iPhoneの通話にG-Callを再開

昨年、docomoから格安プランのahamoが登場したので、1年間使ってみましたが、妻はワイモバイルを使っていたので、家族割を適用させるために僕もワイモバイルにMNPしました。

ahamoとワイモバイルのシンプルMプランを比べると、以下のような違いがあります。その分、ワイモは家族割の適用で月額料金が約1,000円安いですが…

  1. データ量が少ない(ahamoは20GB、ワイモは15GB ※初年度は20GB)
  2. 国内通話5分無料がない
  3. 料金表示が税込(ahamo)と税抜(ワイモ)

特に2の通話料は予想以上の欠点で、ワイモを使っていて、毎回通話料金がかかるのはバカにならないなと思うようになりました。僕が電話をかけるのは週に2~3回くらいだと思いますが、それでも毎月数百円かかっているので、また来年はahamoに戻そうかなと考え始めています。

それまでの期間、通話料を節約する手段はないかと探してみたところ、以前利用していたG-Callというサービスがまだ継続されていたことに気がつき、早速、利用を再開してみました。

3年くらい使っていなかったと思うのですが、アカウントは生きていて、さらにラッキーなことにポイントまで残っていました。電話をかける際に番号の前に「0063」をつけるか、G-Callアプリを経由してかけるだけで通話料金が半額以下の8円/30秒で済みます。


通常は、G-Call番号表示なし発信で良いと思います。

2014年に書いたG-Callの紹介記事はコチラ

iOSでデフォルトの通話アプリを変更できるようにしてくれればもっと簡単なのですが、Webサイト記載の電話番号や着信履歴から電話をかける場合は、番号をコピペしなければなりません。これが一手間余分にかかって面倒ですが、番号をタップしてかける場合は、G-Call一択でしょう!

G-Callのおまけ

G-Callには紹介制度があり、コレを利用すると紹介者・被紹介者ともに250円分の通話に相当するポイントがもらえます。よろしければ、以下のお申込みフォームに必要事項を入力し、「紹介者制度」項目の「G-Call顧客番号」に僕の顧客番号「1199199」を入れて登録してください。あなたと私に250ポイント(約15分の通話可能)が付与されます。↓のバナーをクリックしてください。