【読書メモ】リーディング3.0(本田直之著 東洋経済新報社刊)

レバレッジ・リーディング
」から5年、書籍を取り巻く環境は大きく変化した。それは、電子書籍という形態の問題だけでなく、モバイルデバイス、クラウドサービス、ソーシャル・ネットワークの登場によるインプット・アウトプット手段の多様化も大きな役割を果たしている。

リーディング2.0で、読書の概念がパッシブな”趣味の1つ”からアクティブな”自己投資“へと変わったわけだが、「3.0」でもこの概念は核として不動のものだ。ただ、情報収集としての読書について、環境が5年前とは比較にならないほど便利で効率的なものになっている。だから、様々なツールを使ってレバレッジをかけてさらに大きなリターンを得ようということが「3.0」のポイントだ。著者は、それらのツールを活用できなければ、そのうちパソコンを使えないサラリーマンのように周囲から取り残されるリスクさえあるとまで言っている。

中盤「3.0時代に必要な6つの能力」では、かなりのページをEvernoteの活用法に割いている。それだけ、Evernoteが情報の蓄積、サーチ、シェアに適したツールであるということなのだが、このあたりはたくさん出版されている「緑の象さん印」の専門書を読んでいたら飛ばしてもよい部分。
気になったのが、第5の能力としてあげられている”英語読解力“。著者は、翻訳ツールもかなり精度が上がってきて、スマホ経由で音声同時通訳も実用化しつつある現在でも、まだまだ英語力のブラッシュアップは必要という。
英語でしか入手できない情報として、あげられているのは以下の3つ。
・本にならない情報
・速度が鍵を握る情報
・専門書やニッチな本の情報
情報面でアドバンテージをとるために、意識的にこれらのカテゴリーについては英語ソースを見に行ってみたい

スマホ、kindleの項も、ユーザーにとっては今さら感があるが、Popular Highlightsは使っていなかったので今度試してみたい。

<ポイント>
リーディング3.0「5つのステップ」
1. 良いものを効率的にインプットする
(ツール)RSSリーダー
2. ストックと整理を同時に行う
3. サーチの発達で整理が不要になる
(ツール)Evernote
4. シェアで多くの人とつながる
5. フィードバックで自分の情報に磨きをかける
(ツール)Twitter、Facebook

良質なつぶやきは朝に多いから朝にツイートの発信予約をするなど、著者独自の手法もなるほどというものが惜しみなく紹介されている。リーディングというタイトルではあるが、読書術という枠を超えた本田流のITを活用した情報収集・整理術ともいえる1冊。
レベルの差はあるが、方向性としては自分のやり方もずれていないなと確認できたのは素直にうれしい。

本日の1曲 薬師丸ひろ子「すこしだけやさしく」

日本のゲストハウスに泊まってみる-その1-「toco.」

バックパッカーをしていたときは安宿を次から次へと泊まり歩いていて、少し長く滞在する街ではかなり時間をかけてコスパの高い宿探しをしていたものだが、この数年、日本で地方都市に泊まるときはビジネスホテル利用が多かった。

しかし、日本にもよいゲストハウス・バックパッカーズが次々できているらしいということ、また震災後外国人観光客が激減し、人気の宿も泊まりやすい状況になっていることをTwitter上で知って泊まってみることにした。

旅人時代は1日の予算が少ない長期パッカーで、また夜型でもないので、あまり宿で出会った人と深夜まで飲み続けるというタイプではなかったのだが、それでもただ寝るための場所ではなく、そこでの出会いが楽しめるというのはゲストハウスの大きな魅力だと思っている。神奈川県に住んでいる自分が都内のゲストハウスに泊まる必然は何もないのだが、せっかくなのでどんな雰囲気の宿か、どんな宿泊客がいるのか、またその経営手法についても話を聞いてみたいし…いろんな人とコミュニケーションをとっていきたい。

