ビッグニュース

Yahoo!ニュースを見ていたらエンタメのヘッドラインに「ポリス21年ぶり再結成か」というビッグニュースが並んでいた[:びっくり:]
「スティング(55)率いる英ロックバンド、ポリスが21年ぶりに再結成する可能性が高まっていることが4日、分かった。欧米で報じられており、関係者がこの日までにビルボード誌電子版に「うわさは本当だがまだ公にコメントしない」と語った。今年はポリスのデビュー30年目の節目で、スティング以外の2人は再結成に積極的。あとはスティングの決断に委ねられている。
 伝説のロックバンド、ポリスの21年ぶりの再結成が、現実味を帯びてきた。07年は、大ヒットとなったポリスのデビューシングル「ロクサーヌ」が発売されて30年目。ポリスが所属していたレコード会社、A&Mレコードは「バンドの曲目を使って何か特別なことをして記念日を祝いたい。バンドが私たちの計画を助けてくれることを願っている」とコメントし、欧米ではポリス再結成のニュースが報じられていた。
 そのニュースに対し、関係者がビルボード誌電子版に「うわさは本当だが、最終的な詳細が明らかになるまでは公の場ではコメントしない」と語り、単なるうわさではないことを表明した。ドラムのスチュワート・コープランド(54)、ギターのアンディ・サマーズ(64)は再結成の希望を持っており、ボーカル兼ベーシストのスティングの決断を待っている状態。スティングが決断すれば再結成となり、大規模なスタジアム公演の世界ツアーが行われるのは必至だという。」
オリジナルのソースも確認したが、内容はほぼ同じ。しかし、Roxanneからもう30年、STINGがソロ活動してから22年か〜長いなぁ[:たらーっ:]
僕が始めて「Synchronicity」を聞いたのは中学生のとき。その1枚のレコードから受けたショックはものすごかった[:ラブラブ:]
その時点でSTINGは既に「The Dream Of The Blue Turtle」を発表し、日本公演も終えていた。なので僕はリアルタイムでThe POLICEは経験しておらず、STINGを追っかけ始めたのは次のアルバム「Bring On The Night」とその後発表された同名のドキュメンタリーフィルムからだった。それから20年、僕の青春はSTINGとともにあり「Every Breath You Take」はたぶん1000回以上聴いているだろう[:モグモグ:]

もちろんThe POLICEを生で観てみたいという気持ちは強いが、それ以上に今の彼らがどんな音楽を創るのかが興味深い。せっかく再結成するなら、過去のヒット曲を演奏するだけの顔見せツアーではなく、新作を発表してほしいものだ。
でも、STINGは去年リュートのアルバム出したばっかりだし、今さらロックアルバムを創る意欲はなさそうだなぁ…ニュースの論調からすると盛り上がってるのはA&MやStewart、Andyみたいだし、ビジネス的な匂いを強く感じる。あまり期待しないでいたほうがいいかな。

本日の1曲 The POLICE「Synchronicity II」

Comments