宮崎小旅行(その3)

昨夜の宴会は、思っていたより大人しく終了し(笑)、「ウコンの力」を飲んで準備していく必要もなかった。しかし、腹いっぱい食べたことは変りなく、今朝も変わらず満腹状態だったので、昨日訪れた如意輪寺まで散歩に出かける。沢沿いに15分ほど坂道を登ったところにあるこの真言宗のお寺の奥には「那智の滝」と呼ばれる滝があり、非常に涼しくて気持ちがいい。滝の水も飲めるし、鐘も衝くことができる、延岡を訪れたら足をのばしてほしいところだ。






朝食後、養豚をしている従兄弟の豚舎を訪問。子供のころから何度も訪れてはいるが、今回はたまたま豚の出産を見ることができた。豚は10匹以上一度に出産し、生まれるとすぐに母の乳に貪りつく。母は横になって乳を与えるだけで動くこともできず、ちょっと気の毒。


この後、墓参りをして、母方の親戚とのランチ。「源太」という店でボリュームもあって美味かった。ボリュームがあるのは昨夜の「麦酒蔵~びあぐら~ 【Hideji】」も同様で、東京近辺の店に慣れていると、量の違いに驚く。

食後、皆に別れを告げて、僕らは西都原古墳群へ向かう。一作日と同じ道を南下し、国道10号から高鍋で高速に上がり、西都ICで下りる。西都IC近くには航空自衛隊新田原基地があり、航空機の離着陸が頻繁にあるらしく、飛行機の絵が描かれた「わき見注意」の標識がある。

さて、西都原古墳群だが、面白いことに延岡で西都原古墳に行くと言うと、誰もが「う~ん、今なんか花咲いてたかなぁ」と答える。つまり、宮崎県民はここを遺跡としてではなく、花を楽しむ公園として訪れているということらしい。残念ながら、ちょうど今は花の閑散期らしく、畑にはコスモスらしき芽が生えかかっている状態だった。レンタカーを返す都合上、あまり時間がなかったので入ってすぐのところにある第2古墳群を見て、西都原考古博物館をささっと回るだけしかできなかったが、広々とした草原にボコボコとかつての豪族の墓が点在し、今ではきれいに整備された歩道でけっこうな数の人がジョギングやウォーキングを楽しんでいる、とてもいい雰囲気のところだ。考古博物館も無料とは思えないレベルで展示も充実しており、改めて2~3時間かけてゆっくり見たいと、後ろ髪をひかれつつ空港へ車を出す。


空港ではいくつかお土産を買って最終のANA羽田便で帰るが、羽田の着陸が混んでいるという理由で出発も、到着も遅れた。日曜夜の羽田着便はやっぱり混んでるんだなぁ。

本日の1曲 The POLICE「The Bed's Too Big Without You」

宮崎小旅行(その2)

昨夜は、久々に大人数での食事。食べ切れないほど食べ、呑みきれないほど呑んだ。目覚めたときも満腹感は全く衰えず、食事前に散歩をして少し消化を促す。自分の家なら、朝食をスキップすればいいのだが、客人扱で泊まっていると食べないわけにはいかないのがツライ。本日も夜は宴会なのだが、昼はフリーなので、朝のお寺訪問を終えてから妹夫婦の運転で高千穂へ行ってみる。

熊本まで九州を横断する国道218号のバイパス「北方延岡道路」が北方までできているのでこれを利用するがあまり距離は稼げず、すぐ下道へ降りてしまった。しかし、五ヶ瀬川沿いに伸びるこの道はとても景色がよいので全く飽きない。特に、日之影から先は高度を増し、美しいアーチ型の橋をいくつも渡る。1時間半ほどで高千穂町に到着。

まずは、高千穂峡へ。国道沿いの駐車場に車を停め、渓谷へ下っていく。今までの車の流れからは想定外の人の数に驚く。おそらく熊本側から大勢の人が来ているのだろう。

長い年月の浸食で深さ100m近くになったV字谷がナタを振るった跡のようにと切り落ちている。しかし、こんな上流の谷なのに川の流れはゆったりとしていてボートに乗ることもできる(ただし、1時間待ちの看板が出ていた…)。観光の中心は日本の滝100選にも入っている「真名井の滝」。この近くで遊歩道が終わり、ボート乗り場・有料駐車場に出る。ここでは各駐車場を巡回するシャトルバスが走っていて帰りはこれを利用(100円)。駐車場脇のそば屋で昼食をとってから天岩戸神社へ。ここに向かう途中にある棚田も深さこそないが非常に美しい。






