電力自由化になったので電力会社を「Looopでんき」変えてみました

4月1日から始まる電力自由化に伴い、様々な業界から新電力会社が立ち上げられ顧客獲得を始めています。わが家は平日は家を空けていることが多く、電気の消費量は低い方ですが、一連の原発事故対応など東京電力に対するアンチ感もあって新電力会社を試してみることにしました。

23958712813_d92ed62ee1

photo credit: WarningSign via photopin (license)

はじめに

まず、確認したのは、新電力会社にトラブルがあった場合に停電することはないのか?という点です。結論としては、送配電設備は変わらない(東電エリアなら東電)ので、新電力会社の発電量が不足した場合でも、エリアの電力会社が不足分を補うため、停電になったり、供給が不安定になったりすることはない、ということです。どこの会社であれ安心してチェンジしてもよさそうです。

また、現在のわが家のように従量電灯Bを選択している場合、基本料金とkwあたりの従量料金が東電の料金を下回っている限り、実際使ってみたらかえって電気料金が高くなったという心配もなさそうです。

デメリットとして感じているのは、今まで利用してきた「でんき家計簿」が使えなくなることです。コレはグラフで前年との利用状況比較ができるなど、メーター検針時にポストに入っている検針票?をいちいち保管しなくても電気料金に関するデータを一括管理できるので大変便器です。東電ご利用の方はぜひお試しください。

電力会社の選び方

次に考えるのが、様々な新電力会社からどこを選ぶかですが、エネチェンジ価格.comなどの比較サイトを利用するのが簡単でしょう。新電力会社は電気を供給できるエリアが決まっているので、住んでいるところによって使える会社はある程度絞られます。上記サイトでは、まず郵便番号で供給業者を限定し、後は現在の料金プランや使用料(消費電力)、世帯人数、土日・夜間の電気使用状況などいくつかの質問に答えるだけでシミュレーション行われ、お得度などに応じた結果が表示されるので便利です。

選択のポイント

シミュレーションの結果、停電の心配がないのであれば価格、違約金の有無、携帯電話料金など他のサービスの割引、自然エネルギーの利用などが選択のポイントになるでしょう。単純な従量料金制でない場合は、現在の使用状況をしっかり調べてから考えないとかえって料金が高くなるかもしれないので要注意です。

シミュレーションしてがっかりする人も多いかもしれませんが、電気代が2割など大幅に安くなるようなケースはほとんどないのではないかと思います。わが家の場合、シミュレーションで出た結果、割安上位のところでも2500~600円という数字です。年間2500円(割合にして4%弱)くらいだと手続きの手間を考えるとちょっと悩ましいところですが…

どしようかと思っていたところ、3月に入って画期的な業者が現れました。それが「Looopでんき」です。5月31日までの限定で基本料金が0円になります。その分、従量料金はkwあたり26円と東電の19円(120kwまで)と比べれば高いですが、電気を使わなければ、ダイレクトに料金が安くなるというのは非常に分かりやすく、節電意欲も高まります。

でんき家計簿のおかげで簡単にExcelを使って計算ができるので、2年分のシミュレーションをしたところ昨年比で約6,000円、一昨年比では12,000円も安くなるということが分かりました(燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金は計算に含めていないので実際の価格はここまで安くならないでしょう)。ご関心のある方は、基本料金0円なのは5月31日までなのでお早めに手続きされることをオススメします。

手続き

Looopでんきの場合、手続きはWeb上で行います。重要説明事項の確認、同意後、情報を入力しますが、検針票がないと分からない内容がありますのでまずは検針票を用意して進めましょう。検針票からお客様番号などを転記し、続いて契約者に関する情報、支払い(クレジットカード情報)などを入力して手続き終了。

2016-03-21_05h02_22

契約者情報のページで入力したメールアドレス宛に確認メールが届きますのでリンクをクリックし認証を完了します。後日、書類が郵送されるとともに、「マイページ」について利用案内が届くようです。

2016-03-21_06h08_25

まとめ

電力自由化といいますが、大して電気を使っていない家庭においては価格的なインパクトがあまりないなぁと思っていたところ、基本料金0円のLooopでんきの登場は嬉しいサプライズでした。多くの人が、自分の家庭にあった選択肢を調べ、チェンジしていくことで東電などの一般電気事業者にも影響を与えることができるのではないかと期待しています。

Comments