Boys Be Ambitios!

Boys Be Ambitious!クラーク博士が札幌農学校1期生との別れの際に送った言葉として有名で、僕も好きな言葉の1つだ。
僕的にはずっと「少年よ大志をいだけ」という格好のいいメッセージではなく、そのまま「少年よ野心家たれ」と訳せばいいのになぁと思っていた。というのは、彼が日本で学生たちと接するうちに周囲から突出することを避ける平均主義的な日本人の性質を感じ「大物になってやろう」という気概のなさを憂いてこのメッセージを送ったからだと思っていたからだ[:ノーノー:]
しかし、先日Dr.コトー診療所2006を見ていたら、コトー先生から剛洋クンに送ったメッセージとして「Boys Be Ambitios」が引用されており、しかもその後には「Be ambitious not for money or selfish aggrandizement, not for that evanescent thing which men call fame. Be ambitious for the attainment of all that a man ought to be」と続くのだという。
※番組中の訳は「少年よ大志をいだけ!お金のためではなく、私欲のためでもなく、名声という空虚な志(こころざし)のためでもなく、人はいかにあるべきか、その道をまっとうするために大志をいだけ。」

う〜ん、知らなかった[:たらーっ:]

だいぶイメージ違うなぁ…ホントにこんな難しい言葉を別れ際に贈ったのだろうか???

と思って少し調べてみるとクラーク博士が前述のBoys Be Ambitiosに続く部分を実際に言ったという事実はないらしく、誰がくっつけた言葉かも分からないらしい
やっぱり、クラークさんは学生たちに清廉な志を説きたかったのではなく、ギラギラするくらいの野心を持って欲しかったんじゃないだろうか

…と思うのは野心家の僕だけか?

PS あさってから2日間ダライ・ラマ法王の法話&灌頂を受けに広島に行ってきます[:ジョギング:]

本日の1曲 HEART「There’s A Girl」

よかったら1clickしてくださいブログランキング・にほんブログ村へ

Comments