JALサクララウンジ スカイビュー見学&試食をしてきました(2015)

JAL 日本航空

2月7日のJAL見学会レポート、ファーストクラスラウンジに続いてはサクララウンジ スカイビューです。

P2070804

ファーストクラスラウンジからサクララウンジへは、普通にターミナル内の免税店エリアを通って移動しました。羽田国際線サクララウンジは国際線ターミナル本館4F、5Fにありますが、2014年に拡張された新設エリアの5Fに加わったのがスカイビューラウンジです。

P2070677

エントランス右側の壁には早速サクラの絵が。

P2070681

滑走路に面した作りを活かして、飛行機を眺めるという空港ならではの景色が楽しめることと、広々としたスペースにファーストクラスラウンジと同様「モダンジャパニーズ」と「room to room」というコンセプトで作られていることがポイントでしょう。空間デザインは小坂竜氏の手によるものです。

グループでの利用と個人での利用という観点でスペースを大雑把に分けていて、左奥の明るいグリーンでまとめられたスペースは、プライバシーを重視する個人向けのイメージです。ここが飛行機を眺めてくつろぐには最高でしょう。

P2070704

P2070702

P2070707

P2070712

オットマンに足を置いて眺める風景はこんな感じです。

P2070717

その手前のスペースにはバーカウンターがあり、よく見ると「J」の字になっています。壁にはファーストクラスラウンジにあった武田双雲氏の世界地図が拡大され、地図が1つのシンボルとなっています。

P2070727P2070733

ゆったり感はファーストクラスラウンジにもひけをとりません。

P2070739

P2070684P2070686

ここも仕切りは壁ではなく、組み木で向こう側が見えるようになっています。

P2070742P2070744

オブジェなども「和」が感じられるもので統一されています。

P2070692

ダイニングエリアは、温かみのある木を活かした作りで、高級感と家庭的な雰囲気がうまくミックスされています。

P2070750P2070754P2070787P2070767

小物類の配置もよく考えられていて、ホント、絵になります。P2070760

ビュッフェスタイルで食事が提供されます。

P2070784P2070789P2070791

ここも時間がなくなってしまい、食事は味わっていただく余裕がなかったのですが、JALスタッフの方や同行していたマニア(?)オススメのメゾンカイザーの焼きたてパン、JALオリジナルビーフカレー&牛丼ミックスはしっかり味わってきました。美味しい~

P2070794IMG_9881_RIMG_9882_RIMG_9887_R

お酒類も種類豊富。

P2070737

壁には、陶器で作られた桜の花びら、桜色のソフトドリンクマシンもよく見ると「Sakura Lounge」と書いてあったり、細部まで凝っています。

P2070771

P2070780

このダイニングエリアでも、目の前に飛行機を眺めながら食事をとることができます。食事をいただく空間としてはファーストクラスラウンジよりもこちらの方が向いているように思います。

ここに来れば、空港にいくら早く着いても退屈することはないでしょう。JAL国際線を利用する際は、ぜひ搭乗前にラウンジに寄って美味しいお食事とお酒を楽しんでみてください。利用要件はJALウェブサイトにて。

このブログに掲載されている写真は、日本航空株式会社の許可を得ています。



Comments