SPGアメックスカードへ切り替えました

この数年、クレジットカードは、JALカードにショッピングマイル・プレミアムをつけて、1円=1マイルで運用し、だいたい1年に2万マイルくらいを貯めていました。最近、いくつかのブログを見ていて、今まで考えたこともなかったビジネスクラス搭乗が意外と大したことではないことに気づき(笑)、来年末までに家族でビジネスクラスの旅に出ることをめざし、積極的なマイル戦略を立てていくことにしました。

その第一弾として選んだのが、メインカードのSPGアメックスへの変更です。
20161023172950
続きを読む

JAL「どこかにマイル」を使う前に知っておきたいこと

昨年からスタートしたJALの「どこかにマイル」。「どこかに参る」のシャレだったんですね。通常、マイルを特典航空券(往復)に換えるためは、最低12,000マイルが必要ですが、「どこかにマイル」では、半分の6,000マイルから往復航空券への交換が可能です。 その代わり、行き先は4つの候補地のうちどこになるかは分からないわけですが、ミステリーツアー的な楽しみもあって、個人的には非常に嬉しいプログラムです。4月からは、伊丹発着便でも利用できるようになりました。

昨年からいつ使おうかとずっとタイミングを探していたのですが、ようやく妻と休みを合わせることができ、3月末に利用することができました。 実際に利用してみての注意点や攻略法?を書いてみます。

Japan Airlines JA8941
photo from Flickr saku_y

続きを読む

東行庵(高杉晋作墓所)に行ってきました

3月末から家族と山口県に3泊4日の旅行に行ってきました。山口といえば、幕末〜明治維新に日本を新時代へ動かした中心であったかつての長州藩です。高校の修学旅行以来の山口でしたが、歴史を学び、志士を描いた小説などを読み、それなりに年を重ねてからそうした歴史の場面に立つと、高校生の頃とは全く重みが違うものだと感じました。
じつは、JALの「どこかにマイル」の結果、偶然決まった山口行きだったのですが、大政奉還、そして高杉晋作没後150年にあたる今年行けてよかったです。
訪れたスポットごとに1記事書いていきますので、山口旅行の参考になれば幸いです。
P3290631 続きを読む

テーマは「笑顔でつながるカナダ」カナダ建国150年イベント

以前にも記事にしましたが、今年はカナダ建国150年です。3月8日にカナダ大使館で行われた建国150周年祝賀イベントにご招待いただき、参加してきました。行ってみて初めて気づいたのですが、今回のイベントは、いわゆるブロガーイベントではなく、カナダ政府の関係者やプレス各社を主な対象として行われたオフィシャルなものでした。

two02

そのため、スペシャルゲストとしてMosaic Canada主演の安田早紀さんに加え、なんとMonkey Majikからメイナード、ブレイズのプラント兄弟まで登壇し、ライブを披露してくれました。カナダ政府・観光局の本気度が伝わってくる熱いイベントに、僕のカナダ熱もさらに高まりました。
続きを読む

家族で過ごす鬼怒川年末休暇モデルプラン(その2)

前回に続いて、鬼怒川温泉への家族旅行からオススメを記事にします。2日目は日光江戸村、最終日は東武ワールドスクウェアという鬼怒川温泉の王道アミューズメントスポット2箇所に行ってきました。

PC290501

続きを読む

家族で過ごす鬼怒川年末休暇モデルプラン(その1)

2016年の年末休暇は、家族で鬼怒川温泉に来ています。ここに来るのは3年ぶりです。前回は妻の両親と一緒に車で来たのですが、今回は往復東武スペーシアの電車+バス旅にしました。あまり移動せず、温泉中心にのんびり過ごす旅行なら昼から飲める電車がいいか、というわけです。家族連れのモデルプランとして旅行情報を書いてみました。

IMG_6702

続きを読む

JMBキッズクラブに入会して子ども限定「B787 JMBカード」をゲットしました

JALでは、12歳以下のJALマイレージバンク会員だけが参加できる「JMBキッズクラブ」というプログラムを始めています。このプログラムのメンバーになると、整備工場見学、Sky Museum見学や折り紙ヒコーキ教室などのイベントの案内がもらえるようです。入会無料ということもあり、5歳の息子を入会させてみました。

子ども限定で、↓のB787JMBカードがもらえます。しろたんカードも選べますが、男子はB787一択でしょう!

IMG_6880

続きを読む

櫛引八幡宮で親子鎧兜の武将体験

青森県八戸市に櫛引八幡宮という神社があります。ここは、旧南部藩の総鎮守で、赤糸威鎧「菊一文字」、白糸威褄取鎧という2つの国宝の鎧を所蔵していることで有名です。そして、この神社では、リーズナブルな費用で鎧の着用体験ができます。侍好きの僕ら親子もこの神社で武将になりきってきました。

DSCF0024

続きを読む