引っ越しを安く効率的に上げるためのポイント

子どもが家の中を駆けまわるようになったことと、この数カ月で喘息の発作で2回入院をしたため、少し広くて幹線道路から離れたところに引っ越しました。前の家(川崎市川崎区)には2年半くらいお世話になりました。駅からは少し遠いですが、バス停は目の前、コンビニ、マクドナルド50m以内、イトーヨーカドー徒歩5分という、これ以上ないというくらい便利なところだったので、買物などの不便さは引越し後多々感じていますが、便利さと静かな環境はトレードオフの関係なので仕方ないでしょう。

さて、我が家の場合は、来年4月以降の保育園の入園手続きを考えなければならなかったので、引っ越しをすると決めたら1〜2カ月で決めて、手続きをする必要がありましたので、毎週末は物件探しに追われかなり慌ただしかったです。一通り手続きが済んだので、引っ越しを振り返ってみます。

引っ越し見積り
引っ越しの見積りは、一括サイトを利用するのが便利ですが、あまり数が多いとメールの山になってさばくのが大変です。今回学んだいちばん大きなポイントは、電話攻撃を防がなければならないということです。

見積りサイトは、Web上で希望日や人数、家具の数などを入力、選択して送信するので、見積りはメールで来ると思いがちですが、引っ越し業者はガンガン電話をかけてきます。僕の場合、22:45に一括見積りを送信したら、その後すぐに2本電話が入ってきました。(見積り内容を見れば単身者でないことも分かるはずなのに)夜10時過ぎに電話をかけてくるのは勘弁してほしいと感じる人のほうが多いのではないでしょうか。
一括見積りをする際に気をつけたいことは
  • (電話をかけてきてほしくない場合)備考に「連絡は必ずメールにすること、電話をかけてきた会社には依頼しない」、とはっきり書いておく
  • メインのメールアドレスは使わない…相当数のメールが数日にわたって届きます。訪問見積りしかできないという会社には返信をしなかったのですが、それでも5回くらいメールを送ってくるところもありました
  • 早めに動く…年度末は当然ですが、月末も引っ越しは増えます。オーダーが多くなると無理して受注しなくてもよくなるので、値引き幅が少なくなります。週末に引っ越しをする場合は早めに見積りを依頼しておくほうがよいでしょう。
  • 平日のフリー便が安い…僕が見積りを依頼した会社はすべて金曜と土曜で料金に差がありました。その差は少ないところで5,000円、多いところは20,000円にもなりました。休みがとれるのなら平日にするほうがかなりお得です。また、時間指定でも料金差があり、前日に訪問時刻が決まるフリー便にしておくと安上がりです。
といった点でしょうか。一括見積りの結果、予算にあった金額の会社3社に訪問見積りを依頼します。荷物を運ぶのに必要な人員数、段ボール数、トラックの大きさなどは、当然ですが(プロが見るため)ほとんど同じ数字になります。しかし、そこから算出される金額は、各社かなりバラツキがありましたので、面倒でも訪問見積りも3社以上したほうがよいでしょう。やはり有名な会社ほど高い傾向があります。

◆火災保険を解約する
引っ越しについてのチェックリストは数多くありますが、意外ともれているのが火災保険を解約すると(多少ですが)返戻金が返ってくる場合があることです。我が家の場合、保険期間2年で約1年半を残して解約したところ、2年分の保険料の1/6くらいが返ってきました。大した金額にはなりませんが、何かと物入りな転居の際、少しでも返ってくるものがあるとうれしいですね。
不要品の処分
転居の際は、大量の不要品が発生します。ゴミにして捨てるのは最終手段と考え、換金できそうなものは早めに手をつけましょう。手間と時間はかかりますが利益率が高いのはオークションサイトへの出品です。もっとも大物は送料の面で困難ですが…出品したものの例では、液晶テレビ、PC用のTVチューナーは予想よりいいお値段で買い手がつきました。出品するかどうかは、過去の落札価格を調べてみると参考になるでしょう。
次の手段としては、リサイクルショップへ出すこと。ウチは、近くにBOOKOFFスーパーバザールがあったので、かなり持って行きました。リサイクルショップの場合、つけられた値段を受け入れるしかなく、たいていガッカリするレベルですが、値がつかないものでも引き取りはしてくれるので、捨てるつもりのものでもダメモトで持って行ってはどうでしょうか。近くに店舗がない場合は引取り査定をしている業者も利用できます。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

 あとは、不動産屋に勧められる様々なオプションを吟味選択することも節約効果は大きいです。ウチの場合、鍵の交換、防虫・防カビ加工、エアコンクリーニング、消火器設置、インターネット回線工事などを勧められましたが、2つほど選んであとは断りました。インターネット回線の工事は、かなりのキックバックがあるようで引っ越し見積りサイトからも電話がかかってきました。業者による配線工事が必要な場合が多いので、引っ越しが決まったら真っ先に手をつけるべきところですね。

引越に関する情報サイトは数多くありますが、数年に一度あるかないかの転居なので自分向き備忘録的にエントリーしてきました。今後転居する方の助けになれば幸いです。

Comments