【読書メモ】モレスキン 人生を入れる61の使い方

以前から@mehoriさんのLifehacking.jpで紹介されていたので、MOLESKINEというノートのことは知っていたし、魅力は感じていたのだが、購入したことはなかった。

なぜか、1つはこの数年、手帳は使わずiPhoneでスケジュール管理をしていたから。もう1つ、こちらのほうが大きいのだが、通信簿に図工「2」が続いていた僕は、なんというか、このノートは使う人を選ぶんじゃないか、自分のようなセンスも画才もない人間には使う資格がないんじゃないかという感覚を持っていた。特に、前作モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方を読んで、使ってみたいという思いより、自分にはもったいないシロモノだという思いが強くなっていた。

しかし、先月のイベントで期せずしてポケットサイズのMOLESKINE RULED NOTEBOOKをいただいたので、使い方を考えてみた。そこで、手に取ったのが本書「モレスキン 人生を入れる61の使い方
」というわけだ。

読んでみると、とにかく紹介された方々のモレスキン愛を強烈に感じる。読み進めるうちに「人生」というタイトルが大げさでもなんでもなく思えてきた。この手帳の何がユーザーをこんなに惹きつけるのだろう。今の自分にはよく分からないが、それは使っていくうちに見えてくるのを待とうと思う。

個人的に一番の収穫だったのは、きれいに使わなくてもいいんだ、絵が描けなくても、スタンプ押したり、何でも貼り付けたりという使い方でもいいんだ、ということが分かったこと。@komeccoさんのパンパンに膨らんだモレスキンや@xiangxiangxさんのモレスキン自体をポストカードとして自分宛に送るという発想など、お前の好きなように使えばいいんだ、と背中を押してもらったような気分になった。

61人の使い方を見て、じゃあ自分はどうするかを考えてみたのだが、@ptkuwaeさんを参考に、やっぱりモレスキンデビュー年と重なって生まれてきた長男の成長日記にしようかな。まずは、@mehoriさんを真似て手形/足形をとってみた。


最後に、先月の記事を見つけてご紹介くださったのが本書の著者の1人でいらっしゃる@YOKOnotesさんだったことに読後初めて気づきました。失礼しましたm(_ _)m

本日の1曲 菅野よう子「かぼちゃまつり」from ∀GUNDAM ORIGINAL SOUND TRACK Ⅱ