羽田新国際線ターミナルへママチャリで行ってみる(その1)

早速行ってみました。話題の羽田空港新国際線ターミナル!しかも、家が川崎駅東口側なのでいつかはやってみたいと思っていたママチャリでの空港行き。今まで空港に歩いていったことは、リオデジャネイロと昆明の2回あるが、自転車は初めての挑戦。

さて、天気が不安だったが昼過ぎに出発。まずは川崎から海側へ真っ直ぐ進んで産業道路を目指す。産業道路に出たら北上し、大師橋を渡って多摩川を越え東京都へ入る。ここまで30分弱、意外と楽だ。


橋を渡り終えたところにあるのが羽田神社。せっかくなので写真を撮っておく。少し先には和民の本社ビルが見えるが、そこまで行かず次の信号を右折し、天空橋駅の方へ向かう。ここは空港~川崎・蒲田へのバス路線なので通った記憶がある。


しばらく進むと弁天橋に出て、羽田空港が見えてくる。右側には平和の鳥居が立っている。


ここまで来たらあとは右側の歩道を道なりに進むだけ。10分もこぐと新国際線ターミナルの駐車場が見えてくる。自転車だと、モノレールのルートを大きく変更したことがよく分かる。かつての線路?はすっかり過去の遺物と化してしまったらしい。




↓の標識が見えたら横断歩道を渡ってターミナルを目指す。空港の敷地内に入ると全く自転車の存在が想定されていないので、車に注意!

空港第1・第2ビルへ行く場合は、最後に長いトンネルをくぐったりしなければならないが、新国際線ターミナルはずっと手前にあるので非常に楽
もちろん空港に駐輪場はないが、駐車場はだだっ広いし、隅っこに置いておけば問題ないだろう。




Googleマップで川崎駅からの距離を測ったらちょうど10kmだった。所要時間は約45分。


さて、次回は新国際線ターミナルビル内部の様子をUPします。

本日の1曲 Hall and Oates「Private Eyes」

Comments