2011イタリア旅行番外編: kindle3Gを情報端末として使う

2011年1月1日から11日まで冬休みをイタリアで過ごした。iPhone3GSを持っていったので、「海外パケットし放題」サービスを使えば1日1,480円でローミングで国内と同じように使用できる。しかし、せっかくのバケーション、しばらくネットや日本の情報から距離を置きたいという思いもあってサービスの申込はしなかった。
そして、その代わりに情報端末としての役割を期待したのが、3か月前に購入したKindle3G。実験的な機能(Experimental)という名目ではあるが、ブラウザがあるので世界中どこでも無料で3G接続ができ、インターネットを楽しめるはずだ。

そこで、出国前にしておいたこと
Manage Your Kindleページで
instapaperを”name”@free..comで取れるように設定
念のため接続料上限を0$に設定

InstaperをKindleで見る
たまにWi-fi接続でiPhoneがつながったときなど、しっかり読みたいニュースがあった場合は、とりあえずinstapaperへ送ることで、後でゆっくりKindleで読めるだろう、と考えたわけだ。
しかし、これに関しては失敗。全然ローマ市街のFree Wi-fiなどには接続できず、つながったのは宿だけだったので、イタリア滞在中Kindleでinstapaperを読む機会はなかった。また、Amazon Kindle Supportから来たメールによると、”You can receive this document directly on your Kindle by connecting to a Wi-Fi network. “と書いてあるので、3G接続時はinstapaperの.azwファイルはKindleへは送られないようだ。
※帰国後、バッチリ活用してます!

以下、一応設定方法
InstapaperのAccount SettingsからManage my Kindle settingsをクリック
Send my Unread articles to my Kindleのチェックを入れる
Every ○○部分で頻度を選択
Only if it will contain…で前回からいくつの記事がたまったら送信するか選択
Kindleのメールアドレスを入力。
Manage Your Kindleページに”name”@free.kindle.comの表示がなく、”name”@kindle.comしか出ていなかったのだが、こっちを入力すると、有料3G接続でファイルが送られてしまうかもしれないので注意。
Save Changesボタンをクリック


続いてManage Your KindleページのYour Kindle Approved E-mail List のメアド欄にkindle.keldt@.comを入力し、「Add Address」すると、ListにKindle送信用のアドレスが入るので完了
念のため、Your Personal Document Charge Limit に
Maximum individual charge limit: $ 0.00 を入力。これで課金の心配はない。
Manage Your Kindle

では、ブラウザからYahoo!JAPANやGmail、Facebookなどを見られるか?
これはほぼ問題なし。iPhoneに慣れていると、タッチに反応しないのがすごいフラストレーションだが、Yahoo!JAPANは、日本国内で見るのと同じように見られた。Gmailについては、デフォルトの表示だと厳しいようでinboxから先に進むあたりでよくエラーとなった。しかし、ローディング中にうまくカーソルを移動し、「BASIC HTMLで表示」を選択すれば問題なくメールも確認ができた。あのキーボードでメールを打って送信をするくらいならネカフェに入ったほうがいいので、送信は試していない。Facebookは、エラーが出ることも多かったが何とか使えた、という感じ。

結論から言うと、イタリア(ローマ、アンコーナ、パレルモ)では、ほぼ3G接続に問題なし。メールやニュースチェック程度なら十分(通信料のかからない)情報端末として使える、と言っていいだろう。
「海外パケットし放題」を2週間使ったらKindle3G買えちゃうんだから、ちょっと長いバケーションの機会があったら、Kindle持ってGO!というスタイルはオススメです。(洋書か自炊本、青空文庫限定ですが)分厚い本を持っていく必要もないしね。

本日の1曲 The POLICE「Invisible Sun」

Comments