そんな観点から、じゃあどの宿に行ってみようかと考えたが、やっぱりクチコミ評価の高いところがよいだろうと思い、Twitterでバックパッカーズ情報を発信している@M__Mukaiさんにおすすめの宿を教えてもらった。いくつかあげていただいた中ですごくよさそうに思えたのが入谷に昨年オープンした「toco.」さん。古民家を改築してゲストハウスにしているなんて、いかにもガイジン好み。

しかし、泊まって話を聞いてみると外人宿を目指しているわけではなく、外国人・日本人が半々というのが理想なんだそう。そして、災い転じて福となすと言っては不謹慎かもしれないが、震災前はほとんど外国人だった宿泊客が、現在は理想型に近い状態になっているという。日本人のほうがリピーターになる確率が高いから、経営的にも安定するかも。

さて、妻が出産後の静養のため実家に帰っている間にさっそく予約し、5月13日の金曜日に行ってきた。女将さんの話を聞きたいという図々しいリクエストも快諾していただいた。会社帰りだが、ゲストハウスにスーツで行きたくないので会社にガーメントバッグとラフな普段着を入れて、職場で着替えて退社し、19時過ぎに到着。入谷駅に来たのも初めてだったが、駅からすぐの分かりやすい立地だ。

正面の引き戸を開けるとレセプション兼ドリンクスペース。レセプションがバーカウンターになっている。無駄を排したシンプルなデザイン。このゲストハウス、実は2棟に分かれており、通りに面したレセプション棟と宿泊棟はもともと別の家で、この間、2メートルくらい外を歩くことになる。しかし、このおかげで宿泊棟(古民家)の玄関は裏口として23時以降の夜間出入口に使え、レセプションは深夜は閉めることができる。


宿泊棟は大正時代築の古民家で、ガラス戸の枠に至るまでほとんど木でできている。女将さんが冬の寒さは予想以上だったと言っていたが、それも納得。ま、ひと昔前はどこもそうだったはずなんだけど。

見たところ、1Fに8人ドミとツイン、トリプルが1部屋ずつ。それにキッチン、トイレとシャワーが2つずつにインターネット端末。無線LAN完備なのでベッドでもWiFiが使えるのはうれしい。しかし、日本人のゲストハウス、快適さはどこもこのレベルなのだとすると素晴らしい。広さが不十分なだけはしかたないが、清潔さや雰囲気は安宿のものではない。


2Fは6人ドミと女性用ドミ。他にも部屋あるかもしれないが、最大収容人員は27名とのこと。ゲストハウスに限らず、宿というビジネスは収入の天井が決まっているので、どんなに繁盛しても予想以上に儲かることはない。いかに満室に近づけるかの勝負である。その点では、toco.さんは昨年秋のオープンにも関わらず(震災という想定外のブレーキはあったが)非常に上手くいっているようだ。

運営サイドの自己分析では、ホステルワールドのレビューがよいことが旅行者を呼んでいる、ということだった。宿泊者が皆よいレビューを書いてくれる(つまり満足度が非常に高い)ことが、予想していたよりずっと多かったそうだが、それは迎える側の、”知り合いの家に泊まりにきた”くらいの感覚にしたいというフレンドリーさや「トイレはきれいに」「使った食器は洗って戻そう」といった、共用スペースの多いゲストハウスにつきものの貼り紙はなるべく使わないという姿勢が評価につながっているのだろう。


僕は2Fの6人ドミに宿泊。ベッドは大柄な西洋人でも快適なよう丈夫な材料で大工さんに作ってもらったゆったりサイズ。湿気を逃がすように底がすのこになっているなど細かい工夫もされている。荷物を置いて外で食事を済ませてからドリンクスペースでゲストハウスを始めるきっかけから、現在のいたるまでの経緯、客層、想定外のこと、震災の影響などについて話を聞いて過ごす。意外なのは、バックパッカー友達が集まって始めたわけではないところ。石崎さんはパスポートを持ってないというし、宮嶌さんも特に旅好きではないという。もっとも、彼女の言うとおり旅好きが主人だと、お客さんの話を聞いて自分も出かけたくなってしようがかもしれないw


