FacebookのリンクをPocketに一発で保存する方法

iPhoneを使っていてFacebookで流れてくるリンクを後で読みたいときに「投稿を保存する」という機能が昨年追加されましたが、「後で読む」コンテンツは全てPocketに流していきたいという方も多いのではないでしょうか。

いろいろな方法がありますが、いちばん簡単なのはFacebook “Paper“アプリを使うことです。Paperにはデフォルトで”Save to ”の機能がついているので、リンクを開く必要もなく一発でPocketに保存することができます。2015-05-06_10h15_53

PaperはUSマーケットでしか入手できず、当面ワールドワイドに展開する予定もないようですが、幾度の更新を経て現在は日本語の表示、投稿とも問題なく使用できており、僕は、iPhoneのホーム画面にはPaperを置いています。デザイン的にはほとんどFlipboardと同じと言ってよいでしょう。Facebookアプリだとタイムラインが縦に流れますが、Paperだと横に流れるため一つひとつのpostの表示サイズは小さくなるのですが、おかげで読み飛ばしやすくなっています。コレをメリットと見るかデメリットと見るかはFacebookとの付き合い方によるのでしょうが、僕のようにFacebook上で友達が何をしているか毎日チェックするようなタイプでない人、面白そうな情報だけを拾い読みする人はPaper向きではないかと思います。

USマーケットでアプリを入手するためにはUSのApple IDが必要ですが、無料アプリをDLするだけならクレジットカードの登録も不要です。そのあたりの情報はWeb上にたくさん出ているのでググって探してください。

さて、PaperをDLしたらFacebookアカウントを登録し、「Settings」の「Read Later」からPocketを選択するだけでOKです。

IMG_0623_R

IMG_0622_R

IMG_0621_R

リンク付きの記事でページ下部に並んでいる一番右の矢印アイコンをクリックすると”Save to Pocket”が現れるのでクリックすればリンクの記事がPocketに保存されます。

IMG_0620_R

IMG_0619_R

Paperには、Facebookのタイムライン以外にも”Tech”、”Home”、”Planet”などのSectionを追加することで自分の関心のあるコンテンツをキュレーションしてくれる仕組みもありますが、英語の情報しか入ってこないので、僕はほとんど活用していません。Pocket派でUSのApple IDをお持ちの方はぜひ使ってみてください。

IMG_0624_R

Comments