新スカイライナー初乗車

7月17日にスタートした成田スカイアクセス線の新スカイライナーに早速乗車する機会があった。残念ながら、成田から出国~ではなく、仕事のアポイントというのがちょっと悲しいが…

ややこしい、というか自分も理解していなかったのが、「スカイアクセス」という名称は新スカイライナーのことではなく、京成高砂から成田空港を結ぶ京成の新線の名称だということ。なので、スカイアクセスにはスカイライナー以外の電車も走っている。
さらに(千葉方面に全く詳しくないので知らなかったが)その途中駅である印旛日本医大までは既存の北総線というラインを使っているということだ。どうりで、線路や架線が真新しく見えなかったわけだ。スカイライナー用専用線を新設した京成は太っ腹だなぁ、と感心していた自分がアホだ。

さて、この新スカイライナーの登場で日暮里~成田空港間が36分で結ばれることになった。従来のスカイライナーから15分の短縮。36分というのは東京駅から千葉駅まで総武線で行くのよりずっと早い。実際に乗っているとウトウトとする間もないくらいで本当に速い。新幹線とは比べものにならないが、最高時速160kmというのもかなり体感できる。

始発の上野駅から乗車。まだ新車のニオイがプンプンしている。昼の時間帯だったので車内はガラガラ、乗車率2割以下かな。上野方面から成田へ向かう場合は、進行方向右側の窓側の席がオススメ。というのは、建設中のスカイツリーが車窓から見えるから。スカイツリーを見るのも初めてだったので初物づくしで興奮してしまった。



車内は広々としていて、特にシートピッチは新幹線(N700系)を1cm上回る1050mmと十分快適。この広さに慣れると飛行機が狭く感じるのがデメリットか(笑)。前席の足元にはコンセントが2つついているので携帯の充電やラップトップPCの使用にも便利。シートはちょっと薄く感じるが座り心地は悪くない。






それで特急券+乗車券を合わせた運賃は2400円とN’EXより低いのだからもうN’EXには乗らないよな。唯一気になったのが、成田での発券体制。上野の自販機では特急券付乗車券を自販機で買えたのだが、成田の自販機はライナー券が買えないものしかなかった。なので、人間の窓口に並ぶことになるのだが、外国人が多いため、他の駅ほどスムーズに列が流れない。こういう場合は、PASMO、SUICAがあれば改札を入ってスカイライナーホームにあるライナー券のみの券売機を利用するとよいでしょう。

本日の1曲 Sheryl Crow「Sign Your Name」

Comments