100年日記をつけるのに「10年日記」アプリを使ってみた

コボリジュンコさんの『あなたの夢を叶える「100年日記」 』を読んで、連用日記という概念を初めて知り、過去→現在→未来(夢)をつなぐツールとして日記を改めて使ってみようと考えました。

実は、昨年も年始から数ヶ月日記をつけていたのですが、平日に書いたことがほとんど「業務日誌」のようになっていて、全く見返すことがなく(見返す気にもならず)、"日記をつけるぞ!と決めた義務感"以外に書き続ける意義が見いだせずにやめてしまいました。しかし、100年日記は、ただその日の記録を残すものではなく、未来の"こうありたい"自分に近づくための、そして過去からの成長を把握するためのツールとして、日記に新たな意義を与えてくれました。

3079900234_b4d3e94b8e
photo credit: That's My Story...(Where Were You?) via photopin (license)

続きを読む