アルバータの大自然で"自分に戻る"トラベルプラン(その3 コロンビア大氷原ツアー、キャンモア編)

アルバータ州トラベルプランの続きです。5日目はバンフ発のコロンビア大氷原ツアーに参加してみます。氷河はパタゴニアでいくつか見ていますが、その上を歩いたことはあまり経験していなかったので楽しみです。また、2014年にオープンするカナディアン・ロッキーの新名所「グレイシャー・スカイウォーク」も体験しましょう。

Day5
Brewster社のColumbia Icefield and Glacier Adventure1日ツアーに参加することにします。バンフの滞在日数が限られている方には、バンフ発でレイク・ルイーズも含まれた11時間半のロングツアーもありますが、僕はレイク・ルイーズ発、バンフ着の8時間ツアーにします。

ジャスパー国立公園_コロンビア大氷原_グレイシャー・アドベンチャー

ツアーは、まずボウ湖、続いてペイト湖、そしてアイスフィールド・パークウェイ上の最高地点であるボウ・サミットに立ち寄ってからアサバスカ氷河へ向かいます。下の写真はペイト湖ですね。まさにターコイズブルー…神秘的です。

アイスフィールド・パークウェイ02_ペイト湖

アイスフィールド・パークウェイ01_アサバスカ滝

アサバスカ氷河では、アイスエクスプローラーと言われる雪上車に乗って氷河の上をドライブします。このアイスエクスプローラー、地球上でココと南極にしかないそうです。そして、氷河の上をハイキング。

ジャスパー国立公園_コロンビア大氷原_アサバスカ氷河

アサバスカ氷河でのアクティビティを終え、Columbia Icefield Discovery Centreでランチをとった後は、できたてのグレイシャー・スカイウォークに向かいます。

ジャスパー国立公園_グレイシャー・スカイウォーク01

ディスカバリー・トレイルの先端が30mの半円状に張り出した「ディスカバリー・ヴィスタ」になっています。眼下にあるSunwapta Valleyの谷底からの高さは280m。高所恐怖症の僕的には、楽しみと同時に不安も大きいのですが…きっと大丈夫でしょう。

Glacier Skywalk - Discovery Vista

環境保全とバリアフリーをコンセプトに開発された施設なので稼働に必要なエネルギーは太陽熱を利用しています。

グレイシャー・スカイウォークでのアクティビティを終えたらバスでバンフに帰ります。このColumbia Icefield and Glacier Adventure(185カナダドル)、きっと人気のツアーになるでしょう。

Day6
明日はカルガリーから日本へ発たなければならないので、大自然でアクティビティを楽しめるのは今日が最後です。バンフで自転車を借りて20kmほど先のキャンモアに行ってみます。

2011 Transrockies TR7 Stage 6. Transrockies TR4 Stage 3.

キャンモアに着いたら、そのまま自転車でノルディック・センターに向かいます。このセンターは1988年のカルガリーオリンピックのために整備されたところで様々なマウンテンバイクルートが用意されています。リンク先のPDFを見るとその充実ぶりに驚かされます。

カナナスキス、バリア湖01

キャンモア周辺のハイキング、バイクトレイルで散策を楽しんでから、午後は洞窟探検ツアーに参加します。Rat's Nest Cave(ネズミの巣)という洞窟をガイドと一緒に探検するツアーで総時間4時間半、洞窟内に2時間半という本格的な探検です。世界中探してもなかなか見つからない冒険心あふれるツアーではないでしょうか。

medium_10472564625

medium_10472604936
photo credit: cbclove via photopin cc

洞窟ツアーは天候に関係なく楽しめるので、バンフ移動以降、登山できないような天気だったらこちらを先にすればよいでしょう。

キャンモアでもアクティビティを終えたら、バンフまでレガシー・トレイルを通って自転車で帰ります。28kmあるので2時間くらいでしょうか。地図もParks Canadaのウェブサイトでダウンロードできます。

これでカナディアン・ロッキー大自然を巡る旅は終了。明日はカルガリーからエア・カナダで日本へ帰ります。自分でいろいろ調べながらトラベルプランを立てているうちに、いつか行きたいという気持ちがどんどん強くなっていきました。スクランブルできる体力があるうちに(笑)実現させたいです。

もう1つ、カナダ、バンフのハイキング、サイクリング等のアクティビティについてオフィシャルな情報が非常に充実していることに感銘を受けました。観光立国を目指すなら、これくらいの情報提供が必要であることを改めて認識しました。