続いて、「天岩戸神社」、もちろん祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)である。ここに来ると、伝説の天の岩戸へ入れるのかと思っていたが、天の岩戸は本殿裏から望む谷を挟んで反対側の崖の割れ目で、とてもそこまで行くことはできない…というより、近づくことも禁じられている。本殿、神楽殿のお参りは自由だが、天の岩戸のご遥拝は社務所でお願いして神職の方に案内していただく必要がある(無料、所要約20分)。この神職によるガイドツアー?はこの神社についての解説は当然ながら、神道、天皇陛下についての噛み砕いた説明もあって、非常にオススメ。なお、天の岩戸については、撮影も禁じられている。





さらに500mほど先に行くと「天の安河原」に出て、ここには神々がお隠れになった天照大御神をどうやって引っ張り出すかを相談したというもう一つの岩戸(洞窟)があって、こちらは中に入ることもできると聞いたのだが、残念ながら時間切れ。夜の宴会に出席するため、ここまでで観光を切り上げ延岡へ戻る。神話の世界をちょっぴり感じた小旅行でした。

本日の1曲 The Corrs「Ruby Tuesday」

宮崎小旅行(その1)

親戚に結婚の挨拶するため、初めて妻と一緒に両親の実家のある延岡へ行く。行きはJALの一番早い便だったので、朝はかなり慌ただしく出発。
なお、10月31日からJAL便は羽田-宮崎が現在の4便から5便へ増発されるので、宮崎へお越しの方はぜひJALで。スーパー先得なら羽田-宮崎は12,600円から。
JAL日本航空 先得
さて、話は旅行に戻り、9:35宮崎空港着。宮崎県で観光をするのであればレンタカーはMUST、僕は延岡での乗捨てができるプランが必要だったのでレンナビでマツダレンタカー(マーチ、デミオクラス)を予約していった。これで1日コミコミ4,000円、安くなったもんだ。
空港からレンタカーオフィスまで送ってもらい手続きをする。この10年、車をまともに運転していないのでナビの使い方もよく分からないがとりあえずスタート。まずは南へ向かい鵜戸神宮を目指す。

旧参道の入口



旧参道はひと山越えてまた下り神社へ至る

鵜戸神宮は、神武天皇の父とされる日子波瀲武鸕草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)を主祭神とする神社で、本殿は洞窟の中にある。

関係者ならぬ関係神一覧表

その手前には、亀石(豊玉姫が海神宮(わたつみのみや)から来訪する際に乗った亀が石と化したものと伝える。その穴に男性は左手、女性は右手で願いを込めた「運玉」を投げ入れることで願いがかなうといわれている。)が、本殿の後ろには、お乳岩(乳房に似た2つの突起で、豊玉姫が綿津見国へ去る時、御子の育児のために左の乳房をくっつけたものと伝え、主祭神はそこから滴り落ちる「お乳水」で作った飴を母乳代わりにしたという)があり、神話の国宮崎らしい雰囲気のある神社である。僕らも、「運玉」を買って亀石に投げてみたが見事に外した。













これが「亀石」

鵜戸からさらに南下し、伊東氏の城下町で九州の小京都などと呼ばれる「飫肥(おび)」へ向かう。大手門手前に無料の駐車場があり、そこに車を停めて観光へ。駐車場にあるブースで飫肥城下町「食べあるき・町あるき」MAPを販売しており、飫肥城址にある6つの施設への入場料と40箇所のお店から6箇所を選んで、特典の食事やお土産をもらえる1,000円のセットが販売されている。2~3時間あったらこの1,000円のセットは絶対オススメ、余裕で元取れます。飫肥名物「飫肥天」はじめコーヒーや長寿箸などいろんなものが選べる。ここはNHKの朝ドラ「わかば」の舞台にもなったところで、天守閣などは残っていないが本丸跡に生えている無数の杉は訪れる人にくつろぎと涼しさを与えてくれる。
建造物としては、「松尾の丸」「歴史資料館」などがあり、あまり時間が取れないながら興味深く見学した。天正遣欧少年使節の一人伊東マンショがこの伊東家の一族だとは知らなかった。10月第3土日には「飫肥城下まつり」も行われるので、ぜひ訪れてください。

水路には鯉が放流されている














「ギャラリーこだま」自慢の「日南一本釣りカツオ炙り重」


「園」のコーヒーセット これが食べあるきチケットに含まれている!

さて、飫肥見学を終えたらもう15時、ここから宮崎県最北の延岡市まで2時間ほどで行かなくてはならない。田野ICへ向かい、そこから宮崎自動車道、東九州自動車道を乗り継いで高鍋まで。幸い、清武JCから高鍋までは民主党の高速道路無料化区間に入っていてタダで行くことができた。しかし、高鍋から国道10号に降りてからは時速50km運転で、延岡までは3時間ほどかかってしまった。
自分で運転しての九州旅行は初めてだったが予想以上に見応えがあってかなり満足。

本日の1曲 Andy Summers & Victor Biglione「Um Abraco no Bonfa」