成年後見制度説明会で学んだこと

近くの図書館で成年後見制度について司法書士による説明会があったので参加してみました。(財産はありませんが…)両親もけっこうな年齢になり、高齢者を狙った怪しいリフォームなどの営業を受けているようなので詐欺に引っかかる前に防衛策を取っておいたほうがいいかなという軽い動機で行ってみました。
僕は、一応、法学部を出ているので後見人という概念自体は理解していたのですが、実際にお話をうかがってみると、そうそう簡単に利用できるものでもないなと実感しました。僕が当初思っていたイメージとそのギャップについて書いてみました。

27571404903_76e5fc769b
photo credit: Visual Content Legal Real Estate Transactions – Banner via photopin (license)
続きを読む

ヨドバシカメラの「エクストリームサービス」が開始、早速使ってみた

9月15日からヨドバシカメラで、東京23区内など地域限定で自社の配送システムによって最短2時間半で商品を届ける「エクストリームサービス」が開始される、という記事を発見。
早速、都内の職場用にDVD-Rを頼んでみました。
続きを読む

電力自由化になったので電力会社を「Looopでんき」変えてみました

4月1日から始まる電力自由化に伴い、様々な業界から新電力会社が立ち上げられ顧客獲得を始めています。わが家は平日は家を空けていることが多く、電気の消費量は低い方ですが、一連の原発事故対応など東京電力に対するアンチ感もあって新電力会社を試してみることにしました。

23958712813_d92ed62ee1

photo credit: WarningSign via photopin (license) 続きを読む

【4月30日まで】ニュージーランド航空75周年記念割引中!東京-オークランド 75,000円~

ニュージーランド航空が就航75周年を記念して、4月30日(木)までの1週間限定で割引運賃を販売します。

75周年ということで、何と最安75,000円 (燃油サーチャージ・諸税込み)でオークランド往復ができてしまいます。クライストチャーチに行く場合は追加運賃15,000円でOK。

<就航75周年記念割引運賃>
東京-オークランド往復 総額 75,000円*~ (燃油サーチャージ・諸税込み)

ネックなのが旅行期間で、最低2週間は滞在しなければこの運賃適用にならないようです。

<旅行期間>
出発 2015年6月27日(土)~7月7日(火)
帰国 2015年7月21日(火)~7月31日(金)

条件に合う方はぜひこの機会に冬のニュージーランドへ行ってみてはいかがでしょうか。座席数限定なので、お早めのご予約をオススメします。

ちなみに東京-オークランド路線はB787-9型機で運航されていますので、最新鋭機で空の旅が楽しめます。スカイカウチというユニークな座席もあり、コチラも75周年記念割引中です。2週間休みがとれたらなぁ…

EVERNOTE プレミアムパックを安く買う方法(4月14日までキャンペーン中)

EVERNOTEプレミアムを割安に使う手段として、円高のときはUSサイトで購入するなどの方法がありましたが、大幅円安になってしまった現在では、反対にいつ日本価格の見直しがあるか気になるくらいです。(USでは45$/年なので、現在の為替レートでは約5,500円になってしまいます)

続きを読む

2012年かなまら祭りに行ってきました(まとめ付)

昨年に引き続き川崎金山神社で行われる「かなまら祭り」に行ってきました。といっても、今年は休日出勤だったので神輿が出るところで失礼せざるをえませんでしたが…

実は、私にとっては地元の祭りなので事前にスケジュールなど情報を仕入れることができるのです。昨年は、震災後で神輿が自粛になったのかと思ってましたが、神社の氏子の方にお話を聞くと「神事なので自粛するつもりはなかったが、警察が出動できなかった(東北に人員を割いた?)ために行わなかった」そうです。

さて、私は妻子と一緒に10時過ぎに金山神社に行ったのですが、昨年とは比べものにならない人出。すでに境内に入るのも難しい状態です。関係者によると例年の2倍くらいいるのでは?という話、年々見に来る人が多くなっているようです。




そして、驚くのは外国人観光客の多さ!3割くらいは外国人と思われます。海外ではこの祭り「Utamaro Festival」と呼ばれているそうですが…それにしてもどこで情報を仕入れるのか???




