羽田新国際線ターミナルへママチャリで行ってみる(その2)

前回、ママチャリで羽田新国際線ターミナルに行ったところまで書いたが、その後blogに手が伸びず1週間遅れとなってしまった。

ニュースでも散々報道されているようなので、紹介記事というわけでもないし、細かいことを書いても仕方がないと思う…というわけで印象まで。

2Fは到着階で京急が乗り入れ、3階がモノレール乗り入れの出発階になっている。確かに電車を降りてからチェックインカウンターまでの距離は近くて楽だろう。
まだ本格的に国際線フライトが始まっていないので、出発便モニターには近距離便とチャーター便ばかり。




カウンターも閑散としている。天井から下げられた”Fly To The World“のフラッグが印象的だ。






しかし、人は多い。平日だったこともあり、一眼レフを持って写真を撮っていたのは僕を含めほんの数人だったが、年配者が多かった。恐らくは旅客ではなく、見学者なのだろう、おかげで4F江戸小路の店はどこも列ができていた。しかし、報道で取り上げられていたこの江戸小路も、実際見てみるとさほど記事で見た写真の印象ほど大きくはなく、やや拍子抜け。






5FはTOKYO POP TOWNとうことでジブリグッズが並んだ日テレの店などがあった。プラネタリウム&カフェなどもあるようだが、混んでいるので店には全く入らず、展望デッキへ出る。




ゲートに横付けされているのがAir Chinaだったりするところが国際線ターミナルらしさ。ただ、シップの数は少ない。真正面の滑走路には次々と飛行機が着陸していくが、それらは皆、第1・第2ターミナルへ向かっていく。ま、本格的な運用は11月以降なので、その頃にはだいぶ(見学者ではない)旅客で賑わうことだろう。








正直なところ、報道が過熱気味で、実際のターミナル自体は規模も小さく、それほど騒ぐようなもんでもないと思うのだが…あぁ見学じゃなくて、早くここからどこかへ飛び立ちたいなぁ。




v




本日の1曲 RUSH「Presto」

円高を活かす(その1)

8月から円が1USDが85円を上回らない円高の状況が続いている。輸出産業を抱える日本にとっては経済的にマイナス材料な訳だが、消費者としては、当然この機会に円高メリットを活かしてお金を有効活用したい。

で、何に使うか考えてみる…もちろん海外旅行に行くのがいちばん手っ取り早いのだが、夏休みも終わったこの時期、いろいろな制約があるのでそう簡単には出かけられない。

では、外国製品の買物…まずはAmazonのKindleがほしい。最近、第3世代が発売になり、日本語対応も行われたので、これは「買い」。もっとも、Kindle Storeで日本語の書籍を扱うようになればamazon.co.jpで送料なしで買えるようになるのだろうから、英語の書籍を全く読まない人は今買う必要はないだろう。

電子書籍リーダーとしての使い道しかなければ、139USDのWi-Fi接続のみ版でよいだろうが、webブラウザとしても使えるし、Twitterとの連動もあるようなので189USD出しても3G+Wi-Fi版のほうがいいような気がする。

いつからか、amazon.comでは、注文を確定する時点で日本円での決済を選択できるようになっていて、日本円の(購入金額+送料+関税の)総合計を見ることができるので、amazon.co.jpで買物をするのとあまり変わらない感覚で購入できる。その時点での為替レートも確認できる。レートは一般の為替レートに3円くらい上乗せされている感じ。もちろん、ドルで購入することも可能。

ドルで買物する機会が年に数回ある人はSBIカードを作って、SBI住信ネット銀行のドル口座を決済に使用することで手数料なしでドル引き落としが可能なので、円高メリットを活かしてまとまった金額をドル預金しておくのも資産の有効活用になる。

—9/9追記
SBIネット銀行の口座を現在持っておらず、ブログ、ウェブサイトを持っている方はTrafficgateの【サイトオーナー様向けプロモーション】を利用すると750円の報酬が入ります。





