へ向け歩き始める。緑のお花畑を通って乗越浄土への急登に入る。たぶん、今日のいちばんキツイところだと思うが、先週の熊野と比べれば荷物もダンゼン軽いし楽勝もいいとこ。45分で乗越浄土到着、すぐ先の宝剣はガスの中だが、木曽駒方面はまずまず晴れている。少し休んでから木曽駒へ。中岳のピークから一度下って頂上木曽小屋から最後の登りへ。40分ほどで木曽駒山頂に到着[:モグモグ:]
広々とした山頂だが、残念ながらガスのため眺望は全くダメ。頂上には神社があり、臨時の売店も開設していたが疲れてもいないのでビールを飲む気にもならなかった。ここで40分ほど休んでから宝剣岳へ向う。今回は頂上小屋から中岳を巻いていく道を使ったが、こちらは途中岩場になっているので少し注意が必要だ。宝剣への登りは距離こそ短いが、上の方はすれ違いが難しい岩場になっているのでけっこう時間がかかってしまった。11:50に山頂着、ここでだいぶガスが晴れたので緑の千畳敷を見下ろすことができた。ここの山頂は木曽駒とは対照的に狭く、大人数のパーティーが1ついると他の登山者の余地がなくなってしまう。それもあって10分ほどで極楽平方面へ下ることとする。この下りは鎖があったりしてちょっとスリリング[:たらーっ:]
20分強歩くと三の沢岳への分岐に到着。三の沢岳はずいぶん遠くに見える。ここで昼食をとってから極楽平を経由して千畳敷駅へ戻ってくる。13:45には歩行終了。
帰りのロープウェーが混雑していたので整理券をもらってから1時間以上待たなければならなかった。駐車場まで降りてから近くの観光案内所でキャンプ場を教えてもらい、それから温泉「こまくさの湯」へ。先週の渡瀬温泉には劣るがなかなかいい風呂だった[:グッド:]
サッパリしたところで今夜の宿泊地「駒ヶ根キャンプ場」へ。3人用テントは持ってきていたのだが、常設のテントが思いのほか大きく、炊事場もすぐそばだったのでこちらを借りることにした。当初はレトルトカレーの夕食を予定していたが、せっかくBBQ設備のあるキャンプ場に来たので焼肉に変更。駒ヶ根市内へ買い出しに出かけ、肉やビールを買い込み、戻ってさっそく焼肉開始。う〜ん、最高[:イヒヒ:]

本日の1曲 Mr.Children「Replay」

↓千畳敷から宝剣岳をのぞむ

ブログランキング→よかったら1clickしてくださいブログランキング・にほんブログ村へ

Comments