2012年かなまら祭りに行ってきました(まとめ付)

昨年に引き続き川崎金山神社で行われる「かなまら祭り」に行ってきました。といっても、今年は休日出勤だったので神輿が出るところで失礼せざるをえませんでしたが…

実は、私にとっては地元の祭りなので事前にスケジュールなど情報を仕入れることができるのです。昨年は、震災後で神輿が自粛になったのかと思ってましたが、神社の氏子の方にお話を聞くと「神事なので自粛するつもりはなかったが、警察が出動できなかった(東北に人員を割いた?)ために行わなかった」そうです。

さて、私は妻子と一緒に10時過ぎに金山神社に行ったのですが、昨年とは比べものにならない人出。すでに境内に入るのも難しい状態です。関係者によると例年の2倍くらいいるのでは?という話、年々見に来る人が多くなっているようです。




そして、驚くのは外国人観光客の多さ!3割くらいは外国人と思われます。海外ではこの祭り「Utamaro Festival」と呼ばれているそうですが…それにしてもどこで情報を仕入れるのか???




例年通りコスプレイヤーも多く、こんな交通整理のお兄さんもいました。


11時から神輿が出るのですが、時間がなくその前に川崎大師駅から出勤。

後の様子は、妻とその友人から聞き、いくつかブログも見てましたが、かなりやばいバットマンが注目だったようです。また、ち○こ飴や、ま○こ飴を10本くらい買っていく外国人もけっこういたとか。妻は、ま○こ飴を見つけた欧米系の女の子に「Is that pussy?」と聞かれ困ったそうです(笑)。

せっかくなので、NAVERまとめを使って記事をキュレーションしてみました。やっぱりバットマンはヤバイ。



本日の1曲 KISS「Crazy Crazy Night」

4月第1日曜日は巨根神輿の日「かなまら祭り」

川崎大師近くの若宮八幡宮境内にある金山神社では、毎年4月第1日曜日に「かなまら祭り」が行われる。この祭り、江戸時代川崎宿の飯盛女達の願掛けに端を発し、商売繁盛・子孫繁栄(子授け)・安産・縁結び・夫婦和合のご利益があると言われるが、なんで有名かというと御神体が巨大なマラで、この祭りではそのマラ神輿が町を練り歩くからなのだ。たまたま近くに住んでいることもあり、今年は4月第1日曜に神輿を見るのを楽しみにしていたのだが、今年は東日本大震災の影響で神輿が出る面掛行列は自粛となってしまった。
しかし、一部のセレモニーは行われるということで、様子を見に行ってみた。


神輿が出ないことを知ってか知らずか境内はかなりの人出、そしてアダルトショップに近いものも含め出店もいくつか出ていた。目立つのは外国人の姿。どこでこんなローカル祭りの情報を仕入れるのだろう…










神輿は出ないが、御神体の「かなまら」、そしてピンクの「エリザベスマラ」は公開されていて、訪れる人のフラッシュを浴び続けている。子どもに見せるのはちょっとどうかと躊躇するような堂々とした巨根。隣では、天狗が外国人との記念撮影に応じていて、神事というよりは明らかにイベントのノリだ。




金山神社は鍛冶の神様を祀る神社でもあり、火打石で火を点け奉納する神事?が行われていた。ちゃんと神職の方もいて、子授けと思われる祈祷も同時に実施されていた。しばらくすると、若宮八幡宮で氏子のお子さんと思われる少女達による神楽舞?が始まった。この祭りに娘を参加させるのもなかなか勇気がいるんじゃないかな。


神輿が出ないのは残念だったが、ユニークなローカルイベントを楽しめた。来年は面掛行列にも参加したいな。

本日の1曲 Mr.Children「フェイク」