第1回は、Kindle購入でした。このテーマでいくつか考えてみよう。

—10/2追記
SBIカードのドル決済について、別ポストで注意書きしました。

本日の1曲 Mr.Children 「Tomorrow never knows 」

新スカイライナー初乗車

7月17日にスタートした成田スカイアクセス線の新スカイライナーに早速乗車する機会があった。残念ながら、成田から出国~ではなく、仕事のアポイントというのがちょっと悲しいが…

ややこしい、というか自分も理解していなかったのが、「スカイアクセス」という名称は新スカイライナーのことではなく、京成高砂から成田空港を結ぶ京成の新線の名称だということ。なので、スカイアクセスにはスカイライナー以外の電車も走っている。
さらに(千葉方面に全く詳しくないので知らなかったが)その途中駅である印旛日本医大までは既存の北総線というラインを使っているということだ。どうりで、線路や架線が真新しく見えなかったわけだ。スカイライナー用専用線を新設した京成は太っ腹だなぁ、と感心していた自分がアホだ。

さて、この新スカイライナーの登場で日暮里~成田空港間が36分で結ばれることになった。従来のスカイライナーから15分の短縮。36分というのは東京駅から千葉駅まで総武線で行くのよりずっと早い。実際に乗っているとウトウトとする間もないくらいで本当に速い。新幹線とは比べものにならないが、最高時速160kmというのもかなり体感できる。

始発の上野駅から乗車。まだ新車のニオイがプンプンしている。昼の時間帯だったので車内はガラガラ、乗車率2割以下かな。上野方面から成田へ向かう場合は、進行方向右側の窓側の席がオススメ。というのは、建設中のスカイツリーが車窓から見えるから。スカイツリーを見るのも初めてだったので初物づくしで興奮してしまった。



車内は広々としていて、特にシートピッチは新幹線(N700系)を1cm上回る1050mmと十分快適。この広さに慣れると飛行機が狭く感じるのがデメリットか(笑)。前席の足元にはコンセントが2つついているので携帯の充電やラップトップPCの使用にも便利。シートはちょっと薄く感じるが座り心地は悪くない。






それで特急券+乗車券を合わせた運賃は2400円とN’EXより低いのだからもうN’EXには乗らないよな。唯一気になったのが、成田での発券体制。上野の自販機では特急券付乗車券を自販機で買えたのだが、成田の自販機はライナー券が買えないものしかなかった。なので、人間の窓口に並ぶことになるのだが、外国人が多いため、他の駅ほどスムーズに列が流れない。こういう場合は、PASMO、SUICAがあれば改札を入ってスカイライナーホームにあるライナー券のみの券売機を利用するとよいでしょう。

本日の1曲 Sheryl Crow「Sign Your Name」

木村剛の罪は2つ

日本振興銀行元社長の木村剛が検査忌避の容疑で逮捕された。東大出身で日銀で活躍、その後、小泉政権時代は竹中平蔵・元金融相のブレーンを務めた金融界のみならず広く名を知られた人物だ。

彼がこの3月に出版した『「ビジネス」の発想法』(ナレッジフォア)を先月読んだばかりだったので、このニュースへのショックと彼がこの本で書いていたことは何だったのかという失望感はひときわ大きかった。

著者はこの本で、経済学という理論の世界で生きてきた自分が日銀を退職し起業し、当初全くお客を獲得することができず、資金繰りで眠れない日々を過ごし経営者にしかわからない孤独や悩みを経験したことを通して、たどり着いた経営者としてのビジネスの発想について語っている。
この本の中で繰り返し述べているのが、「ビジネスの世界は意志と情熱の世界であって理屈や勝算の世界ではない」「経営者を支えるのは夢や理念があって、カネではない、命を賭けるだけの真剣さで考えぬいて突破口を見つける」「会社のミッションは、ビジネスの中身が社会的に正しいこと、それを社会が本当に求めていること、他の人よりも自分がやった方が適切なものになること」といった、この華々しいキャリアの人が書いたとは思えない泥臭い内容だったので、強く感銘を受けた。読後は、起業を考えている人に必要なのは「事業計画書の作り方」みたいな本ではなく、この本なのだ、と思った。

しかし、その後での今回の逮捕騒動。破綻への経緯等は伊藤博敏氏の「ニュースの深層」に詳しいが、一読者としては本当にガッカリした。彼は、カネのために道を踏み外したというわけではないのだろうが、結局は中身が社会的に正しいこと、とはいえないビジネスに手を染めてしまった。

この本を読んだ人は誰もがこう思うだろう。「アンタが書いたことはなんだったの?自分がリスペクトされそうな建前を綴っただけ?

