「Sharing. リトアニアへの旅」フェスティバル

昨日11月2日から7日まで、恵比寿amuにてリトアニア大使館共催のイベント「Sharing. リトアニアへの旅が開催されている。

ワークショップ・イベントが色々予定されていて、その一覧はamuのサイトで紹介されているが、僕は今週末関西出張が入っていたため、文化の日の今日、元リトアニア留学生の妻と期間中行われているフェルトアート展示『饗宴』を見てきた。会場は恵比寿駅西口から徒歩5分弱で、入口にはリトアニア国旗と日の丸が出ているのですぐ分かるはず。


さて、入ってみると、リトアニアコミュニティは小さいので、入ると見たことのある顔がたくさん…
先ほどまで、今朝来日したばかりのアウドロニウス・アジュバリス・リトアニア外務大臣もいらっしゃったそうだ。
展示は1Fが、フェルトアートとリトアニア関係の商品即売所、2Fには飾り帯が10点ほど。スペースとしてはちょっと狭いが、展示されているフェルトアートは非常に精緻でビックリ!寿司が作ってあるところを見ると、今回の日本展示用に製作されたのではないかと思う。










2Fに展示されている飾り帯(サッシュ)はこんな感じ




リトアニアグッズ?即売所では友人のアンドリウスが蜜ろうキャンドルやハーブティーを販売していた。学業を終了して商いの道へ?(笑)




家の中にリトアニアからの商品が詰まった段ボールが並んでいる状態らしいので、ご覧になった皆様ぜひ足を運んで購入してみてください。価格もリーズナブルだと思いますよ。

本日の1曲 M. チュルリョーニス「Preludes」(スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団 ユオザス・ドマルカス指揮)