スパイダーマン3

もともと5/5世界同時公開の予定だったスパイダーマン3が日本のみ5/1から先行上映しかもファーストデーで1000円なら見に行かない手はない、というわけで、早速(僕的に)今年最大の期待作を見に行ってきた。

ネタバレになっちゃうので、内容は書かないが「2」のラスト、予告編を見てこんなもんだろうな〜とイメージしていたものとは違う作品になっていた。もちろん、こちらの陳腐なイメージを上回る展開[:拍手:]
「2」に引き続き脚本を担当したAlvin Sargentの力か…過去の作品も調べてみたら、この人、昔たまたま二本立てで見ていい映画だなぁと思った「White Palace(僕の美しい人だから)」を書いていたのね。
シリーズものは徐々にパワーダウンしていくものも多いが、このスパイダーマンシリーズはもともとアクションシーン以上にドラマ的要素が強いので「ただ違う敵が現れてピンチの末に倒す」というだけの基本的なストーリーに一味も二味もついていて毎回楽しめる。
悩める主人公ピ−ターは今回も健在。「1」を見たときはなんでスパイダーマンがトビーなんだよと思ったけど、「2」や本作を見ると適役だったなと思い直した。
ススメなくても見に行く人は多いでしょうがオススメです[:ラッキー:]

本日の1曲 Ozzy Osbourne「Miracle Man」

Comments