多くのビジネス書を書く人(実際のところ多くは口述をライターが本の体裁にしているだけだと思うが)が、どれほどの気持ちを込めて書いているのか信用できなくできなくなってきた。彼の罪は、銀行法違反というものだけでなく、ビジネス書への信用を失わせるという側面もあるはずだ。

本日の1曲 STING「She’s Too Good For Me」(Symphonicities version)

一応。本の紹介もしておきます。

想像以上だったバンコク騒乱

5月19日の警察、軍による強制排除でバンコク市内の赤シャツ隊(反独裁民主統一戦線:UDD)は占拠終結を宣言し、デモは鎮圧されたが、この数日間で死者40人以上、セントラル・ワールドをはじめ、各地でデモ隊による放火が行われるなど、想像以上の被害が出た。
もともとタイはよくデモ(というかのんびりした座り込み抗議)が行われるところだが、デモに参加する人たちも治安部隊も慣れているのか、現場に行ってもあまり緊張感を感じることはなかったので、今回も甘く見ていたのだが、かなり様子が違ったようだ。

とはいっても、強制排除から2週間前の6日にサイアムセンター前からラチャプラソン交差点の先(BTSチットロム駅)あたりまでのスクンビット通デモ隊占拠エリア見物に行ったときは、いつものノンビリデモの様相で、昼間は参加者の多くがBTS高架下にゴザを敷いて昼寝をしたり、ご飯を作ったり、カメラを向けるとポーズをとったりと、「そこにいること」が抗議行動という雰囲気だった。ラチャプラソン交差点に設けられた特設ステージには(外国メディア向けのためか)英語で「PEACEFUL PROTESTERS, NOT TERRORIST」と書かれた横断幕がかけられ、ステージ上では演説やコンサートが行われていた。
以下、現場の写真。このエリアにはほとんど外国人観光客は入っていなかった。

サイアムセンター前のバリケード

サイアムセンター前のバリケード


BTS駅への階段も占拠

BTS駅への階段も占拠


赤シャツ隊会員証をその場で発行中

赤シャツ隊会員証をその場で発行中


笑顔の赤シャツ隊員

笑顔の赤シャツ隊員

 

生活者-その1-

生活者-その1-

 

生活者-その2-

生活者-その2-

 

炊き出しを受ける赤シャツ隊員

炊き出しを受ける赤シャツ隊員

 

犬も赤シャツ隊員

犬も赤シャツ隊員

 

デモ中とは思えないくつろぎ

デモ中とは思えないくつろぎ

 

ラチャプラソン交差点特設ステージ-その1-

ラチャプラソン交差点特設ステージ-その1-

 

ラチャプラソン交差点特設ステージ-その2-

ラチャプラソン交差点特設ステージ-その2-

 

赤シャツ隊入会申込書

赤シャツ隊入会申込書

 

赤シャツ隊ブローシャー兼FAQ(タイ・英語)

赤シャツ隊ブローシャー兼FAQ(タイ・英語)

 

現地で販売していた赤シャツ(100B)

現地で販売していた赤シャツ(100B)




(写真の撮影モードダイヤルがずれていたらしく、明るいところで撮影したものが全然ダメだった…T T)
赤シャツ隊の中にも、のんびり派だけではなく過激派・武装派がかなりいたということなのだろうが、これからはタイのデモを甘く見てはいけないなと痛感。

犠牲になった方々の冥福と被害にあった人、店等の回復を祈って。

本日の1曲 The Beatles「A Day In The Life」

25 anniversary of internet

2010年3月15日は最初の.comドメインが登録されてから25年目にあたる日で、BBCではインターネット誕生25年と表現していた。世界で初めてドメイン登録をしたのは「Symbolics Computers」というところで、1985年にはトータル6社の登録しかなかったそうだ。それが、現在では毎月668,000もの.comが作られているという。

しかし、今、Symbolics Computers.comをアドレスバーで叩いてみたけど、Googleの検索画面しか出てこない…この会社は25歳の誕生日を迎えられなかったのか?

