宮崎の無人島「乙島」でのキャンプ(後編)

さて、無事乙島に上陸した僕ら父子ですが、着いてみたら島は無人ではありませんでした。というのは、乙島に釣りに来たアングラー7〜8人が堤防にいたからです。大物を狙う釣り人は乙島北側の磯に行くことが多いようですが、この日は波が強く磯への渡船ができなかったので皆さん堤防で釣りをしていました。

この堤防は非常に長く、キャンプサイトの管理棟から堤防の先まで歩くと1km以上、10分はかかるでしょう。

なお、渡船は堤防ではなく、多目的広場の近くに着きます。そこにリヤカーが置いてあり、荷物一式を載せてキャンプサイトへ押していきます。

テントをはじめとしたキャンプ道具に加え、釣り道具もたくさんあったので貸出備品を島で受け取れるのはありがたかったです。管理棟では今朝観光協会で迎えてくれたお二人が待っていてくれました。

備品一式はバッチリ準備してくださり、炭も不足した場合のためにと予備も出してくれました。施設の概要、電気のつけ方やシャワールームの使い方、備品の返却などについて丁寧に説明してくださいました。

乙島での釣り

当面、天気が悪くなることはなさそうだったのでテントの設営は後回しにして、荷物一式を置き、早速堤防へ釣りに出かけます。事前に聞いたところでは、アジがよく釣れるということだったのでサビキ中心の仕掛けを持っていったのですが、回遊がなかったようでアジは1匹も釣れませんでした。

釣り師の皆さんの狙いはクロメジナが多かったように思いますが、僕らは何でもよかったのでいろんな仕掛けを試してみました。釣れた魚は、チヌ、カサゴ、ヒイラギ、チダイ、アイゴ、ベラ、フグといったところです。チダイは堤防先端からのちょい投げで釣れました。

2回ほどサビキに50cmクラスのボラかスズキらしき魚がかかりましたが、タモ網を持ってきていなかったのでとても引き上げられず、ハリスを切られてしまったのが惜しまれます。

キャンプサイト

夕方5時ころには他の釣り師たちは迎えに来た渡船で帰って行き、ついにこの島は僕らだけになりました。ここからが真の無人島です!

暗くなるまで釣りを楽しんだ後、釣れた魚や道具をかついでキャンプサイトに移動。テントの近くで夜釣りもしたかったので海沿いの方にテントを立てました。それから借りた炊事セットで釣ったの下ごしらえをし、焚き火の準備。火がつかなかったらごはんが作れなくなってしまうので着火剤をたくさん持参してきたのですが、レンタルの焚き火セットにバーナーも用意されていたので心配無用でした。

米を研いで、焚き火が落ち着いてから飯盒炊爨を焼き網に載せ炊飯を開始、それからタイミングを見て下ごしらえした魚を一緒に網に載せて焼きました。もっと大物だったら刺し身にしたかったのですが…。釣ったばかりなので、塩をふらなくてもいい具合の味付けになりました。小物ながら1人5匹くらいあったので、さすがに最後は飽きてきました(笑)。

キャンプサイトの紹介をしておくと、備え付けのテントが2つにウッドデッキが14張分あります。屋根のある東屋は、雨が降った時に安心です。

トイレは水洗で、体の不自由な方でも使えるものもありました。僕らは使いませんでしたが、温水シャワーもあります。

炊事棟などは照明がありますので炊事の際はヘッドライトがなくても大丈夫。ピザ窯を借りることもできます。


島の概要

島の周囲は約4kmで、真ん中の山は標高80m。山道の周回路があります。管理棟、広場、堤防は陸よりの西岸にまとまっています。炊事場の近くから山道があり、少しあがるとバンガローが6棟あります。

さらに進むとハンモックなどがある展望所に出ます。展望所ではありますが、周囲は木に囲まれているのであまり展望がいいとは言えません。日の出を見るなら東海岸に出ることをお勧めします。

東海岸に下る道にはロープが付けられています。

波に洗われたまんまるの石ばかりの浜です。波が引く時にコロコロといい音がしました。

日の出が美しい。

乙島の夜

門川町から船で5分の距離なので、電車が通る音が聞こえてきたりと無人島のムードには欠けますが星空はきれいでした。

キャンプ場では、動物がいると食べ物などを外に出しておけないので観光協会の方に聞いてみたのですが猫や猿など食べ物を取るような動物はいないとのことですが、未確認ながらイノシシがいるらしいという情報があるとそうです。

そして、日が沈んでしばらくした頃、山の方でギャーギャーと獣の声がするのでライトを向けてみると、キラリと目が反射しました。いるじゃないか〜、僕はハッキリとは見ていないのですが、息子は2匹のタヌキかアナグマのような動物2匹がケンカしていたと言ってました。

食後、広場前から初めての夜釣りをしてみました。1時間弱でしたが、息子はチヌをゲット。コマセが余っていたのでたくさんまいてみましたが、あまり魚が集まってくる様子はありません。