スタッフやサービスといったソフト面も、古民家という「和」の雰囲気と快適なスペースというハード面、両方とも十分満足のいくものでレビューの評価が高いのもうなずける。外国人だけはなく、地方から東京に来るが、夜は知り合いと飲む予定がないといった日本人にもオススメの宿である。(夜に着いて早朝出たのでいい写真がなくてスイマセン)

最後に、色々なことを教えてくれた女将の宮嶌さんはじめ、石崎さん、桐村さん、(今回は会えなかったが)代表の本間さん、皆25歳と若いのだが、このゲストハウスを始めるにあたっても、国内組、海外組と分かれて相当数の宿をリサーチをしているし、会社形態で起業、運営し、今後の展開も視野にいれつつ実験的なイベントも行うなど経営感覚も持っている。ずっと年下の皆さんだが、いろいろ勉強させてもらった。ありがとうございました。

本日の1曲Daft Punk 「Derezzed」

オクトーバーフェストに見る飲食イベントの成功パターン

先週末、横浜みなとみらいの赤レンガ倉庫で行われている(10/17まで)「オクトーバーフェスト」に行ってきた。

要は、ミュンヘンで開催されるビール祭りを日本に持ってきて、ドイツの地ビールやソーセージ等をみんなで楽しく飲み食いしようというイベントで、毎月、いや毎週のように行われている飲食イベント「○○まつり」と基本形は変わらない。

しかし、このイベント、(今年初めて行ったのだが)酒・料理の単価が高い!だいたい、ドイツ直輸入の生ビールだとビール1杯(500ml)1300円、さらにグラス代のデポジットで1000円とられるので、最初の1杯を飲むのに2300円かかる。最近流行りの300円均一飲み屋なら、2時間飲み食いしていられるかも…という価格設定だ。

その設定でも、写真のように会場は大盛況(もっとも平日の昼間はガタッと客足が落ちるのだろうが)、客単価はこの手のイベントでは圧倒的に高いのではないだろうか?



興行的には大成功であろうこのイベントだが、その場に行ってみて「うまくやってるな」と思ったポイントがいくつかあった。

    1.入場料(200円)を取って、囲い込む
    これによって、よさそうなもの、コストパフォーマンスが高そうなモノがあれば食べて(飲んで)みようという、「いいものが見つかれば得」スタンスから、「せっかく入場料払ったんだから、何かしら頼まないと…」という「何かしら食べないと損」へと心理状態を逆転させている。
    もちろん、入場料を取るからには何かしら、ビジターに提供しなければならない。オクトーバーフェストでも入場料に見合うものとして、無料でドイツの生バンドによる演奏などが提供されている。

    2.非日常性で単価を上げる
    「何かしら頼まないと損」という心理状態にさせてしまえば、高く売れる要素はできている。そこでは、定価が知れているモノ(例えばキリンビール)よりも、高くてもそこでしか飲めない(食べられない)モノに食指がのびる。
    実際、650円のキリンラガービールよりも倍の値段するパウラナーヴァイスなどのほうが断然飲まれている。



    3.十分なテーブル席を確保する
    囲い込み型ならではの手法だが、イベントスペースに十分な席を確保しないと飲食型イベントでは客単価は上がらない。特にビールのように1杯で終わることが少ないものならば、ゆったり飲み食いできる雰囲気が必要だ。

とかく安売りに走ってしまうデフレ日本での商売だが、うまくやればそれなりの客単価を上げることができるな、と再認識したイベントだった。自分のビール代くらいの勉強になったかな(笑)。

本日の1曲 SANTANA「Photograph」

【読書メモ】スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン(カーマイン・ガロ著 日経BP社)

