2010タイ北部の旅 Day1

今年の連休は値段的に手頃なタイに行ってみることにした。バンコクにはストップオーバーなどで7~8回行っているが、北へはアユタヤまでしか行ったことがなかったので、今回はチェンマイ、それからメーホンソンまで足を伸ばしてみたい。
当初、バンコクから夜行バスでチェンマイへいくつもりだったが、バンコクの赤シャツ隊(UDD)騒動が少々気になったのでスワンナプーム空港深夜着のメリットを利用して空港で寝て朝イチの便でチェンマイまで飛んでしまうことにした。

さて、往路は成田に行くのが面倒なので羽田発関空経由便にした(JAL利用なのだ…その理由はコチラ)。さすがに大型連休初日だけあって羽田発の便はどこも満席。関空行の便では以前仕事で会ったことのあるCAさんが乗務されていたが、小ぎれいでない私服姿を見られたくなかったので気づかないフリをしてやり過ごした。

関空は羽田と比べものにならないくらい人が少ない。これが連休初日?と目を疑う。なんとイミグレに並んでいる人がゼロ、ゲートへ向かうウィングシャトルを待つ人もいなかった。どこかの時点でパラレルワールドにでも足を踏み入れてしまったかと変な不安に襲われるが、さすがに出発便ゲートにはそれなりに人がいてホッとする。

本日の1曲 川井憲次 「Puppetmaster」 from 攻殻機動隊 2.0 ORIGINAL SOUNDTRACK
バンコクを含む大手旅行会社のツアーは中止になったと聞いたがそれでも8~9割の搭乗率。JALWAYSのオペレーションなので、CAさんの半分以上はタイ人(またはその他東南アジア系)。日本人好みのかわいい娘が多い。元JALの方に聞いた後日談だが、当初タイ人CAの採用は一流大学を出た人を対象としていたが、タイで一流大学を出た人はそれなりの(上流の)育ちをしているため、人のサービスをするという経験も感覚もなくうまくいかず、学歴重視を改めいわゆる日本人好みの「器量よし」を採用することにしたのだそうだ。そりゃそうだろうな。おかげで?タイ人クルーの接客は全く問題なし。最後尾の席が一列空いていたのでそこに移ってゆっくり空の旅を楽しむ。空港で眠れるようにやや多めに酒を飲んでおく。

現地時間22時頃到着。イミグレで、ウシュアイアの土産物屋に置いてあったペンギン印の「地の果てウシュアイア」スタンプを見とがめられ、「これはどこの国だ?」と質問され、一瞬ひやっとしたが、素知らぬ顔で「アルゼンティーナ」と答え事なきをえる。
荷物をピックアップして出発ロビーに移動、ハミガキを済ませてから空いている長イスを見つけ睡眠。

Comments