あと、BBCのworld business newsでは、GoogleのEric Schmidtのインタビューもやっていて、第4世代インターネットについて語っていて、第4世代におけるビデオ会議の普及を予想している。これは全く驚きではないけど…
Googleとしては、(翻訳技術の向上によって)インターネットを通じて言語の壁を超え世界中の人をつなげることに力をいれたいようだ。Google Voiceでの音声認識の精度向上やGoogle Gogglesとしてアイデアは実現に向け推進されているが、街中で見かけるあらゆるものを、その場で翻訳を含め発信できることを考えているみたい。
Google Translateも対英語は徐々に良くなってきているように思うが、日本語→リトアニア語みたいな対英語でないパターンだとギブアップして、そのまま単語が出てくることが多くまだまだの印象。英語ネイティブでない我々にはうれしい話なので、がんばってほしい。

本日の1曲 Arcadia「The Promise」

ダライ・ラマ法王が長野 善光寺へ

昨日、友人から聞いて知ったのだが、ダライ・ラマ法王が6月に来日し、善光寺を訪問、20日には長野市内で講演を行うそうだ。
昨年末に発表されていたようだが、そのとき日本にいなかったので、気づかなかったらしい。遅ればせながら、調べてみると、チケットは今月1日から発売されていて、すでにあまり残ってなさそう。行くなら早く決めなければ…

法王睨下は善光寺の寺務総長(事務総長じゃないんだなぁ)と昨年都内で会談し、善光寺がチベット問題への憂慮を理由として北京五輪聖火リレーの出発地を辞退したことへ感謝され、お礼の品として釈迦如来坐像を差し上げたそうだ。今回の招聘もそのときに話し合われたのだろう。なお、法王猊下から贈られた仏像は来日より一足早く、6日から善光寺で一般公開されている。

また、近いところでは4月2日に四谷で石濱裕美子先生とダライ・ラマ法王デリー事務所代表のテンパ・ツェリン氏による「チベット近況報告 ~チベットの歴史と近況~」と題された報告会が開催される。プログラムによると、ツェリン氏からは、去る2月に行われた1年3ヶ月ぶりの中国とダライ・ラマ法王特使による対話の全貌の報告も行われるようなので興味深い。

本日の1曲Daft Punk「ONE MORE TIME」

ハイチ地震への支援方法

ハイチ地震の犠牲者は数万人レベルに達していることが確実な情勢で、治安の悪化や衛生状態も心配される。
カリブ海の島国の人たちに対して私たちができることといったらやはり募金。今まで日本では災害支援というと古着や毛布(といった懐のあまり痛まないもので)の雰囲気があったが、だいぶ変わってきたように感じる。

ポイント利用を含む簡単な方法で募金が可能になっているようなので、いくつかご紹介。
1.Yahoo!ボランティア Yahoo!ポイントでの募金、壁紙ダウンロードによる500円単位での募金が可能(要Yahoo!ウォレット) 日本赤十字社へ
2.@nifty Web募金  壁紙ダウンロードによる500円単位での募金 国境なき医師団へ
3.iTunes iTunes Storeから 米国赤十字社へ
4.はてな義援金窓口 はてなポイントでの募金 日本赤十字社へ
5.So-net ハイチ地震被害救援金 So-netポイントでの募金 日本赤十字社へ
6.イーバンク銀行 イーバンク口座があれば手数料無料 日本赤十字社へ

僕はiTunesカードの余りを使おうと思ったのですが、米国赤十字社行きというのが(アメリカで集められた募金としてカウントされるだろうから)イヤだったので、郵便局から日赤へ送金してきました。
しかし、地震大国日本からの支援部隊の出動の遅さは毎度あきれる。初動が大事なことは百も承知なのだろうがGOを出せない行政トップがいるんだろうな。

本日の1曲 Mr.Children「GIFT」