例年通りコスプレイヤーも多く、こんな交通整理のお兄さんもいました。


11時から神輿が出るのですが、時間がなくその前に川崎大師駅から出勤。

後の様子は、妻とその友人から聞き、いくつかブログも見てましたが、かなりやばいバットマンが注目だったようです。また、ち○こ飴や、ま○こ飴を10本くらい買っていく外国人もけっこういたとか。妻は、ま○こ飴を見つけた欧米系の女の子に「Is that pussy?」と聞かれ困ったそうです(笑)。

せっかくなので、NAVERまとめを使って記事をキュレーションしてみました。やっぱりバットマンはヤバイ。



本日の1曲 KISS「Crazy Crazy Night」

ダライ・ラマ法王による東日本大震災四十九日特別慰霊法要

4月29日東京護国寺でダライ・ラマ14世を導師にお迎えしての「東日本大震災四十九日特別慰霊法要」が行われた。
僕は、かなりチベット関係のニュースはひっかかるように網を張ってるつもりだが、公式にネット上で発表されたのはかなり直前だったように思う(10日くらい?)。


それでも、20分前に護国寺に着くとセキュリティチェックまで長蛇の列。改めてダライ・ラマ法王の人気ぶり?を認識。列並んでいるのは、普通の人が大半だが、中には在日チベット人、僧侶、いかにもなチベットフリーク?の姿も見える。


14時を回ったが、まだセキュリティチェックに着かない。列から大きなカメラを持ったプレス集団が境内へ足早に駆けていくのが見え、ちょっと慌てる。14時ちょっと過ぎにセキュリティチェックを終え、境内への階段を上がっていく途中で法王猊下のご入場となり、しばらく列を止められる。階段の一方を空けるように指示されたので法王猊下がいらっしゃるのかと思ったら、階段を登ってきたのは横綱白鵬だった。チベット仏教を信奉するモンゴルつながりで招かれたのだろうか…

法王猊下は階段ではなく、脇の車道からお車でいらっしゃった。列からちょっとだけお姿が見えた。そのまま入堂。我ら参拝者もしばらくして境内への入場を許可された。パイプイスは用意されていたがこの時点で満席、ほとんどの人は立ち見となった。在日チベット人は席が用意されていた。チベットの民族衣装を着ている人もけっこう多い。なお、報道によるとこの法要には4200人が参加したらしい。

境内には、堂内の様子が見えるように大型モニターが4つくらい置かれている。14:15頃ダライ・ラマ法王日本代表部事務所ラクパ・ツォコ代表の挨拶。このたびの震災に対し、法王猊下が大いに心を痛められ、日本の犠牲者、被災者ために今まで行ってきた活動について、そして今回の四十九日法要が予定されていたアメリカでのツアーへの出発日を1日早め、そのトランジット中に日本で猊下自身が参加できないかとリクエスト、調整した結果実現したことなどが説明された。猊下は28日、日本に到着されここ護国寺で既に一度お祈りを捧げられ、本日の法要に臨まれているとのことだ。


法王猊下が3回五体投地をされてから中心に座し、左側にチベット人僧侶、右側に日本人僧侶が並び読経が始まった。まずはチベット人僧侶による読経。我々には分からないが、在日チベット人たちはかなり多くが配布されたチベット語のお経を一緒に唱えたり、目で追ったりしている。若い子でもチベット語がちゃんと読めるようなので、自分たちの文化を継承させていこうという彼らの姿勢が見て取れる。五体投地をなさるときや、高い座に座る際の猊下を見るとやはりお年を感じる。

30~40分チベット読経が続き、日本の僧侶による般若心経の番になる。般若心経が3回繰り返された後、別のお経が何回か唱えられ法要は終了。読経中は、参列者が焼香するのだが、参列者の数が多く、僕らの周囲までは回ってこなかった。


続いて、護国寺ご住職岡本永司師、総持寺貫主江川辰三師らの挨拶に続いて、法王猊下のスピーチが始まった。全文訳は「宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会」ウェブサイトに掲載されているのでご覧ください。

法王猊下は宗教指導者でありながら威厳とは違った明るく温かいオーラをお持ちで、それは、多くの犠牲者への法要という場でも変わることはなかった。その雰囲気自体が「いつまでも沈んでいないで前を向いて進みなさい」というメッセージのように思える。
法王猊下のスピーチ途中あたりから雨が降ってきて、一時かなり激しくなったのだが、全てのセレモニーが終わりご退場になるときには見事に雨が止んでいた。その場にいる皆、偶然とは思えない…と語っていた。


法王猊下はご退場の際も、参列者の間を2度通ってお帰りになり「ママ、ぼく、ダライラマに触ったよ!」という子どもの声も響いていた。困難な状況ではあるが、生き残った者はその困難を乗り越えることでさらに自らを高めていく。日本人はそれができるという自信を失うことはない、という力強いメッセージを胸に法王猊下をお見送りし護国寺を後にした。


↓の再生ボタンをクリックするとダライラマ法王のスピーチ(英語部分と日本語訳)を聴けます。



本日の1曲 Evanescence「Before the Dawn」