SPGアメックスがMarriott Bonvoyアメックスに変更で大幅値上げ!

5年くらいメインカードとして使ってきたSPGアメックスが、2022年2月24日からMarriott Bonvoyアメックスプレミアムカード(または一般カード)に変更されることになりました。

変更に伴う内容変更は、アメックスから送られてきた案内パンフレットの表が分かりやすかったので貼り付けました。

今回の変更でプラスになった主なポイント
・年間400万円の決済でプラチナエリート提供
・無料特典50,000ポイントに手持ちポイントを15,000まで追加可能
・15泊の宿泊実績が自動付加(プラチナまで残り35泊)
・家族カードの発行が無料(SPGは17,050円)

そして、年会費の増額は約15,000円

家族カードを発行していた方、年間決済額が400万を超える方にとっては嬉しい変更だと思いますが、(僕を含む)そうでない人にはただでさえ高い年会費がほぼ1.5倍の49,500円になるというのは考えてしまうところではないでしょうか。50,000Bonboyポイント分の無料宿泊の価値をいくらと考えるかによりますが、さすがに5万円に相当するとは思えません。

僕は更新せず解約しようと思います。39,500円だったら継続していたと思いますが…このカードのためにマリオット系列のホテルにしばられていた感もあるので、いったんスッキリしておこうと考えています。

SPGアメックスは2月24日まで新規申し込みを受け付けているのでまだ持っていない方は1年間だけでも使ってみてはいかがでしょうか。

 

家族旅行で大阪マリオット都ホテルに滞在

令和元年の夏休み、家族旅行と妻の祖母訪問を兼ねて大阪と淡路島に行ってきました。SPGアメックス会員の特典で1泊無料宿泊ができたので、大阪の宿泊は大阪マリオット都ホテルにしました。特典は50,000ポイント分なのでカテゴリー6のスタンダード枠ギリギリで追加支払は発生しません。

続きを読む

SPG AMEXのプラチナエリート特典で「コートヤードバイマリオット・スミニャックリゾート」でリッチなステイ

以前にも記事にしましたが、2018年8月のマリオット-SPG-リッツ・カールトンのサービス統合によってトラベルパッケージに必要なポイント数が大幅に増えてしまうため、改悪発効前にトラベルパッケージを利用し、無料で宿泊できるカテゴリー5のホテルを予約しました。

今回選んだのはバリ島スミニャックにあるコートヤードバイマリオット・スミニャックリゾートです。スミニャックのビーチ沿いではありませんが、プールを囲むように造られたリゾートホテルです。

宿泊の前から、コンシェルジュやオペレーションディレクターといった人からウェルカムメッセージとともに空港からの移動手配など気軽に相談してくださいという内容のメールが届きました。日本でマリオットやシェラトンを利用した際にこうしたメールが来たことはなかったので、6泊とステイが長いからなのかなぁと思っていましたが、どうやらそれだけではなくプラチナエリートメンバーに対する厚遇の意味もあったようです。


続きを読む

マリオット「トラベルパッケージ」の予約は時間がかかる

マリオットリワードの活用方法として破格にお得な「トラベルパッケージ」という制度があります。これは、簡単に言ってしまうと、リワードポイントをエアラインのマイル+ホテル連泊の権利に変えることができるもので、必要になる最低ポイントのハードルが高いのが難点ですが、宿泊の権利を放棄してマイル交換だけでも普通にポイント→マイルへ替えるよりお得なこともある優れものです。この制度については、多くの方がブログに書いているので検索すればいくらでも情報が得られます。



マリオット「トラベルパッケージ」の新旧コスパを考える - やじり鳥

しかし、2018年8月のマリオットリワードとSPGの統合によって、トラベルパッケージの利用に必要なポイント数が跳ね上がることになったので、あわてて不足ポイントを購入し制度改定前に駆け込みで予約をしました。 ※2018年9月2日現在 日本の公式ウェブサイトはまだ旧レートが記載されているので、新旧どちらの交換レートが適用されるか不明です。オペレーターからは、現在システム移行中で9月19日以降に新システムになるので予約の変更などを受けられないと言われました

これがなかなか苦難の道のりだったので、これからトラベルパッケージを利用する方のためにメモを残しておきます。

続きを読む