中国・ベトナムの旅 Day5

今日はサパからバクハのサンデーマケット見物をしてラオカイ→中国に戻って行けるとこまで元陽へ向かう、という行程だ。
7:30頃迎えのバクハ行ツアーバスが来て乗り込む。白人6割、中国人&日本人2組という顔ぶれ。サパからバクハ行くには一度ラオカイまで下りなければならないのでけっこう時間がかかる。同じようなツアーバスと工事用ダンプカーが抜きつ抜かれつして山道を上って行く。ベトナムのドライバーの運転もかなりアグレッシブなので助手席に乗るのは避けた方がいいだろう。

途中で休憩をとったカフェ?の近くにも小市場があったのでカメラを持って一回り。すでに山の中腹でも花モン族が買物に来ている。お焼きのようなもちっとしたものを食べてみる、なかなか美味。
休憩終了、またミニバスで坂を上がっていき、お昼前にバクハの町に到着。ここには以前3泊くらいして近郊のシマチャイやカンカウのマーケットなどにも行ったので土地勘はある。町の雰囲気はほとんど変わっていないが、観光客と物売りをする花モン族の女性、そして露店の数は着実に増えている。

マーケットはすごい賑わい。花モン族は、5年前と変わらず華やかな民族衣装を着ているが、そのほとんどが大量生産の新品。マーケットでも大量に同じデザインの民族衣装が並べられていて、若い女の子がそれらを手にとって見ている…こうなるとある意味「制服」に近いものを感じる。


一方で観光客向けに草木染めの古い衣装が売られていて、複雑な思い。まぁ、日本でもマジックテープで貼っつけるだけの帯で浴衣着てる人もいるからな、彼女たちを見て勝手にガッカリするのは観光客のワガママなのだ。

一通り見て回ったので食事。前に来た時もバクハの市場で食べたフォーは安くて美味かった記憶があるが、今日のもすごく美味かった(10000ドン)。カメラを構えている観光客は多いが、この市場で花モン族と並んで食事をしている人はほとんど見かけない。確かに衛生的ではないが…
人ごみに疲れたので市場を出て、町外れを歩いてみる。今日はとても暖かく、この高地でもTシャツでいいくらい。30分ほど適当に歩いたが眺めのいいところに出なかったので再び町に戻り、灯油タンク?で売ってる酒をちょっと飲んでみたりする。これはほとんど工業用アルコールの味。こんなもんずっと飲んでたら目がつぶれるか死んでしまう。酒を売っているのは決まっておばあちゃんなのはなぜだろう?

3時間ほど滞在してラオカイへ戻る。僕らはここで途中下車して国境へ。難なく中国へ再入国。ベトナムドンが少し余ったので、リヤカーいっぱいにみかんを積んでいたおばさんと交渉してドンをみかんと交換。11000ドンが12個くらいになってしまい、うれしい誤算。

これから元陽に向かうのだが、今日はもう直行のバスはないらしい。かといって特に何もない河口の町に泊まるのももったいないので乗り継いでで少しでも北上を試みる。まずは蒙自へ。行ったこともないし、ガイドブックにも載ってないが、バスターミナル近くに宿がないことはないだろう。
蒙自までの道はほとんど高速利用で快適。日もとっぷり暮れた19時頃到着、予想通りここから元陽行のバスは既に終わっている。が、もう少し北上を試み、もう1回乗り継いでまで行ってみる。この道程は1時間ほど。
ベトナムからかなり移動を繰り返してようやく到着した見知らぬ町だが想定外のいいことがあった。

宿が素晴らしいコストパフォーマンス!

バスターミナル併設の宿がとても新しく、バスタブ、エアコン付でツイン90元。バックパッカー時代ではまず泊まることのない価格だが、年末年始のバケーションで泊まる宿として2人で1500円以下はうれしい。
荷物を解いてすぐ向かいの食堂で4元の麺を食べビールを買って風呂上りに飲む。長い一日だったがいい終わり方だ。

本日の1曲 Angela Aki「Twilight」

Comments