ハイチ地震への支援方法

ハイチ地震の犠牲者は数万人レベルに達していることが確実な情勢で、治安の悪化や衛生状態も心配される。
カリブ海の島国の人たちに対して私たちができることといったらやはり募金。今まで日本では災害支援というと古着や毛布(といった懐のあまり痛まないもので)の雰囲気があったが、だいぶ変わってきたように感じる。

ポイント利用を含む簡単な方法で募金が可能になっているようなので、いくつかご紹介。
1.Yahoo!ボランティア Yahoo!ポイントでの募金、壁紙ダウンロードによる500円単位での募金が可能(要Yahoo!ウォレット) 日本赤十字社へ
2.@nifty Web募金  壁紙ダウンロードによる500円単位での募金 国境なき医師団へ
3.iTunes iTunes Storeから 米国赤十字社へ
4.はてな義援金窓口 はてなポイントでの募金 日本赤十字社へ
5.So-net ハイチ地震被害救援金 So-netポイントでの募金 日本赤十字社へ
6.イーバンク銀行 イーバンク口座があれば手数料無料 日本赤十字社へ

僕はiTunesカードの余りを使おうと思ったのですが、米国赤十字社行きというのが(アメリカで集められた募金としてカウントされるだろうから)イヤだったので、郵便局から日赤へ送金してきました。
しかし、地震大国日本からの支援部隊の出動の遅さは毎度あきれる。初動が大事なことは百も承知なのだろうがGOを出せない行政トップがいるんだろうな。

本日の1曲 Mr.Children「GIFT」

ハイチの地震 from Google

ハイチで起こったM7.0の地震の被害情報が入るにつれ、その深刻さ分かってきた。今朝の報道だと死者5万人レベルに達するとのことだ。お隣のドミニカ共和国の被害は全く聞こえてこないので、たまたま人口の多い首都ポルトープランス近くで大きく揺れたのだと思う。
途上国での地震はいつも被害状況の把握に時間がかかり、人名救助で入る他国のレスキュー部隊はほとんど命を救えることなく帰ってくる。

今、状況を調べながらブログを書く時間がないので、Official Google Blogへのリンク(英語)を貼っておきます(Googleはハイチに100万USドルの支援を発表)。ここでは、被災地のダメージを航空写真で紹介している他、支援団体へのリンク、UNICEF等への寄付の受付もしています。

パキスタンでの地震の時は、10月で高地だったこともあり、敵は寒さだったが、南の島国ハイチでは、その敵は、死体の腐敗やそれに伴なう衛生状態の悪化、陸上支援が困難なことに伴なう食料・物資の供給不足などだろう。やはり、国際社会の支援が欠かせない。ちょっとでも被災者の助けになることをしたい。

犠牲になった方々の冥福と生き残った方々の暮らしが早く回復することを祈って…