中国・ベトナムの旅 Day9

今日でいよいよ正月の中国旅行も実質最終日。早朝の飛行機で昆明から成都へ移動し、明日の朝便で上海経由で成田へ飛ぶ。
昆明最終日の宿は楽天トラベルで予約した皇廷飯店(ROYAL GARDEN HOTEL)というヨーロッパ風の宿。今回の宿は成都、昆明の初日・最終日のみ楽天トラベルで予約していったのだが、予約の必要はなかったというのが正直な感想。
オンラインホテル予約について書いておくと、成都、昆明あたりだとだいたい日本円で2000円くらいの宿から紹介されており、その多くは特別価格で半額など正規料金より大幅ディスカウントされているような書き方をされているが、今回の旅で泊まった3軒について言えば、どこもフロントの脇にかかっている房价表の価格と同じだった。要は実際の価格をチェックできない外国人用にweb用の正規料金を適当にでっち上げ、割引率を見せることでお得感を出そうとしているだけのことだ。楽天など運営会社が主導しているのか分からないが、見て見ぬふりをしているのか…割引率に惑わされず、実際の価格で判断するべきだ。

そして、予約のデメリットもある。それは、大きくいって2つ

値切れない そして 部屋を見ることができない

ことだ。5ツ星ホテルは知らないが、宿代は交渉可能なものだ。客の入りで値段は大きく変わる。今回の旅でも150元が80元になったところもあったし、実際部屋を見ると思ったより古かったり、掃除が行き届いてなかったという不満はいろいろ出てくる。テレビが点かない、お湯がでないといった個別事情なら部屋を換えろという交渉が可能だが、部屋の古さや掃除についてはどの部屋も大差ないのだろうから文句の言いようがない。

今回は、旅程がきつく、連れがいたので宿探しに時間を取られたくなかったので3泊ほど予約したが、不要だったかなというのが正直な感想。バックパッカー時代はコストパフォーマンスの高い宿を見つけて人に教えてあげるのが楽しみの1つだったのだが…忙しい旅はやだなぁ。

さて、皇廷飯店だが、ここを選んだ理由が空港から近いこと。地図で見ると2キロくらいの距離だったので空港まで歩いていってみることにした。歩いて空港に行ったのはブラジル リオデジャネイロの国内線用サントス・デュモン空港以来。歩いて入れるのかちょっと不安もあったが、空港までの大通りに出ると同じように荷物を持って歩いている人が数人いて安心。実際、駐車場からターミナルまで何の問題もなく入ることができた。
今回のフライトは遅れたりすることもなく成都到着。前回と同じようにエアポートバスで市内に移動、ここから今夜の宿はさほど遠くないはずなので歩いていく。今日の宿は外国人ツアーも利用するようでフロントもしっかりした英語を話す。部屋は新しいとはいえないがエアコンもしっかりしていてお湯もばっちり出るので、ツアー利用されるのも納得。

一休みしてどこに行くか検討。当初の計画では楽山へ行こうと考えていたのだが、小雨が降っていて、時間的にも余裕がないのでベタにパンダを見に成都動物園に行ってみることにした。動物園の近くに昭覚寺公文站(バスターミナル)があるのでバスは多い。小雨降る市内を散歩、公園では正月を迎える準備が行われている。イスラム(清真)食堂で再びラグマンを食べてから動物園へ。バスターミナルから向かうと動物園の手前に昭覚寺がある(中でつながっている)ので、先に昭覚寺にお参りする(門票2元)。中ではオバチャンボランティア?たちが灯明を並べたりと正月の準備に忙しそうだ。中国人も初詣に行くのだろうか?


















動物園に入ると(門票8元)、さっそく孔雀が羽を広げて迎えてくれた。とてもラッキー。



ゆっくり見て回りたかったのだが、すごく冷えてきたので虎や金絲猴、そしてパンダといった人気者を重点的に見ることにする。チベタンの家族を何組か見かける。若者は洋装だが、母はチベット服にパンデン姿だったりするので正月休みに出稼ぎをしている息子のところへ出てきたカムのチベタンといったところだろうか。日本のパンダは昼は寝ていて動かないというイメージだが、ここでは幸い一生懸命笹をかじっていたりと元気な姿を見せてくれた。
























耐え難いほど寒くなったので動物園を切り上げて宿に退避。暖まったところで旅行最終日のショッピングに出かける。大晦日なのでついでに部屋で食事をできるよう惣菜も買っておこう。宿のすぐ隣がCarrefourなので非常に便利。しかし、成都市内の交通の混乱ぶりはすごい。高層階の部屋から交差点を眺めているとよく事故が起きないものだと逆に感心してしまう。

