【読書メモ】スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン(カーマイン・ガロ著 日経BP社)

「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」読了。プレゼンに関する本が続いたが、こちらは技術よりも「情熱」が全面に出ている。自分の仕事の1つとして「プレゼンをしなければならない」というレベルと「世界を変えるためにコレを伝えなければならない」とでは、前提が違うのだ。
じゃ、この本に書いてあることが一般的なプレゼンには応用できないかというとそんなことはない。3点ルール、印象的なスライドの作り方、練習の重要さ、デモやゲストを使ってオーディエンスを惹きつけ続けるなどなど、使えるテクニックはたくさんある。
以下は、自分メモとして。

1.計画はアナログでまとめる 箇条書きはNG パワポを開く前にストーリーを作る ヘッドライン、パッションステートメント、3つのキーメッセージ
2.一番大事な問いに答える 聞き手が理解できる言葉で(聞き手の)メリットを伝える 覚えておいてほしいポイントを明確にする そのポイントを繰り返し取り上げる
3.救世主的な目的意識を持つ 自分が売ろうとしているのは本当のところなんなのだ?を自問する 自分だけのパッションステートメントを作る 情熱のないところに感動は生まれない
4.ツイッターのようなヘッドラインを持つ 「1000曲をポケットに」
5.ロードマップを描く 3点ルール 聞き手が知ってほしいポイントを全てリストアップ→主要メッセージが3つになるまで絞り込む
6.敵役を導入する 聞き手が痛みを感じる部分に問題を提起→なぜこれが必要なのか
7.正義の味方を登場させる 痛みを感じるポイントに対して自分がどのような形でその痛みをやわらげるのかを説明

8.禅の心で伝える シンプルなスライドで話に集中させる 画像や写真の活用
9.数字をドレスアップする 数字にアナロジーの化粧を施し意味を持たせる→聞き手の暮らしの中で意味のある数字に置き換える
10.「びっくりするほどキレがいい」言葉を使う ジャーゴンを省きシンプルに&具体的に&感情的に
11.ステージを共有する メディア・顧客の評価を紹介する 社員やパートナーへの感謝を伝える
12.小道具を上手に使う デモを心の底から楽しむ→全力でなければ伝わらない
13.「うっそー」な瞬間を演出する 感動の瞬間を演出する

14.存在感の出し方を身につける 体の使い方(アイコンタクト、開いた姿勢、手ぶり)+しゃべり方(抑揚、間、スピード) 
15.簡単そうに見せる プレゼンの天才の裏にはひたすら練習 体が覚えるまで繰り返す 自分のプレゼンを録画してみるのが有効
16.目的にあった服装をする 優れたリーダーは他の人より少しだけいい服を着る
17.台本を捨てる 5つのステップ:パワポのノートにしゃべる内容を書く→台本のキーワードをハイライトしてプレゼンの練習→キーワードを残して台本を削除→スライドごとに1つのキーアイデアを頭に叩き込む→メモなし、スライドのみをプロンプターとしてプレゼン全体を練習 
18.楽しむ インフォテイメント 小さなことを気に病まない 失敗してもあやまらない 周りが気づいてなければ触れずに進めればいい

「大志」を持つ人間の情熱は伝染していく、テクニック以前に「熱」を持っているか、そして妥協なく「伝える」ための努力をしているか、がプレゼン成功の鍵といえるだろう。1サラリーマンのプレゼンというよりも、政治家の演説などのほうが応用の余地が多そうだが、読み物としても事例が豊富で面白い。

本日の1曲 Elvis Costello 「Alison」


【読書メモ】心を動かすプレゼンの技術(藤沢晃治 角川書店)

藤沢晃治著「心を動かすプレゼンの技術」を読了。自分自身はあまり説得型プレゼンとは縁がないのだが(笑)、いろいろ説明をしなければならない機会は多く、間違いなく小心者なので読んでみた。自分向け読書メモのつもりなので箇条書きでスイマセン。

まず、「はじめに」で「本来プレゼンを得意とするのは気が小さい人、心配性の人」といううれしい一文が目に入ってくる。その理由は、小心者はどうしても聴講者を気にする→聴講者視点を持っている。コレが重要。
反対にNGのプレゼンは、浮かれたプレゼン、自己陶酔のプレゼン、時間を守らないなど。

聴講者に有意義感(出てよかった、何かを得た)を持たせるためには→お持ち帰りメッセージを与える

プレゼン3つの基本要素
1. 聴講者像
2. 伝達内容
3. 聴講者の獲得知識
を明確にすること、つまり、どんな人に何を伝えて、何を与えるかを念頭に創り上げる。

分かりやすいプレゼンのポイント
1. 概観を先に与える→脳の働きを活用 見出し、キーメッセージ
2. 視覚情報を与える→情報量が多いのは視覚 スライドのデザイン
3. 聴講者に届ける意識を持つ→「脳」に届ける スピード、相手の理解度を測る
4. 適量を守る→聴講者の脳に残る内容 スライドは3分に2枚 1枚に提示する項目は3~5個に絞る
5. まとめを与える→要約でメッセージを明確に

話術…脳に届けるために
アナウンサーではなく芸人の話し方→急発進と急停止を使う
ワンフレーズで明確に話す。
エピソードを活用する。
聴講者の満足度を考える。

この本でいちばん共感した点が 
0.4の差: 研修のほうが講演より必ず0.4ポイント評価が高い→主役を聴講者にする
クイズ、問いかけ、質疑応答、異論反論を求める、などのテクニック

スライド
ナビ、タイムキーパーとしての活用
作り方: まずはデッサン、近視眼になりがちなパワポは後で
スライドは、読むのではなく見るモノ 読ませるものは別の配布資料で

説得する
論理力 主張と根拠を強い糸で結ぶ 強い糸→正しい根拠・証拠
構成力 聴講者の欲しがるものを与える ロジックツリーの活用→主張を支える根拠を分岐していく
比喩力 分かりやすいたとえ話の活用 アナロジー 説明対象の特徴と聴講者の詳しい分野をたとえに使う 
事例力 強い根拠は事実 弱い根拠は意見→最後は事実を示す

といったところ。小心者でプレゼンに自信がない、という方はこの本を参考にしっかり準備して本番に臨むとよいのではないでしょうか。
キーワードだけ列記したので、興味を持たれた方は購入してじっくり読んでください。

本日の1曲 STYX「Mr.Roboto」