LightningでGoogleカレンダーが表示されない場合の対処法

自宅・職場ともThunderbird+Lightningでメール&スケジュール管理をしており、LightningはGoogleカレンダーと同期させて使用しているのですが、今朝(10月9日)職場でカレンダーを表示させるとGoogleカレンダーとの同期エラーが出て、カレンダーが真っ白になってしまいました。

medium_2221300134
photo credit: flod via photopin cc

Thunderbirdのアドオンが原因かと調べてみたところ、やはり「Provider for Google Calendar」のアップデート版にバグがあったために同期ができなくなっていました。今朝、このことについてTweetしたら、意外とRTがあったので、対処法をメモしておきます。
※しばらくしてMozillaの「Provider for Google Calendar」アドオンページを見たら、最新版が削除されていましたので、ある期間に自動アップデートがかかってしまった方だけこの現象が発生していると思われます

「Provider for Google Calendar」アドオンのサポートサイト(Googleグループ)に作者(Philipp Kewisch)のお詫びと対処法コメントが出ていましたので、簡単に要約しますと、「10回以上は繰り返しテストしたけど、まだ問題が残っていたので最新版(ver1.0)をモジラのアドオンサイトから削除しました。なるべく早く修正版を出したいと思ってます。既にver1.0をインストールしている場合、カレンダーを再登録すれば直るはずですが、ダメな場合ver0.32にダウングレードしてからカレンダーを再登録してください。ご迷惑をおかけしてスイマセン」とのことでした。
※10月21日追記 翌日にはProvider for Google Calendar ver1.01が出ています。カレンダー登録方法が以前と少し変わっていたので別記事にしました。

僕の場合は、カレンダーの再登録では表示されず、ver0.32にダウングレードして元に戻りましたので、一連の手順を下記します。

手順

  1. Lightningのカレンダー画面で表示されないGoogleカレンダーを選択し削除する
  2. Thunderbirdのツール>アドオンを開く
  3. 拡張機能のProvider for Google Calendarを削除
  4. MozillaのProvider for Google Calendarアドオンのページを開き、バージョン 0.32(10月9日午後現在は最新版になっています)をダウンロード
  5. アドオンマネージャ画面で右上の歯車ボタンをクリックし、「ファイルからアドオンを選択しインストール」を選択
  6. 先ほどダウンロードしたファイル「provider_for_google_calendar-0.32-tb+sm.xpi」を選択し、インストール
  7. Lightningのカレンダー画面に戻り、新しいカレンダーを追加し、最初にGoogleカレンダーを設定した手順でカレンダーを再登録

7. で、新しいカレンダーを作成したけど、Googleカレンダーのどこから何をコピペするんだかすっかり忘れてしまったよ~という僕のような方はmozillaのサポートサイトをご覧ください。

Philippさんには、早く修正版をリリースしてほしいですね。迅速な修正対応ありがとうございました。

Comments