「仏像」展

午後から上野の国立博物館で開催されている「仏像」展へ行ってみた。電話で混雑状況を確認してから行ったにもかかわらず、かなりの混雑ぶりで人の背中越しに展示を見ることが多かった[:ぶー:]
観客の年齢、性別はまちまち。意外と若い人も多かった。外国人の姿もちらほら見える。

以下、簡単に展示紹介。はじめのコーナーに展示されている檀像は完全に1本の木から仏像を彫りだしているため小型かつ精巧な作品ばかり。これらのほとんどは十一面観音菩薩立像だが、個体によってだいぶ雰囲気が違うもんだ[:ノーノー:]
それからメインの一木彫コーナー。一木彫というからには1本の木を使って仏像を彫るわけだが立像の手や坐像の足の部分などは別に彫りだして本体に貼りつけてあり、そのため比較的大きなサイズの仏像を彫ることが可能だ。ひび割れを防ぐために年輪の中心を外したり、内側を刳りぬいて空洞にするといった工夫がなされていることは今回の展示で初めて知った。
ハイライトは滋賀・向源寺所蔵の「国宝 十一面観音菩薩立像」。
正面はおだやかな観音様だが頭部にある他の顔は表情豊かで怒った顔もある。素人目に見てもいちばん惹かれた作品だ[:拍手:]
この後、鉈彫、円空と木喰のコーナーが続くが、優美な仏像の曲線美を愛する僕的にはあまり興味深い作品は見当たらなかった。

2時間近くかかって観覧終了。常設展を見る余力もなかったので博物館を出る。全体的に観音像が多く釈迦如来像がほとんどなかったのが意外。やはり日本は観音信仰が強いのだろうか。
いい企画だとは思うが仏像が次から次へと並んでいるというのはあまり風情がない。仏像はやっぱりお寺で見るのがいいなぁと再認識することにもなった。

それにしても日本人ってイベント好きというかマスコミに煽られやすい民族だなぁ。常設展にはほとんど人がいないのに電車の中吊りや新聞で広告を出された特別展は内容に関わらずいつも混雑している…[:ふぅ〜ん:]

本日の1曲 CHEMISTRY meets S.O.S.「My Gift to You」

よかったら1clickしてくださいブログランキング・にほんブログ村へ

Comments