【読書メモ】どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (小宮一慶著 ディスカバー携書)

今年から著者の小宮先生のセミナーに何度か出席し、色々刺激を受けています。お話を聞いていていつも驚かされるのが、その多忙ぶりと記憶力なので、小宮先生の数多い著書の中から「時間力」を選び、読んでみました。

いい意味で期待を裏切られたのが、本書の肝になるコンセプトが「効率よく時間を使う技術」ではなく、「成果を上げられる時間を確保する」という点でした。多くの「時間術」の本で語られるのは、スキマ時間の活用といった話になりますが、成果を求められる仕事を生業にしている小宮先生のようなコンサルトや先生が普段お付き合いしている経営者にとっては、数%の効率化に大した意味はなく、限られた時間の中でアウトプットを最大限に上げることが求められるのでしょう。その本質的な解決策として、やる気のある時間を確保する=時間をコントロールするという方法が挙げられています。

精神的な自由度を高めた状態に訪れる最大限のアウトプットができる時間を「スターの時間」と紹介されていますが、チクセントミハイの言う「Flow」状態と同じゾーンなのかと思います。本書が出版されたのが2009年で、Flowは2008年のようなので、出版当時はまだFlowという言葉が一般的ではなかったのでしょう。

「時間力」というタイトルですが、時間だけではなく、講演や執筆といったアウトプットの効率を上げるためのテクニックにも触れられています。個人的には、講演のポイントはこれからの自分に役立つ部分で、とても勉強になりました。ちなみに小宮先生は『「面白いお話をありがとうございました」は(お笑いをしているんじゃないんあだから)失礼でしょう、「役に立ちました」と言ってくださいよ』と講演の際に笑いを取りながらおっしゃっていました。

小手先の時間捻出ではなく、自分の時間をコントロールして生産性を飛躍的に高めたい方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。

以下、覚えておきたいポイントの抜き書きです。

  •  やる気の出る時間をどれだけ確保するか
  •  自分の時間を把握し、やることを把握して時間をコントロールできる
  •  もっともパフォーマンスのよい時間帯を把握し、それを最大限に活用できるようセッティングする(邪魔されない工夫、すぐに取りかかれる段取り)
  •  気持ちはプラスとマイナスしかない=ネガティブな感情とポジティブな感情は併存しない→切替が大事
  • 「志は気の師」目的を持つことでエネルギーが出る。ブレイクダウンではなく、目標のステップアップから目的を見出す方法もある
  •  読書の目的の1つは論理的思考力を高めること、それは論理的思考力の高い人が書いた難解な本を読み解くことで得られる
  •  段取りとは、この後起こることを予見すること
  •  アウトプットのポイントはバリューとインパクト
  •  講演のポイント 1.最初にいかに観客の関心を惹き、聞く姿勢にさせるか(IMPACT) 2.話の内容に価値を感じてもらうか(VALUE) 3.話を聞いて感動し、また聞いてもらえると思うか
  • 自分の得意なこと以外は伝えない
  •  意味ではなく意識が伝わる話をすると、繰り返し聞きに来てくれる
  •  講演の際は最初の2分間だけ練習する
  •  迷う時間をなくす

【読書メモ】小宮式知的アウトプット術(小宮一慶著 すばる舎刊)

以前から愛読している小宮一慶さんが「書く」ことにフォーカスして書いた1冊。もっとも、中盤は以前どこかで読んだなぁという部分も多い…
「小宮式」というほどのオリジナルメソッドが紹介されているわけではなく、ビジネスマンとしては極めて当たり前のことが書かれているのだが、これだけの仕事量をこなしている人が語ると説得力がある。著者が「はじめに」で書いているとおり、書くことに時間がかかっていてはこれだけの仕事量をこなすことはできない、というのが事実なのだろう。スピードと質を両立させることが、ビジネスマン、特にアウトプットが求められる人には非常に重要になっている。

以下、記憶しておきたいポイントの抜き書き。

相手を意識した文章を書く 「バリュー」と「インパクト
・読んでもらう対象は誰か
・彼らは何を求めているのか

「仮説」と「関心」を持つトレーニング
まず、自分の仕事に関心を持って自分なりの仮説を立てる。そのためには良書を読んで本質を知ることが必要。
常にアウトプットを意識して観察する…アンテナを張って物事を見てこそ材料が入るようになる。
「感度」を上げるために…「なぜ?」をいつも考えることで一歩奥に踏み込める。

論理的思考力を鍛える→論理的思考力の高い良書を読む。web上の情報を調べ直しもせず自分の知識として蓄積していくことは危険

設定された期日に間に合わせるのが大前提→綿密なスケジューリング
自分が思うベストのものを出す→「これくらいでいいだろう」というレベルの仕事では評価されないのは当たり前→批判されずに繰り返して自分は仕事ができると思い込んでいる人は不幸
100%以上の仕事をするクセをつけるためには、初めは時間を気にしないことも大切
GoodはGreatの敵 「一人前」と「一流」は大違い
「いい加減なものなら出さないほうがいい」→自分は仕事ができませんと公言している

紹介されているテクニック
・文を短く…1つの文が3行を超えないように。
・変換ミスリストを作る…これを書いていても「仮説」「仮設」のミスがあった。さっそく1つ。
・声に出して読み返す…息苦しかったら文章の区切りが悪く、センテンスが長すぎる。

来年は、アウトプットをさらに意識して、質とスピードを上げるよう訓練しよう。

本日の1曲 Anggun「Snow on the sahara」