ミートアップ with クリス・ギレボー in 東京

常識からはみ出す生き方 ノマドワーカーが贈る「仕事と人生のルール」 」「1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法 」の著者で、AONC主宰者であるクリス・ギレボーさんが東京に来るので、ミートアップに興味ある人いませんか?的なTwitterがLifehacking.jpの堀さんから流れてきたのが数日前。興味あります!とリプライしたら、堀さんから正式に?Facebookイベントでミートアップのご招待をいただきました。ありがとうございます。

4月9日夜、新宿の寿司屋を会場に、クリス含め12名の参加者でミートアップが行われました。参加者は、やはり(濃淡はあり、僕はもちろん淡ですが)ブロガーが多かったです。19時過ぎに堀さんと一緒にクリス・ギレボー登場。当たり前ですが、写真とほとんど変わらない印象でした。

IMG_7864_R

クリスは到着すると、和やかに皆と挨拶を交わし、サインや写真も快くOKしてくれるなど、非常に気さくな人でした。今回は、バリ、香港からLAに帰国する途中で東京に立ち寄ったそうで、昨夜着いて明日には帰国という非常に慌ただしいスケジュール。そんな中、こうした日本の読者と会える機会を持てたことを喜んでいました。そして、ちょうど昨日がクリスの誕生日だったということで、いくつかのプレゼントを受け取り、合掌してサンキューを繰り返していました。

今回は、講演ではなく、堀さんをはじめ以前からクリスと知り合いだった方もいらっしゃったので、特に皆でクリスの話を黙って聞くという雰囲気ではなく、質問がある人は尋ねるし、英語に聞き耳をたてるのに疲れるとそれぞれ近くの人と日本語で話しているような感じ進みました。

IMG_7863_R
サインもしっかりいただきました!

会場が座敷で、途中から隣でサラリーマンが宴会を始めたこともあって、クリスの話をキャッチアップできた部分は多くはないのですが、ブログに関しては、非常にファンとの関係を重視していて、何人サイトに訪れているかという「量」よりも、読者との関係性を築いていくこと=「質」が大事と話していました。読者との関係性を大事にする姿勢は、今日のミートアップでも十二分に伝わりました。

僕は、ブロガー・作家としてのクリスもですが、トラベルハッカーとしての彼に関心を強く持っていたので、最初の著書で書いていた「全ての国連加盟国を訪れる」という目標は達成できたのか?と聞いてみたら、昨年達成したよ!との回答。仕事をしながら数年間で約200国を訪れるというのは本当にすごいバイタリティの持ち主だと改めて驚きました。そして、自分は200近い国に行ってるのに、僕に話を向けて「君は70カ国も旅行したの。そりゃあスゴイ」なんて持ち上げてくれる、誰に対してもいいドライブをかけてくれる人です。

「その中でもっとも印象的な場所はどこでしたか?」と聞いてみました。この質問は、僕がバックパッカー時代に日本に帰って友人に会うたびに、誰もがまず投げかけてくる質問で、長く旅をしていると、そんなの1つに絞れるわけないじゃん、と思っていたものです。クリスの答えは、やはり「1つだけなんか選べない」というもので、旅を通じて似たような思いを持っていたのかなとうれしく思いました。旅ブログを書いていたのは僕も同じなのですが、クリスの場合、書いていることが誰かの役に立つかという視点を持ち始めたことが、読者を増やすターニングポイントになったようです。

新刊もほぼ執筆が終わっていてこの秋には発行の予定だそう。楽しみです。著書でもよく”人の役に立つことをする”ことを強調していましたが、今日、初めて会うことができて、しっかり話に耳を傾けて誠実に回答する姿勢に、それが建前ではなく伝わってきました。次に会うときには、「100%自分が望む人生を生きてるよ」と報告したいという思いを強くしました。

Comments