アルバータの大自然で"自分に戻る"トラベルプラン(その2 ランドル山&レイク・ルイーズ編)

アルバータ州トラベルプランの続きです。3日目は今回の旅で最大のチャレンジであるランドル山へのスクランブルです。「スクランブル」という言葉は、"緊急発進"というイメージしかなかったのですが、登山用語として、「クライミングの技術は不要だが、ハイキングよりは過酷な登山」という意味があるのですね。僕が望むレベルとしてはピッタリです。さっそく行きましょう。

b8c67bd6

Day3
今日は朝、早めに出てランドル山頂をめざします。Town of Banffのページから「A Scrambler’s Guide to Mount Rundle」というオフィシャル登山ガイドリーフレット(PDF)がダウンロードできるので、これを頼りにします。また、日本語ではカナディアンロッキーのハイキング・ガイドという本も出版されていて、英語が苦手だけどカナダでハイキング、スクランブルをしたい方は事前に購入しておくとよいのではないかと思います。行程は往復11km、通常7~8時間かかるようです。ジグザグ道は下の方だけなので、森林限界を超えたあたりからはかなり急な登りが続くのではないかと思われます。途中に小屋はなく、日本の登山道のように標識が頻繁に立っていることは期待できないのでルートを見失うことのないよう慎重に登りたいです。
※このページに載せているランドル山の写真は、現地でハイキングガイドをされているカナダ・キャンモア通信の石塚様より許可をいただき転載させていただきました。ありがとうございます。

2a44c53a

登り口はバンフスプリングスホテルの近くになります。Mt Rundle Trailに入ってしばらくは森林帯を歩きます。行程の半分くらいは森林帯で、森林限界を超え、ガレ場に出たらひたすら尾根を詰めていく感じでしょう。

290327b5

山頂付近は写真のイメージ通り切り立った崖のようなので、高所恐怖症の僕は長居できないと思いますが、カナディアン・ロッキーの大自然を360°のパノラマで満喫したいです。写真のような晴天だといいなぁ…。

c305ba44

4907c055

山頂で景色を楽しんだら、同じルートを下ります。おそらく「この旅もそろそろ後半に入ってしまうんだなぁ」と悲しい気持ちを抱きつつ歩くことになると思います。夏のバンフは陽が長いので下山はあせらず、18時過ぎになっても大丈夫でしょう。時間に余裕があったら、また温泉に入って今日の疲れを癒やしたいです。

Day4
今日はバンフから「カナディアン・ロッキーの宝石」レイク・ルイーズへ足を伸ばしててみます。早朝、湖面を赤く染めたバーミリオン湖で昨日登ったランドル山を眺めてから出発。

medium_3939973414
photo credit: Jim Dollar via photopin cc

バンフからレイク・ルイーズへはBrewster社がバスを出している他、バンフからの日帰りツアーもいろいろあるようです。1時間ほどのドライブでレイク・ルイーズ到着。昨日の筋肉痛も残っていると思うのでここでは湖を馬で散策してみたいです。アグネス湖のティーハウスを目指すルートがポピュラーなようです。

バンフ国立公園_レイク・ルイーズ、プレイン・オブ・シックス・グレーシャー・ティー・ハウス

バンフ国立公園_レイク・ルイーズ_アグネス湖ティー・ハウス

シャトー・レイク・ルイーズでランチをとってからモレーン湖へ移動します。

バンフ国立公園_レイク・ルイーズ04

ここではぜひカヌーを楽しみたいですね。ターコイズブルーの湖のど真ん中に行ってみましょう。

バンフ国立公園_モレーン湖02

今日は湖中心にゆったりと過ごしました。今夜はシャトー・レイク・ルイーズで宿泊します。

明日は、コロンビア大氷原ツアーに行ってみます。Day5~に続く。

アルバータの大自然で"自分に戻る"トラベルプラン(その1 出発~バンフ編)

カナダ・アルバータ州観光公社主催の「あなたが自分に戻る瞬間はどれ?」ブロガーコンテストの題材として『あなたなら、どの体験が「自分に戻る瞬間」と感じますか?』というお題をいただき、僕なりのアルバータ州トラベルプランを考えてみました。バックパッカーしてた頃はトラベルプランが仕事?みたいなものだったので、この作業は非常に楽しいです。僕の場合、これを考えている時から既にに本当の自分に戻っているのかもしれません。