「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」読了。プレゼンに関する本が続いたが、こちらは技術よりも「情熱」が全面に出ている。自分の仕事の1つとして「プレゼンをしなければならない」というレベルと「世界を変えるためにコレを伝えなければならない」とでは、前提が違うのだ。
じゃ、この本に書いてあることが一般的なプレゼンには応用できないかというとそんなことはない。3点ルール、印象的なスライドの作り方、練習の重要さ、デモやゲストを使ってオーディエンスを惹きつけ続けるなどなど、使えるテクニックはたくさんある。
以下は、自分メモとして。

1.計画はアナログでまとめる 箇条書きはNG パワポを開く前にストーリーを作る ヘッドライン、パッションステートメント、3つのキーメッセージ
2.一番大事な問いに答える 聞き手が理解できる言葉で(聞き手の)メリットを伝える 覚えておいてほしいポイントを明確にする そのポイントを繰り返し取り上げる
3.救世主的な目的意識を持つ 自分が売ろうとしているのは本当のところなんなのだ?を自問する 自分だけのパッションステートメントを作る 情熱のないところに感動は生まれない
4.ツイッターのようなヘッドラインを持つ 「1000曲をポケットに」
5.ロードマップを描く 3点ルール 聞き手が知ってほしいポイントを全てリストアップ→主要メッセージが3つになるまで絞り込む
6.敵役を導入する 聞き手が痛みを感じる部分に問題を提起→なぜこれが必要なのか
7.正義の味方を登場させる 痛みを感じるポイントに対して自分がどのような形でその痛みをやわらげるのかを説明

8.禅の心で伝える シンプルなスライドで話に集中させる 画像や写真の活用
9.数字をドレスアップする 数字にアナロジーの化粧を施し意味を持たせる→聞き手の暮らしの中で意味のある数字に置き換える
10.「びっくりするほどキレがいい」言葉を使う ジャーゴンを省きシンプルに&具体的に&感情的に
11.ステージを共有する メディア・顧客の評価を紹介する 社員やパートナーへの感謝を伝える
12.小道具を上手に使う デモを心の底から楽しむ→全力でなければ伝わらない
13.「うっそー」な瞬間を演出する 感動の瞬間を演出する

14.存在感の出し方を身につける 体の使い方(アイコンタクト、開いた姿勢、手ぶり)+しゃべり方(抑揚、間、スピード) 
15.簡単そうに見せる プレゼンの天才の裏にはひたすら練習 体が覚えるまで繰り返す 自分のプレゼンを録画してみるのが有効
16.目的にあった服装をする 優れたリーダーは他の人より少しだけいい服を着る
17.台本を捨てる 5つのステップ:パワポのノートにしゃべる内容を書く→台本のキーワードをハイライトしてプレゼンの練習→キーワードを残して台本を削除→スライドごとに1つのキーアイデアを頭に叩き込む→メモなし、スライドのみをプロンプターとしてプレゼン全体を練習 
18.楽しむ インフォテイメント 小さなことを気に病まない 失敗してもあやまらない 周りが気づいてなければ触れずに進めればいい

「大志」を持つ人間の情熱は伝染していく、テクニック以前に「熱」を持っているか、そして妥協なく「伝える」ための努力をしているか、がプレゼン成功の鍵といえるだろう。1サラリーマンのプレゼンというよりも、政治家の演説などのほうが応用の余地が多そうだが、読み物としても事例が豊富で面白い。

本日の1曲 Elvis Costello 「Alison」


阿修羅像の稼ぎ

11月23日、興福寺で行われていた特別展「興福寺国宝特別公開2009 -お堂でみる阿修羅-」が終了し、一連の阿修羅像イベントが終了。来場者は25万人を超え、東京国立博物館と九州国立博物館の来館者を合算すると1年で191万人がこの仏像を見にきたことになる。おそらく日本で一番人気のある仏像といえるのではないだろうか。
僕も、先々週の週末に興福寺に行ってきたが、90分待ちの大行列。仏像ブームといわれるが、奈良でこれだけの人出とは思っていなかった。この阿修羅像を含む八部衆・十大弟子像はそれだけの魅力がある素晴らしい仏像だとは思うけど…日本人は、つくづく乗せられやすい民族だなぁという気持ちのほうが強い。
isan_photo02