本日の1曲 朴路美 & THE ALCHEMISTS「The Ore of Dreams」

中国・ベトナムの旅 Day2

さて、今日は成都で半日観光、16:30の便で雲南省の省都昆明に移動する予定。
成都は確か三回目で、定番の武候祠や杜甫草堂には以前行ったことがあるので金沙遺跡を訪れてみることにする。成都近郊では三星堆遺跡が有名だったが、金沙は2001年住宅開発に伴う下水道工事中に発見されたもので金沙遺址博物館のオープンも2007年と非常に新しい見所である。当然だが、新しいというのは施設だけで、その遺跡自体は紀元前1200~500年(古蜀文化)のものだ。ここで発見された太陽神鳥金箔は成都市のシンボルとして街中のモニュメントにもなっていた。
幸い、宿からすぐのバス停から5路のバスで一本、しかも終点なので楽勝。しょぼい朝食バイキングでご飯を済ませチェックアウト、バックパックをフロントに預けて出発。しかし、チャリンコ、原チャリ、そして乗用車、バス、トラックでごちゃごちゃの道、スモッグで周囲が霞んで見える。やってくるバスは乗り込む前から超満員だったがひるまず乗り込むしかない。幸い、ポロポロと乗客が降りていったので途中からは座れるようになった。

成都の町は地下鉄が建設中なので、あと1年くらいすればこの慢性的な渋滞も少しは緩和されるのだろうか…1時間近くバスに揺られていると、いつの間にかスモッグと思っていたのが強烈な濃霧となっていて、よく運転できるなという視界30mの状態と化していた。
終点の金沙遺跡に着いても、通りの反対側が辛うじて見えるくらいで博物館がどこにあるのかも見当がつかない。近くにいた警備員に聞いたりしてようやく博物館に到着。入館料は80元、物価と比べると高いが、この数年の中国の文化施設入場料高騰を考えると新しい施設だし、これくらいは仕方ないかというレベル。5年前はポタラ宮の100元でゲッ!という感覚だったが、今はどこに行っても50元は当たり前という感じだ。施設は広く、整備も行き届いているがとにかく霧が濃くて全貌が見えない。



小川を渡るとモダンな遺跡館に着く。ここでは体育館のような広さの室内で、象の骨や土器、人骨などを発掘時の雰囲気を損なわずに見ることができる。ここだけでも、大した施設だなぁと思うが、続く陳列館は5つの展示室を擁するさらに充実した博物館だ。日本の遺跡でもこのレベルのところはほとんどないのではないかと思う。ジオラマもよくできているし、陳列やライティングも凝っていてジュエリー展のような雰囲気もある。この数年の中国のクオリティ向上には驚異を超え脅威すら感じる。





















遺跡見学を終えると霧もだいぶ晴れていた。バスに乗る小銭がなかったので途中の商店で1元札を工面してからまた5路バスに乗って帰路へ。まだ空港に行くには早いので青羊宮に寄ってみる。この近くの路地は古くて豪華な昔の中国の町並みを模して最近建てられたお店が連なっている。中国の中華街?という雰囲気だ。青羊宮をゆっくり見学するのは時間的に不安があったので門から眺めて宿に戻り、宿の前にある安食堂で昼食。2人で8元しかかからなかった。博物館の入場料がいかに高いかが分かるだろう。






食後、バックパックを引取り、タクシーでエアポートバス乗り場へ向かうが、

空車が全然来ない

この予想外の展開にかなり慌てる。タクシーは次から次へと通るのだが、どれも客を乗せているのだ。初乗り7元のタクシーは庶民にとっても高いものでもないのだろう。50台くらいやり過ごして、ようやく1台捕まえてバス乗り場へ。これで空港へ向かい、昆明行き出発の30分前にはカウンターへ並ぶことができた。

が、午前中、濃霧のため空港が閉鎖され、各便のスケジュールには大幅な乱れが生じています!

だと。あなたの便はまだ何時に出発するか分からないので、18時頃再度聞いてください、との説明。なるほど、それで周囲の騒然とした雰囲気の理由が分かった。こういう状態では何を言ってもしかたない。成都空港はさほど広くもないので、本を読んだりして時間をつぶすしかない。
18時過ぎ、インフォメーションに行って、何時になるのか尋ねると

23時過ぎ!

16時20分の便が深夜かよ…以前、深センの空港で同じような経験があったが、その時は近くのホテルに部屋を用意してくれで出発まで過ごした経験があったので、5時間も空港で過ごすのか?部屋や食事はもらえないのか?と交渉。食事は出発予定のゲートに行けば用意されている、というのであっさり懐柔されてしまった。

弁当を食べてひたすらボーッ飛行機が来るのを待つ。そして、深夜にようやく離陸、昆明に着いたのは当然翌日になっていた。ここで、再び、こんな時間に着くことになったのは航空会社のせいなのだから宿を用意できないのか、と空港インフォメーションで交渉。しかし、英語をなんとか理解できる服務員は1人だけ。航空会社に電話をかけてはくれたが、待てと言われて30分、ラチがあかないので、もう自分で金を出すからどこか近くのホテルを紹介してくれ、とインフォメーションの兄ちゃんに相談。こういう自分に金(コミッション)が入る話になると反応は早い。さっさとどこかへ電話して、160元でいいか、と確認。OKすると僕らを外に停まっていたバンに連れて行き、自分も助手席に乗り込み空港から10分ほどのところにある旅館へ。ちょっと寒かったが、つかれたのでシャワーを浴びてすぐ寝る。この旅行、現在までのところ外で観光した時間より空港で過ごした時間のほうが長い…

本日の1曲 Rainbow「Lost In Hollywood」