UNITEDマイレージプラスでマイルを失効させないために

この数年は、JALカードをメインカードにしてマイルはJALで貯めているのですが、以前持っていたUNITEDの残マイルが12,000ほどあり、失効しないようキープしています。
気がつくとマイル有効期限が今月末だったのであわてて更新をしたのですが、その際に新たな発見があったのでシェアします。
UNITED
photo credit: N18220 LAX via photopin (license)

マイレージプラスの更新

UNITED航空のマイレージプラスは、JAL、ANAと異なり取得から3年経過すると自動的に失効するわけではなく、18か月(1年半)以内にマイルを使う、あるいは加算することによって有効期間を更新することができます
従って、飛行機を使う機会はさほどないが、せっかく貯めたマイルが3年でゼロになるのは嫌だ、という方にはANAのマイレージ代わりに使うと便利です。というのは、UNITEDとANAはSTAR ALLIANCEメンバーなので相互にマイルの獲得・使用が可能だからです。現在では、UNITEDで貯めたマイルをANA国内線でもANAとほぼ同レートで使うことができるので、3年で特典航空券と交換できるレベルまでANAマイルが貯まりそうにない場合はUNITEDでマイルを貯めるほうがよいでしょう。マイレージプラスの入会はこちらから。

有効期間を延ばすために

上述のとおり、UNITEDのマイレージプラスでは、マイルを使う、あるいは加算することによって有効期間を更新することができるのですが、もっとも簡単な有効期限切れ回避方法は、以下の2つでしょう。
1.提携クレジットカードを作って、ショッピングなどに利用する
2.マイレージプラスモールを利用してショッピングをする
1だと、無料の提携カードはないので、MileagePlus JCBクラシックカードが最安で年会費1,250円ですが、しっかりマイルを貯めて特典航空券を狙うのであれば、MileagePlusセゾンカードにマイルアッププランをつけるのをオススメします。このカードは、年会費6,825円かかりますが、100円で1.5マイルも獲得できるので、ざっくり計算すると1年で67万円分カードで支払いをすることでANAで羽田ー那覇の往復航空券を入手することができます。
今回は、自分のマイル有効期限切れが今月末だったので、2のマイレージプラスモールでショッピングをする方法をとりました。おそらくいちばん汎用性が高いのが楽天での買物でしょう。僕も、とりあえず楽天ブックスでコミック1冊購入して2マイル獲得することで失効を防ぐことにしました。

マイルの付与は2〜3か月後…しかし

楽天ブックスでコミックを買ってこれで安心と思ったのですが、有効期限は今月末。もし、マイル加算反映に時間がかかるようだと失効してしまうのでは…と気になって、確認してみると。
楽天グループについては、どこも「マイルの付与は2〜3か月後」となっています。
間に合わない、失効してしまう、とあわててマイルを購入するなどの対策を探してみたところ、マイレージプラスサイト内に有効期限に関する案内ページを見つけました。
一言で言うと、マイル加算前に有効期限が切れても、一時的にマイルが0になるだけで、有効期限前の利用で獲得したマイル分が反映すれば遡って保有していたマイルが復活し、有効期限が再度18か月延長される、ということです。めでたしめでたし。

まとめ

僕自身、バックパッカー時代は国際線に乗ることが多かったのでUNITEDマイレージプラスをマイル獲得のメインとし、MileagePlusセゾンカードで効率よく貯めていました。一時、ANA特典航空券の交換レートがひどく改悪されたのでJALに鞍替えしたのですが、昨年から交換レートが元の水準に戻り、再びマイラーにとってありがたいプログラムとなりました。
貯めたマイルは特典航空券と交換しないと他のポイントやサービスとの交換では、著しく価値を下げてしまうので、特典航空券と交換できるようになるまで有効期限を延長できるのは非常に嬉しいです。ANA派で飛行機の利用頻度が低い方には、オススメのFFP(Frequent Flyer Program)です。

2016年8月追記

楽天ブックスなどでのショッピングから3か月経ったので、マイル残高の確認にログインしてみたところ、6月1日に一度失効したマイルが8月1日にしっかり復活していました。有効期限も2017年11月まで18か月延長されています。

united Mileage

Comments