シャア専用が来た

10月に予約したSoftbankのシャア専用ケータイが日曜日にようやく到着。店頭でザクヘッド充電器も見ていたのでスケール感は分かっていたが、いざ受け取ってみるとやはり箱がでかい、そしてかっこいい[:モグモグ:]

携帯本体は913SHだが、SHARPの文字もなく、裏面Felicaマークのバッテリーカバーも取換え用という脱法ワザ?でジオン紋章のものになっている。このあたりの開発秘話は非常に面白いのでコチラで見てほしい。

さて、今日は組み立ての様子をご紹介。
箱を開けると、ビニール袋に包まれたパーツがごそっと入っている。パーツは26個、ガンダムといえば当然バンダイ製。



さっそくビニールを破ってパーツを取り出し製作開始。内部から作っていくのだが、外からは見えない部分もディテールがしっかりしている。



パイプをつけるあたりからザクらしくなってくる。



途中で充電器本体を入れてコードを外に出す。



頭頂部のパーツを組み立て、シャアの角?もつける。



後部に頭頂部パーツをパチンとはめると完成[:拍手:]



ケータイを充電し、モノアイ点灯…枕元でコレが動くのはちょっと気になる(笑)



組み立て時間約30分、特に難しいとか気を遣うことはなく作れた。久々にプラモデル作りたくなってしまった。1/60ガンダムEXIA買っちゃおうかな

本日の1曲 L’Arc-en-Ciel「DAYBREAK’S BELL」

Comments