翌朝も早朝から釣りをして、日の出15分くらい前から散策に出かけました。東海岸で日の出を見てから朝食を作るためにテントに戻ります。キャンプサイトは西側なので朝方は山の陰になって日が射さず、10月末だとちょっと寒かったです。

朝食も昨日の夜と同じ飯盒炊爨と釣った魚の塩焼き。インスタント味噌汁でも持ってくればよかったと少し後悔。食後は、借りた道具を洗ったりテントを撤収し日に当てたりと慌ただしく動き、10時に約束していた迎えの乙島丸で島を後にしました。

本当に思い出に残る貴重な無人島体験でした。

宮崎の無人島「乙島」でのキャンプ(前編)

図書館で何気なく手に取った『無人島冒険図鑑』という本で紹介されていた宮崎県門川町にある「乙島(おとじま)」で10月下旬、息子と2人でキャンプをしてきました。

同書を読んで「無人島」という少年時代からの憧れが一気に蘇り、これは息子と一緒に行かなければと思ったわけですが、日本に6000以上ある無人島の中でどこに行こうかと検討した結果、まずは安全なところ、釣りが楽しめるところ、そして船が苦手な息子のことを考えると乗船時間が短いところという点から乙島がよさそうだということになりました。

乙島は携帯電話の圏内なので、不測の事態には警察などに救援を求めることができます。緊急連絡ができるかどうかは無人島選びの大事なポイントでしょう。

ちなみに宮崎県には「幸島」という”芋を洗うニホンザル”の生息地として有名な無人島がもう1つあるのですが、息子が猿の島は絶対イヤだと言い張ったのでこちらはパスすることに。

まず、結論として乙島でのキャンプの感想を先に言ってしまうと「最高」の一言でした。こんなに快適・簡単に無人島ステイができるとは…僕が宮崎県民だったら年に数回は行っているでしょう。

写真もたくさんあるので2回に分けて乙島キャンプ体験を書いてみます。

キャンプサイト・道具の予約

乙島のキャンプサイトは門川町観光協会が管理していますので、まずはここでキャンプの予約をします。夏場や週末などはウェブサイトの予約システムを利用しますが、それ以外の時期は電話で予約をします。なお、観光協会は土日は営業していないようです。

せっかく無人島で過ごすのに他にも宿泊者がいるのはとてももったいないと思うので、ぜひシーズンオフの平日を狙ってみてください。観光協会の方はとても親切で、当初予約した日が雨天だったら翌日への変更を快く受け付けてくれたり、当日はわざわざ島に来てキャンプ道具の貸し出し、設備の説明をしてくださったりとホスピタリティあふれる皆さんでした。

キャンプサイトの予約をすると、Excelの利用者台帳を送ってくれるのでこれに貸出を希望するキャンプ道具などを記載します。僕らは貸出してくれるものがどの程度なのか分からなかったのでテントを持ち込みましたが、実際、島にあるものを見ると新しく広いものだったので、借りておけばよかった、と思いました。

その他、炊事道具などもきれいで無人島とは思えない充実ぶりでした(笑)。おすすめはやっぱり自分で釣った魚を網焼きして食べることです。男二人だったので雑なごはんでしたが、息子にとってもいい思い出になったとようです。

渡船の予約

キャンプサイトと道具の予約と並行して渡船の予約をします。利用者台帳には予約した渡船を書くことになっていますので、台帳の提出前に船を決めておきましょう。門川漁港と庵川漁港からいくつかの渡船が出ており料金は共通で大人1500円、子供1000円です。

僕らは庵川漁港の乙島丸さんにお願いしました。ここは待合所・駐車場もあり、キャンプ中に車を停めておくこともOKです。

上陸まで

乙島でのキャンプでいちばん大事なことは水を忘れないことです。洗面などに使える井戸水は出るのですが、飲用はできないので十分な飲料水を持参しましょう。

また、乙島で釣りをする場合、エサなどを準備しなければなりません。何時に出発するかによりますが、朝早い場合は日向市の「フィッシングショップ エース」が5時から営業しているのでここで購入するとよいでしょう。

当日の朝は、代金の支払いとシャワールームの鍵をもらいに門川駅にある観光協会に行きましたが、支払いは戻ってからでOK、貸出をお願いした備品と鍵は島で渡します、と言われました。このあたりは、シーズンなどによって対応が変わると思います。

それから庵川漁港の乙島丸待合所へ移動。車を停めてキャンプに必要な荷物一式を迎えに来てくれた軽トラックに載せます。港まではすぐなので軽トラを追って歩いて行きました。こういう渡船に乗るのは初めてだったので船の舳先から乗り降りするのが新鮮です。

乗船時間は5〜10分くらいですが、僕らは船長さんにお願いして島一周してから船をつけてもらいました。船長はとてもよい方で、快く引き受けてくれた上、せっかく遠くから来てくれたからと、船でしか入れない洞窟に頭まで入ってくれました。息子はかなり怖かったようですが…

ということで乙島に上陸しました。続きは後編で!