2017年国際線航空券を予約する前に

僕は、19歳以来息子が0歳だった年以外は毎年欠かさず海外に行ってます。家族ができるとその負担は独り者の時と比較にならないのですが、やっぱりそこでしか見られないものを見る経験は何事にも代えられないと思っています。
さて、今年は、燃油サーチャージの復活という悩ましい問題があり、例年より早めに予約、発券しなければ余分なコストが発生します。
具体的には、JAL、ANAとも2月以降の発券分には、ヨーロッパ便で片道3,500円のサーチャージがかかるようになります。わが家の場合3人分なので、往復21,000円のコスト増。数年前のサーチャージ額と比べればまだましですが、できれば回避したい金額です。

31714847585_f3939da93b
photo credit: ken1_japan UP3A9935 via photopin (license)
続きを読む