【読書メモ】「自分の言葉で人を動かす」(木暮太一著 文響社)

僕自身、普段、仕事で文章を作る機会は多いほうだと思いますが、定型的なビジネス文書に関しては過去のストックがたくさんあるので、たいていのものはテンプレートを加工するような感じで済ませているのが現状です。
そうして安易に文章を作成していたので、本来考えるべき「文章を書く目的」が頭から抜け落ちていました。

言葉を通じて人を動かす

本書を読んで、改めて何のために文章を書いているのかを考えるよいきっかけとなりました。そして、今までの自分の文章の傾向として、全体的なあらすじ説明のボリュームが多く、どこが刺さったのか、なぜ心に響いたのかを読み手に伝えていなかったことを再認識しました。
これからは、ただの説明、紹介に終わらない文章を書く、もちろん話すときも相手を動かすという視点を意識していくようにします。

 

続きを読む