結論から言うと、僕がアルバータへの旅で期待していることは「大自然の中で360°の景色を楽しむ」ことです。公社のトラベルプランナーには雄大な自然の写真がたくさん収められており、それらを見てアドレナリンが湧いてくるのを感じると、僕にとっては、食事や街でのアトラクション、温泉よりも、自然の中に身を置くことが「自分に戻る」瞬間だと確信しました。

アイスフィールド・パークウェイ_R

先日のブロガーミーティングでアルバータ州観光公社の方やネタフルのコグレさんからアルバータ州の魅力についていろいろご紹介いただき、アルバータのどこで何をしたいかの選択肢はすごい数になっていて、本音を言えばまたバックパッカーに戻って3ヵ月くらいかけて歩き回りたいのです。しかし、ここは実際にカナダ往復チケットが当たったと考えて(笑)、現実的な1週間のトラベルプランを考えてみました。

先に述べた、「大自然の中で360°の景色を楽しむ」目的のうち、360°の景色を楽しむためには山のてっぺんに上がらなければなりません。いろいろ調べてみましたが、1週間の旅で大自然と雄大な景色を楽しめる場所としては、やっぱりバンフ国立公園がいちばんよさそうに思えました。その中でも、登り応えがあって景色を楽しめる山としてランドル山(Mt. Rundle 標高2949m)を選んでみました。ちなみに、登山には興味がない方はてっとり早くバンフ・ゴンドラで2285mのサルファー山頂まで上がることができます。

そういうわけで、「ランドル山頂から360°の景色を楽しむ」ことをメインに、アルバータの自然を満喫できるトラベルプランを作っていきます。早速、成田からエア・カナダでカルガリーに飛ぶことにします。

Day1
エア・カナダのカルガリー直行便を使うと成田17時発で、9時間半の飛行。カルガリーには11時半に到着します。空港からダウンタウンまでは車で30分の距離なので、13時頃にはホテルに着けるのではないかと思います。

カルガリー市街_夜景_R

ホテルに荷物を預けて、早速カルガリー観光に出発します。ヘリテージ・パーク歴史村が気になるのですが、かなり広い施設で見て回るのに半日はかかりそうなので今回はスキップして街歩きを楽しむことにします。カルガリータワーに登ってからステファン・アヴェニューを歩いてみます。

カルガリー市街地_R

カルガリー市街地_ステファン・アベニュー_R

グレンボウ博物館も気になります。夜は、アルバータビーフとクラフトビールを楽しむことにしましょう。

食事_アルバータビーフ_ステーキ_シラー・レストラン_ジャスパー_R食事_地ビール_R

Day2
カルガリーの街もいいけど、やっぱり早くカナディアン・ロッキーの大自然を見たいのでバンフへ移動しましょう。今回の旅はレンタカーではなく、バス移動にします。

バンフ国立公園_バンフ街並み01_R

バンフの街でランドル登山についての情報収集を行ってから、ダウンタウンを散策します。そして、午後には、バンフと言えば"温泉"は外せない、ということで、バンフ・アッパー・ホット・スプリングスに行ってみます。ここはサルファー山のすぐそばのようなので、先にゴンドラに乗ってから温泉に行くことにします。コグレさん情報によるとバンフ・ゴンドラの脇にはカナダでいちばん(標高が)高いスターバックスコーヒーがあるそうなので、立ち寄ってコーヒーを楽しみます。ついでにおみやげ用にバンフスタバマグカップも購入。

バンフ国立公園_バンフ・ゴンドラ02_R

サルファー山へはゴンドラを使うと8分で着いてしまいます。山頂の展望台からミネワンカ湖やカスケード山、バンフスプリングスホテル、そしてランドル山などが見渡せます。サンソン・ピークというもう1つの山頂には観測台があり、そこまで遊歩道がついているので行ってみます。ビッグホーンシープに会えるといいな。

バンフ国立公園_フェアモント・バンフ・スプリングス・ホテル_R

野生動物_ビッグホーン・シープ_R

ゴンドラで再びバンフの町へ下ってホット・スプリングスで身体を温めます。日本人的には水着着用が残念…。続いては、その温泉の元祖であるケーブ&ベイスンへ。こちらの温泉は入浴できないようです。ここにしかいないという小さなカタツムリ「バンフ・スプリングス・スネイル」を探してみます。見つかるでしょうか?

バンフ国立公園_バンフ・アッパー・ホット・スプリングス_R

Day3へ続く…