17年ぶりのG N’R

ひと月ほど前、GUNS N’ ROSES 17年ぶりのニューアルバム「Chinese Democracy」が発売された。この風変りなアルバムタイトルがアクセルが作っている新譜だという記事を読んでからすでに10年以上経っていて、伝説のまま終わるのかと思っていたところ、ひょっこり発売された[:たらーっ:]
信者とまではいわないが、大学生協のCDコーナーで「USE YOUR ILLUSION I&II」を予約して買っていたガンズ世代の僕にはちょっと複雑。(ほぼ)アクセルしかいないGN’R名義のアルバムがすっかりハードロックを聴くこともなくなった今頃発売になるとは…

多くの人が賛否両論の感想を述べているが、僕は

聴けてよかった

と思う。
アクセル・ローズという稀代のヴォーカリスト(もちろんソングライターでもあるが、このアルバムではヴォーカルのインパクトが強い)の歌う曲が1曲でも多く聴けるのはやっぱりうれしいことだ。当然、20年前の音とは違うし、Sweet Child O’ MineやParadise Cityみたいな一度聴いたら忘れないような強烈なリフもないので、個々の曲のインパクトには欠けるが、少なくともがっかりするような曲はない、いいアルバムだと思う。
彼だけが持つあの「声」の魅力が生かされていて、ヴォーカリストとしてのアクセルを再発見できた。また、ハードロックの枠にとらわれない曲も今の自分には受け入れられやすいのかもしれない。

ぜひ、かつてガンズに惚れたことのある方は一度聴いてみてほしいなぁ。好き嫌いの判断はそれからでしょ。

↓オススメの1曲
Guns N’ Roses「Catcher In The Rye」

チャイニーズ・デモクラシー(初回限定)(SHM-CD)
チャイニーズ・デモクラシー(初回限定)(SHM-CD)
ガンズ・アンド・ローゼズ

Comments