iPhoneの容量不足に悩んだらGoogle Play Musicで音楽をクラウドへ

iPhone4SからiPhone5sに替えた際、デバイスの空き領域がかなりあったので64GBから32GBにしたのですが、32GBだと写真が溜まってくるとディスクの容量が不足してくることが多く、ケチらなければよかった…と思うことがよくあります。

いくつかのデバイスで撮影した写真はflickrやGoogle+などのサービスを利用し、クラウドに保管していますが、人に見せたいと思うときに探し出すのに時間がかかるのは嫌なのでiPhoneで撮った写真はアルバムを時系列で整理し、なるべくiPhone上に残しています。

また、現在のところ、写真以上に容量を食っているのが200本以上入っているアプリなのですが、これも大容量の辞書系に代表されるように使用頻度だけで削除してしまうこともできず、大胆な削減に踏み切れないでいます。

となると、削るべきは「音楽」となります。音楽のクラウド保存については、Google Play Musicという最強のフリーストレージがあるので、以前から母艦のハードディスクに入っている1万曲以上を保存しています。

この半年ほど、Google Play MusicをiOS上で再生するアプリとして「Melodies Pro」を使用していたのですが、先日容量不足解消のためiPhone5sをリセットしたところなぜか、Google Play Music上の楽曲をリフレッシュ→再生することができなくなり、melodiesの制作会社にメールを送ったりしたのですが返信はなく、どうしたものかと思案していたところ思いがけずGoogleの純正「Google Play Music」アプリ(もちろん無料です)が2013年11月に公開されているとの情報を発見し、早速インストールしました。

IMG_7865_R

Google Play Musicのサービス自体、日本では提供されていないので、前提としてサービスにログインできる状態になっていなければなりません。そのやり方については、以前の記事をご覧ください。

Screenshot of kimkatsu.com

「その向こうへ行こう」 | Google Musicで音楽を楽しもう

 

削除したいiPhoneに保存していたプレイリストをiTunesから外し、Music Managerを起動させ、そのプレイリストをクラウドにアップロードします。

2014-04-20_22h19_48

また、Google Play Musicアプリも日本のapp storeでは取り扱いがないのでUSのapp storeアカウントも必要ですが、これは簡単です。詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。

Screenshot of www.iphone-mysterious.com

appStoreのusアカウントをクレジット登録なしで取得! | iphoneミステリアス

 
USアカウントでiTunesからapp storeに入り、Google Musicで検索するとすぐGoogle提供の純正Google Play Musicが見つかりますのでインストールします。インストール後は、Japanアカウントに戻しても問題ありません。(ただし、アプリの更新はされません)

早速、iPhone上でGoogle Play Musicアプリを起動します。Googleアカウントでログインし、プレイリストを選択します。ご覧のとおり、日本のApp Storeでは取り扱いがないにもかかわらず、メニューは完璧に日本語対応されています。

IMG_7866_R

毎回ライブラリの読み込みをするのがちょっとイラッときますが、少し待ちましょう。

IMG_7867_R

基本画面はこんな感じです。

IMG_7868_R

左上のリストをタップすると、どこから曲を選択するかのメニューが表示されます。「マイライブラリ」はクラウド上にある全ての曲を対象として、ジャンル、アーティスト、アルバム、曲単位で検索・選択ができます。全曲シャッフル再生をする場合は、「曲」を選ぶと、一番上に「すべてシャッフル」と表示されます。

IMG_7869_R

プレイリストは、名前のとおり、Google Play Music上のプレイリストから曲を選択する場合に使用します。

IMG_7870_R

プレイリストを選択してみました。

IMG_7871_R

右にあるポイントをタップすると以下の操作が選択できます。基本的にWeb上でGoogle Play Musicを操作するのと同じことがアプリ上でも(曲の購入以外は)できるようです。

IMG_7872_R

曲を再生しているときはこんな画面になります。

IMG_7873_R

♪マークをタップすると、続いて再生される順番(キュー)が表示されます。

IMG_7874_R

なお、設定画面からストリーミング品質を選択でき、スピードと音質のどちらを優先するかも決められます。僕が使っている範囲では、「標準」にして、最初の曲が出るまでに延々と待たされたり、再生中に曲が切れるなど、ストリーミングによるストレスを感じることはほとんどありません。ストリーミングがスムーズでない場合は、ダウンロードして再生する方法も選択できますが、そうすると容量不足対策としての意味があまりないですね。

僕の場合、Google Play Musicを使うことで、iPhoneに保存する楽曲の量は1/4くらいまで減らすことができ、空き容量を5GBくらいは持てるようになりました。保存している音楽を削るには最適の方法だと思います。

使って楽しい腕立てアプリ「腕立て達人-カメラで動作検出」

筋トレアプリはiPhoneのセンサーや動画再生の機能を活かして様々な種類のものが開発されています。とくに腹筋アプリ、筋トレセットアプリは多数出ていますが、腕立てアプリは比較的少なかったように思います。

最近、僕が愛用しているのがこの「腕立て達人-カメラで動作検出」です。
ユニークなのがカメラで顔認識をしてその動きでカウントをすること。画面に顎をタッチしたりすることなく、自然な腕立て伏せの動きでカウントしてくれます。※顔認識にはiOS5.0以上が必要
顔認識
もちろん、グラフでログを見ることもできますし、Twitter,Facebook連携で結果をシェアすることもできます。
グラフ
設定では、カウントアップの言語を英語、日本語、中国語から選択可、「腕立てをしましょう」と毎日プッシュで通知する時刻などを決められます。
アプリ自体は(現時点で)無料ですが、目標設定の変更・広告除去をする場合は85円で追加購入となります。
設定画面
使い方を説明するまでもありませんが、アプリを起動させてプラグをスライドさせると顔認識がスタートし、iPhoneを床に置いて顔が写った位置で腕立て伏せをすれば自動的にカウントしてくれます。設定した目標の1セットが終わると「休憩しましょう」とメッセージが入り、スタート画面に戻ります。2セット目以降を行うときは再度プラグをスライドさせると次の数からカウントアップします。
スタート画面
顔認識もユニークですし、なかなか使っていて楽しい筋トレアプリです。

本日の1曲 Make Up「永遠ブルー」

lastpassアプリもサインイン後すぐ落ちる

先日、iOS4.2のリリース後、Skypeアプリがサインイン後すぐ落ちて使えない、という現象と対処方法をポストしたが、lastpassアプリも同じ状況になっていたのでSkypeの対処方法を試してみたらこちらもうまくいったので報告。

詳細はSkypeの項を見てください。マスターパスワードを入力後、カーソルをメールアドレスに移動させてサインインすればOK。


iOS4.2のリリース後、いろんなアプリでログイン後落ちる問題が発生しているようだが、日本語フリック入力が影響しているということらしい。でも、Skypeにしてもlastpassにしてもパスワード入力時は英語キーしか選択できないんだけどな、果たして同じ原因なんだろうか?

本日の1曲 Taylor Swift「The Story Of Us」