阿修羅展の入場料は大人一般1,500円、単純に入場者数をかけると、約28億円、2008年の興収No.1映画である「崖の上のポニョ」が収入155億なのでその約1/5。全国で公開されている映画と比べてもかなりの数字、しかも仏像の展示は制作費がかかっていないのだから映画よりかなり粗利は高いはず。興福寺は平成27年の中金堂再建完成を目指しており、そのために60億円の費用が必要と見積もっている。阿修羅像はその資金調達のためにもしばらく特別展続きになるのではないだろうか?
本来信仰の対象である仏像が日本全国特別展続きという状況になるのはちょっと複雑な心境。

本日の1曲 Paul McCartney「Band On The Run」

Impression Management

昨日、代官山アドレスタワーで行われた大森ひとみ先生「外見力」養成講座に参加。
大森先生はニューヨークでColorist, image consultantの資格を取得され、現在はAICI国際イメージコンサルタント協会東京支部の会長も務められている斯界の第一人者だ。
自分自身、どちらかというと第一印象で得をしてきたタイプだと思っているし、仕事柄その重要性は同年代の男性よりは強く感じているつもりだが、先生の話を聞いてもっと外見力に磨きをかけなければと思いを新たにした。
CommunicationにおいてNon-verbalな部分が占める役割が圧倒的に多いというのは、大学の講義でも、外国人とのコミュニケーションという実体験を通じても周知のことだったが、統計上、外見力が高い人が平均年収も高いことまでは知らなかった[:たらーっ:]

恐るべし、外見の持つパワー

後半はパーソナルカラーについてのお話が中心。パーソナルカラーなんてオシャレな人しか気にしないんじゃないの、と思っていたが、実はこれを知っているとコーディネートに頭を悩ませなくていいので、かえって服装にこだわらない人の方がメリットが大きいといえる。お話された鵜居先生もエネルギッシュな印象を与える、といった外見力的なポイントに加え、服やネクタイをそろえる費用、コーディネートにかける時間の節約になるという実利面でのメリットも強調されていた。

仕事絡みで参加したため、講義の前後で先生方にご挨拶してお話を伺う機会もいただけたのだが、先生の診断によると私のパーソナルカラーはSummer。クールなブルー系は好きだからいいのだが、もう一つ好きな色であるオレンジは苦手なのだとか…似合ってなかったのかなぁ[:ムニョムニョ:]

以下に大森先生の著作をご紹介
男の仕事は外見力で決まる
男の仕事は外見力で決まる
大森 ひとみ

先生は現在、男性向けの新刊を執筆中とのことでした。出版されたらまたご紹介します。

本日の1曲 The Corrs「Queen Of Hollywood」

Try and Error

先日も述べたとおり、今月新しい仕事に就いてからは、基本的に結果を出すために自分で考えて動く日々を送っている。
しかし、(誰でもそうだろうが)やっぱり飛び込み営業をして受付や電話段階で断られ、何も物事が進まないのは精神的に消耗が大きい(なんていってるうちは営業マン失格なのかもしれないが…)[:ポロリ:]
何とかこの精度を上げていかなければ毎日同じことの繰り返しで「出会い頭」以外で結果を出すことは難しそうだ。
僕自身の考え方としては(ずっと営業をやってきた方には怒られるかもしれないが)1%の「出会い頭成約」を求めて1日100訪する気にはなれない。
だったら、行先と対応者(受付、代表電話を取る方)から担当者へつないでもらう精度を高めていく方法を考えなくちゃならない。
今は全てが経験というつもりだからTry and Errorの精神で、明日はこんな風に話をしてみようとか、こう言われたらこう食い下がってみようといった工夫を積み重ねていく時期なのだろう。
早く突破口を見出さねば[:ノーノー:]

本日の1曲 Billy Joel「My Life」